コントローラ

バージョン:
2020.2
Last modified: November 18, 2020

コントローラコンポーネントをコントローラスクリーンシステム設定 。 ローカルマシンをコントローラーとして機能するように構成した場合、コントローラーは構成に使用できます。

Alteryxサービスコントローラーはサービス設定を管理し、作業をAlteryxサービスワーカーに委任します。デプロイメントでは、1つのマシンのみをコントローラーとして有効にすることができます。

一般的な構成

一般的な構成画面には、一時ファイルとログファイルを保存する場所、ログに記録する情報などの構成オプションが含まれています。

Thumbnail

コントローラトークン

コントローラートークンコントローラーがデザイナーを使用してワーカーやマシンと通信するために使用する自動生成の秘密鍵です。

Designerを使用するマシンがコントローラーマシンではなく、将来の日付のワークフローをスケジュールする場合、ワークフローのスケジュール画面でコントローラートークンを追加して、ワークフローをスケジュールする必要があります。 

1つのマシンをコントローラーとして機能させ、別のマシンをワーカーとして機能させる場合も、コントローラートークンが必要です。コントローラーマシンをセットアップして、コントローラートークンを取得します。次に、コントローラトークンを追加しますシステム設定 > コントローラ > リモートワーカーマシンをセットアップするとき。

トークンが侵害された場合など、必要に応じてトークンを再生成できます。トークンを再生成するには、展開内のギャラリーノードまたはワーカーノードを更新する必要があります。トークンを変更する場合は、再生する 。 

ワークスペース

コントローラーワークスペースコントローラーが一時ファイルまたはキャッシュファイルを保存する場所です。デフォルトでは、フォルダーはシステム設定の環境画面で定義されているグローバルワークスペースフォルダー内にあります。大量のファイルを安全に保管できる場所を使用してください。

ロギング

コントローラーは、開始およびシャットダウンされたサービス、実行要求などのイベントのログを生成します。これらのログはトラブルシューティングに役立ちます。最初のフィールドは、これらのログファイルの保存場所です。デフォルトでは、場所は C:\ ProgramData \ Alteryx \ Service 。 見るログファイル詳細については。

  • レベル :ログに記録するメッセージを選択します。 
    • なし :ロギングなし。
    • :緊急、アラート、クリティカル、およびエラーのメッセージのみを記録します。
    • 正常 :低、警告、および通知メッセージをログに記録します。
    • 高い :すべてのメッセージタイプをログに記録します。
  • ファイルサイズ :ログファイルの最大サイズを指定します。
  • ログファイルのローテーションを有効にする :ログファイルは非常に大きくなる可能性があります。ログファイルのローテーションを有効にすると、最大サイズのログファイルがアーカイブファイルに配置され、新しいファイルにログが書き込まれます。これにより、標準のログリーダーで使用するのが難しい大きなログファイルを防ぐことができます。

スケジューラ

選択するスケジューラの自動接続を有効にするマシンのユーザーがスケジューラに自動接続できるようにします。スケジューラへの接続に問題がある場合は、これを有効にしてください。

インサイト

選択するインサイトを有効にするギャラリーでインサイトをレンダリングするリクエストをマシンが処理できるようにします。インサイトは、Designerで作成されたインタラクティブなダッシュボードです。

エンジン

小切手 e2エンジンを有効にするこの環境でAlteryxマルチスレッド処理(AMP)エンジン(サーバーではe2エンジンとも呼ばれます)を使用するワークフローの実行を有効にします。サーバーでのAMP / e2のプレビューリリースでは、AMPエンジンをデスクトップオートメーションおよび非実稼働テスト環境でのみ有効にすることをお勧めします。AMPエンジンは、規模に応じてパフォーマンスと安定性の問題を引き起こす可能性があるため、本番サーバー環境ではまだ推奨されていません。 

AMP / E2プレビューリリースのベストプラクティス

  • AMP / e2ワークフローを制限して、デスクトップオートメーションなどの非運用環境で実行します。
  • 命名規則を使用して、AMP / e2ワークフローとスケジュールを、「AMP四半期結果ワークフロー」や「AMPスケジュールされた週次ETL」などの元のエンジンワークフローと区別します。
  • 単一のワーカーノードを作成してAMP / e2ワークフローを実行し、AMP / e2固有のタグをワーカーにタグ付けします。その特別なワーカーノード内でリソースを割り当てるためのベストプラクティスを使用します。
  • AMP / e2で実行するワークフローに同じAMP / e2固有のタグを付けます。

持続性

ワークフロー実行およびその他のさまざまな操作のオーケストレーターとして、コントローラーには、使用可能なワークフロー、実行要求のキュー、およびその他の情報を維持できる場所が必要です。サービスの機能にとって重要な情報が保存される場所を定義します持続性画面。

次の設定を含むController Persistence画面のスクリーンショット:データベースタイプ、データフォルダー、高度なデータベース接続、データベース、および永続性オプション

データベースの種類

コントローラは、SQLiteまたはMongoDBデータベースのいずれかにデータを保持します。サーバーは組み込みを提供します SQLite または MongoDB オプションだけでなく、ユーザー管理のMongoDB オプション。ギャラリー用にマシンを構成する場合は、以下を使用する必要があります MongoDB またはユーザー管理のMongo DB

  • SQLite :SQLiteデータベースのインスタンスを作成します。スケジューラを使用する軽量のローカル展開に推奨されます。
  • MongoDB :MongoDBデータベースのインスタンスを作成します。より重い使用に推奨されます。 
  • ユーザー管理のMongo DB :MongoDBの独自の実装に接続できます。

SQLiteとMongoDBのデータベースタイプを切り替えると、スケジュールされたジョブは移行されません。これらのジョブは手動で再スケジュールする必要があります。

永続データベースの自動バックアップシステムを提供することを強くお勧めします。MongoDBのバックアップについては、以下を参照してください。 MongoDBバックアップ 。SQLiteをバックアップするには、次の場所にある永続化フォルダーを圧縮またはコピーします \ ProgramData \ Alteryx \ Service \

データフォルダ

データフォルダ SQLiteまたはembedded-MongoDBデータベースファイルの格納場所です。選択した場合ユーザー管理のMongoDB データフォルダ MongoDBインスタンスで構成されているため、無効になっています。

高度なデータベース接続

選択する高度なユーザー管理Mongo DB サポートが必要な場合...

