分析アプリ

Version:
2019.3
Last modified: June 02, 2020

分析アプリを使用すると、ワークフローを作成することなく、独自のデータとパラメーターのワークフローを実行できます。アプリを .yxwz ファイルとして保存して Designer で実行するかアップロードし、パブリック Alteryx 分析ギャラリーまたはプライベート ギャラリーで実行します。

アプリを構築する

アプリは、インターフェースツールを使用して作成されたユーザーインターフェースを備えたワークフローで構成されています。ワークフローを構築し、インターフェイス ツールを追加し、インターフェイス デザイナーでインターフェイスをデザインします。アプリを作成すると、アプリユーザーが使用するワークフローとインターフェースが作成されます。「インターフェイス ツール」および「インターフェイス デザイナ ウィンドウ」を参照してください。

新規または既存のワークフローからアプリを作成できます。新規または既存のワークフローを開いた場合は、キャンバスを選択して[ワークフロー設定]ウィンドウを表示します。[ワークフロー] を選択し、[分析アプリ] を選択します。

ワークフローがアプリまたはマクロとして保存されると、ワークフロー内のツールのアンカーが稲妻アイコンに変わります。インターフェースツールのみが、これらのアンカーに接続することができます。このアンカーは、ワークフローツールを更新するインターフェース要素とアクションがあることを示します。

アプリの実行

アプリを実行するには、Designer で開くか、デスクトップのアプリアイコンを選択します。各アプリには、一連の質問がタブ中に広がっています。アプリを実行するには、アプリユーザーが質問を完了し、指示に従う必要があります。

これらのナビゲーション ツールは、アプリのユーザーが使用できます。

  • クリアアイコンをクリックすると、ユーザーが入力したすべての値がクリアされ、既定のデザイン設定に戻ります。
  • アイコンは、保存されたアプリの値を .yxwv 拡張子でインポートします。
  • 保存アイコンは、アプリユーザーの選択内容をアプリ値 .yxwv ファイルとして保存し、同じアプリの今後の実行に使用します。
  • [ワークフローの実行]アイコンをクリックすると、アプリが実行されます。

または、コマンドラインでワークフローを実行します。「-ERR:REF-NOT-FOUND-コマンドラインでワークフローを実行する」を参照してください。

サンプル アプリ

Alteryx Designerには、アプリの使用方法や作成方法を学習するためのアプリが含まれています。

  • コンピュータ上のプログラムファイルを介してアプリにアクセスします: \プログラムファイル\アルテリクス\ビン\ランタイムデータ\Analytic_Apps
  • デザイナーを介してアプリにアクセス:

    • オプション>分析アプリの実行
      • Alteryx ジオコーディング: 米国の住所をクリーンアップし、可能な限り最適な物理的な場所に割り当てます。このアプリでは、ジオコーダー、CASS、ZIP + 4 コーダーをインストールする必要があります。 
      • カルガリー: 2つのテーブル間のリンクを作成: カルガリーデータベースをリンクして、顧客データを静的なマスターデータベースに簡単に追加し、どちらのデータベースからもすばやくクエリ実行できます。 
      • データ統計: データベースに関する統計レポートを作成します。 
    • ヘルプ>チュートリアル> アプリケーションとヘルプの概要>一度に 1 つのツールを学習する > インターフェイス
  • Alteryx アナリティクス ギャラリーに公開されているアプリにアクセスする:パブリック ギャラリーにアクセスします。
Was This Helpful?

Running into problems or issues with your Alteryx product? Visit the Alteryx Community or contact support.