Skip to main content

移行の準備

重要

バージョン2022.3へのアップグレードパスは、バージョン2021.2以降よりサポートされています。2021.2、2021.3、2021.4または2022.1にアップグレードしてから、バージョン2022.3以降にアップグレードすることをお勧めします。

アップグレードする前に、 アップグレード前チェック を実行し、 Mongoデータベース RuntimeSettings.xmlのバックアップコピー を作成することを強くお勧めします。

メンテナンス時に実行される暗号化は元に戻せません。そのため、バックアップを作成しておくと、アップグレード時に問題が発生した場合に、ダウンタイムの延長やデータ損失からインストールを保護することができます。

アップグレード前チェックを実行する

スキーマ移行プロセス時にエラーが発生するリスクを最小限に抑えるため、アップグレード前チェックを実行します。健全性チェックワークフローの入手方法の詳細については、『 Alteryx Server: Pre-Upgrade Checks 』(Alteryx Server: アップグレード前のチェック) を参照してください。

MongoDB のバックアップ

また、何らかの理由で以前のバージョンの Server に戻す必要がある場合に備えて、Mongo データベースのフルバックアップを作成することを強くお勧めします。バックアップの作成方法については、『 MongoDB Backups 』(MongoDB のバックアップ) を参照してください。MongoDBのバックアップ

RuntimeSettings.xml のバックアップ

RuntimeSettings.xml のバックアップを作成します。