AlteryxService MongoDBスキーマ

バージョン:
2020.2
Last modified: September 01, 2020

   

     

  

   

  

 

 

新しいフィールド

  •   

 

  •  
AS_App_Chunks

AS_App_Chunksコレクションには、ワークフローパッケージチャンクが含まれています。対応するAS_App_Chunks.Files コレクションは、ドキュメントが MongoDB の最大ドキュメント サイズを超えた場合に使用されます。 

  •  _id: (オブジェクト ID) ドキュメントの主キー。
  • チェックサム: (文字列) チェックサム ID.
  • __ServiceData: (バイナリ) Base64 でエンコードされたバイナリ データ。
  • __Version: (Int32) バージョン番号。
AS_ApplicationVersions

AS_ApplicationVersionsコレクションには、ワークフローのバージョン履歴が含まれています。対応するAS_ApplicationVersions.Files コレクションは、ドキュメントが MongoDB の最大ドキュメント サイズを超えた場合に使用されます。 

  •  _id: (オブジェクト ID) ドキュメントの主キー。
  • アプリケーション ID: (文字列) ワークフロー ID。
  • __ServiceData: (バイナリ) Base64 でエンコードされたバイナリ データ。
  • __Version: (Int32) バージョン番号。
  • __UpdateCheck: (配列) 内部ロックと更新の検証の GUID が含まれています。
AS_Applications

AS_Applicationsコレクションには、サービス データベースに格納されているワークフローのデータが含まれています。 対応するAS_Applications.Files コレクションは、ドキュメントが MongoDB の最大ドキュメント サイズを超えた場合に使用されます。 

  •  _id: (オブジェクト ID) ドキュメントの主キー。
  • ユーザー名: (文字列) ユーザー名または MongoDB ユーザー ID (AlteryxGallery.users コレクションに含まれる) ワークフローに関連付けられているユーザーの ID。
  • CPUName: (文字列) レコードを作成したワークステーションまたはギャラリーノードのホスト名または IP アドレス。
  • 作成日時: (文字列) レコードが作成された日時 (ローカル サーバー時刻)。
  • モジュール名: (文字列) ワークフロー ファイル名。
  • __ServiceData: (バイナリ) Base64 でエンコードされたバイナリ データ。
  • __Version: (Int32) バージョン番号。
AS_Insights

AS_Insightsコレクションには、サービス データベースに格納されているワークフローのデータが含まれています。 対応するAS_Insights.Files コレクションは、ドキュメントが MongoDB の最大ドキュメント サイズを超えた場合に使用されます。 

  •  _id: (オブジェクト ID) ドキュメントの主キー。
  • ユーザー名: (文字列) ユーザー名または MongoDB ユーザー ID (AlteryxGallery.users コレクションに含まれる) のユーザー ID (InsightyxGallery.users コレクションに含まれる)
  • 作成日時: (文字列) レコードが作成された日時 (ローカル サーバー時刻)。
  • インサイト Id: (文字列) インサイト ID。
  • __ServiceData: (バイナリ) Base64 でエンコードされたバイナリ データ。
  • __Version: (Int32) バージョン番号。
AS_PackageDefinitions

AS_PackageDefinitionsコレクションには、パッケージ定義データが含まれています。 対応するAS_PackageDefinitions.Files コレクションは、ドキュメントが MongoDB の最大ドキュメント サイズを超えた場合に使用されます。 

  •  _id: (オブジェクト ID) ドキュメントの主キー。
  • __ServiceData: (バイナリ) Base 64 エンコードされたバイナリ データ。e2 フラグは、パッケージが AMP (e2) エンジンを使用しているかどうかを示します。
  • __Version: (Int32) バージョン番号。
AS_Queue

AS_Queueコレクションには、キューに入っているジョブが含まれています。現在待機中のジョブと完了したジョブの両方がキューに存在します。対応するAS_Queue.Files コレクションは、ドキュメントが MongoDB の最大ドキュメント サイズを超えた場合に使用されます。 

  •  _id: (オブジェクト ID) ドキュメントの主キー。
  • AS_Application_ID: (文字列) ワークフロー ID をAS_Applicationsから取得します。
  • [新規] AS_ScheduleID: (文字列) キュー レコードに関連付けられたスケジュールの ID。
  • タイプ: (文字列) ジョブの種類。
  • ユーザー名: (文字列) ユーザー名または MongoDB ユーザー ID (AlteryxGallery.users コレクションに含まれる) ジョブに関連付けられているユーザーの ID。
  • サブスクリプション ID: (文字列): サブスクリプション ID。
  • 作成日時: (文字列) 日付時刻 (ローカル サーバー時刻) ジョブが作成されました。
  • ステータス: (文字列) ジョブの状態。
  • 所有者: (文字列) キューからジョブを取得したワーカーのホスト名とワーカー ID。
  • 完了日時: (文字列) 日時 (ローカル サーバー時刻) ジョブが完了しました。
  • QOS_Priority: (文字列) ジョブの優先順位。
  • IsAnonymous: (文字列) 匿名ユーザーによってキューに入れられたジョブのフラグ。
  • イズヒドゥン: (文字列) 
  • 出力を制限する : (文字列)
  • アプリケーション名: (文字列) ワークフロー名。
  • クライアントの種類: (文字列) ジョブを作成したクライアントの種類。
  • __ServiceData: (バイナリ) Base64 でエンコードされたバイナリ データ。e2 フラグは、AMP (e2) エンジンを使用しているパッケージを識別します。
  • __Version: (Int32) バージョン番号。
  • __Priority: (Int64) キューの並べ替えに使用される長整数。
  • __UpdateCheck: (配列) 内部ロックと更新の検証の GUID が含まれています。
AS_QueueInputs

The AS_QueueInputs contains temporary input files to be used when running apps. For example, the inputs selected in the File Browse tool.

  •  _id: (ObjectId) Document primary key.
  • UserName: (String) Username or database ID of the user associated to the job.
  • CreationDateTime: (String) Date-time the user uploaded the file.
  • __ServiceData: (Binary) Base64-encoded binary data.
  • __Version: (Int32) Version number.

 

AS_ResourcePermissions

AS_ResourcePermissionsコレクションには、データ接続のアクセス許可コンテキストに関するデータが含まれています。 対応するAS_ResourcePermissions.Files コレクションは、ドキュメントが MongoDB の最大ドキュメント サイズを超えた場合に使用されます。 

  •  _id: (オブジェクト ID) ドキュメントの主キー。
  • リソース ID: (文字列) リソース ID。
  • コンテキスト ID: (文字列) アクセス許可コンテキスト ID。
  • __ServiceData: (バイナリ) Base64 でエンコードされたバイナリ データ。
  • __Version: (Int32) バージョン番号。
AS_Resources

AS_Resourcesコレクションには、データ接続に関する情報が含まれています。 対応するAS_Resources.Files コレクションは、ドキュメントが MongoDB の最大ドキュメント サイズを超えた場合に使用されます。 

  •  _id: (オブジェクト ID) ドキュメントの主キー。
  • リソース ID: (文字列) リソース ID。
  • __ServiceData: (バイナリ) Base64 でエンコードされたバイナリ データ。
  • __Version: (Int32) バージョン番号。
  • __UpdateCheck: (配列) 内部ロックと更新の検証の GUID が含まれています。
AS_Results

AS_Resultsコレクションには、ワークフロー結果データが含まれています。 対応するAS_Results.Files コレクションは、ドキュメントが MongoDB の最大ドキュメント サイズを超えた場合に使用されます。 

  •  _id: (オブジェクト ID) ドキュメントの主キー。
  • AS_Queue_ID: (文字列) サービス キュー ID。
  • ユーザー名: (文字列) ユーザー名または MongoDB ユーザー ID (AlteryxGallery.users コレクションに含まれる) ジョブに関連付けられているユーザーの ID。
  • __ServiceData: (バイナリ) Base64 でエンコードされたバイナリ データ。
  • __Version: (Int32) バージョン番号。
AS_ResultsFiles

AS_ResultsFilesコレクションには、ワークフロー結果データが含まれています。 対応するAS_ResultsFiles.Files コレクションは、ドキュメントが MongoDB の最大ドキュメント サイズを超えた場合に使用されます。 

  •  _id: (オブジェクト ID) ドキュメントの主キー。
  • AS_Queue_ID: (文字列) サービス キュー ID。
  • ユーザー名: (文字列) ユーザー名または MongoDB ユーザー ID (AlteryxGallery.users コレクションに含まれる) ジョブに関連付けられているユーザーの ID。
  • ファイル名: (文字列) ファイル名。
  • __ServiceData: (バイナリ) Base64 でエンコードされたバイナリ データ。
  • __Version: (Int32) バージョン番号。
AS_RunAsCredentials

AS_RunAsCredentialsには、実行資格情報が含まれています。対応するAS_RunAsCredentials.Files コレクションは、ドキュメントが MongoDB の最大ドキュメント サイズを超えた場合に使用されます。 

  •  _id: (オブジェクト ID) ドキュメントの主キー。
  • __ServiceData: (バイナリ) Base64 でエンコードされたバイナリ データ。
  • __Version: (Int32) バージョン番号。
AS_Schedules

AS_Schedulesには、実行資格情報が含まれています。対応するAS_Schedules.Files コレクションは、ドキュメントが MongoDB の最大ドキュメント サイズを超えた場合に使用されます。 

  •  _id: (オブジェクト ID) ドキュメントの主キー。
  • AS_Application__ID: ワークフロー データを含むデータベース レコードの ID (文字列) です。
  • ユーザー名: (文字列) ユーザー名または MongoDB ユーザー ID (AlteryxGallery.users コレクションに含まれる) スケジュールに関連付けられているユーザーの ID。
  • CPUName: (文字列) スケジュールを作成したワークステーションまたはギャラリーノードのホスト名または IP アドレス。
  • 作成日時: (文字列) 日付時刻 (ローカル サーバー時刻) スケジュールが作成されました。
  • 次の実行日付時刻: (文字列) 日付時刻 (ローカル サーバー時刻) スケジュールが次に実行される予定です。
  • UntilDateTime: (文字列) 終了日時 (ローカル サーバー時刻) をスケジュールします。
  • LastRunDateTime: (文字列) 日時 (ローカル サーバー時刻) スケジュールが最後に実行されました。
  • ステータス: (文字列) スケジュールの状態。
  • LC_ScheduleName: (文字列) ワークフロー名。
  • LC_Owner: (文字列) スケジュールの所有者。
  • クライアントタイプ: (文字列) 作成されたスケジュールの種類。
  • AS_PackageDefinition__ID: (文字列) パッケージ定義 ID。
  • __ServiceData: (バイナリ) Base64 でエンコードされたバイナリ データ。
  • __Version: (Int32) バージョン番号。
  • __UpdateCheck: (配列) 内部ロックと更新の検証の GUID が含まれています。
AS_TileSetAccessTimes

AS_TileSetAccessTimes コレクションは使用されなくなります。

AS_TileSets

AS_TileSetsコレクションには、サービス データベースに格納されているワークフローのデータが含まれています。 対応するAS_TileSets.Files コレクションは、ドキュメントが MongoDB の最大ドキュメント サイズを超えた場合に使用されます。 

  •  _id: (オブジェクト ID) ドキュメントの主キー。
  • チェックサム: (文字列) チェックサム ID.
  • __ServiceData: (バイナリ) Base64 でエンコードされたバイナリ データ。
  • __Version: (Int32) バージョン番号。
このページは役に立ちましたか?

Alteryx 製品のご利用中に何か問題がございましたら、Alteryx コミュニティにアクセスするか、サポートにお問い合わせください。このフォームを送信できない場合E メールでお送りください。