  • TLS / SSL
  • レプリカセット
  • シャーディング
  • MongoDBアトラス

接続文字列オプションが利用可能になる前(2019.4リリース以前)にレプリカセットを使用していた場合は、接続文字列に変更する必要があります。

このオプションを選択すると、データベースセクションが表示されます MongoDB接続 MongoDB接続文字列を指定するためのフィールド。

選択したAdvanced User-Managed MongoDBのスクリーンショットと、データベースセクションに表示される対応するMongoDB接続フィールド

接続文字列のヒントと例

  • サポートされる接続文字列パラメーターはドライバーに依存します。接続文字列で使用するパラメーターは、以下にリストされているすべてのサポートされているドライバーでサポートされている必要があります。サポートされているドライバーのバージョンは次のとおりです...
    • c 1.15(mongoc)
    • c ++ 3.4.1(mongocss)
    • c#2.7.2(mongoc#)
  • ユーザー名、パスワード、またはパラメーター値の特殊文字は、URLエンコードする必要があります。

  • SSL / TLSを使用したオンプレミスの単一ノードの例:

    mongodb://ユーザー名:P %40 ssw0rd @hostname .domain.tld:27017 / AlteryxService?authSource = databasename&ssl = true

  • SSL / TLSを使用したオンプレミスのレプリカセットの例:

    mongodb://ユーザー名:P %40 ssw0rd @host 01.domain.tld:27017、host02.domain.tld:27017、host03.domain.tld:27017 / AlteryxService?authSource = databasename&replicaSet = rs0&ssl = true

  • アトラスの例:

    mongodb + srv:// username:P %40 ssw0rd @host- 0-1mngx.mongodb.net/AlteryxService?retryWrites=true&w=majority

を参照してください MongoDB接続文字列のドキュメント接続文字列のフォーマットについてのヘルプ。

データベース

選択した場合ユーザー管理のMongoDB そしてあなたはないを使用して高度なデータベース接続 、指定しますホスト MongoDBインスタンスの場所と、データベース名の中にデータベースセクション。 MongoDBインスタンスで認証が必要な場合は、これらをユーザー名そして管理者のパスワード田畑。 

ユーザー管理のMongoDBオプションが選択されている場合のデータベース設定のスクリーンショット

埋め込み用 MongoDB ホストユーザー名管理者のパスワード 、およびパスワードフィールドは自動的に入力されます。 の管理者のパスワード MongoDB管理者がバックアップとレプリカセットを設定するためのものです。のパスワード MongoDBと通信するためにすべてのコンポーネントで使用されます。あなたも使うことができますパスワードデータベースに接続する使用状況レポートを作成するため。

MongoDBオプションを選択した場合のデータベース設定のスクリーンショット

永続化オプション

コントローラーはAlteryxジョブのキューを維持し、それらのジョブの実行に使用するためにアップロードされたファイルをキャッシュします。ワークフローのキューと結果は、無人のままにしておくとすぐにスペースを占有する可能性があります。指定した日数が経過すると、さまざまなアイテムやファイルに削除フラグを設定できます。これらの設定は、使用されるドライブ容量を減らすのに役立ちます。

マッピング構成

マッピング画面で、マップコントローラーとして機能するようにマシンを構成し、タイルとレイヤーのキャッシュのしきい値を定義します。レンダリングに必要なマップタイルと参照マップをキャッシュすると、パフォーマンスが向上します。キャッシュサイズを大きくし、存続時間を長くすると、以前に要求されたタイルの応答が速くなりますが、より多くのメモリとディスク領域を消費します。キャッシュを小さくすると、逆の効果があります。

  • マップタイルコントローラーを有効にする :[マップタイルコントローラーを有効にする]を選択して、ワーカーがレンダリングしたマップタイルをマシンが提供できるようにします。Map QuestionツールとMap Inputツールは、これらのタイルを使用してマップをレンダリングします。
    • メモリキャッシュ :これは、メモリに保存されるマップタイルの最大数です。1,000タイルには約450 MBのメモリが必要です。より高いメモリキャッシュは、パフォーマンスを向上させるために格納されるタイルを増やしますが、より多くのシステムリソースを必要とします。
    • ディスクキャッシュ :これは、ハードドライブ上のマップタイルイメージをキャッシュするために割り当てられる最大容量です。ディスクキャッシュを増やすと、ドライブ領域の消費量が増えますが、マップタイルリクエストのパフォーマンスが向上する可能性があります。
    • 参照レイヤーの存続時間 :Map QuestionsおよびMap Inputツールは参照レイヤーを作成し、.yxdbファイルによって駆動されます。コントローラは、この.yxdbファイルへの参照を維持して、レンダリングの高速化に役立てることができます。この設定は、参照層情報を保持する時間を定義します。この数を増やすと、頻繁に要求されるレイヤーのパフォーマンスが最適化される可能性があります。期限切れの参照レイヤーは、次にリクエストされたときに再生成されます。

リモート

マシンをワーカーとして機能するように設定している場合、リモート画面は、コントローラ 。ここで、マシンをコントローラーマシンに接続します。ホストの場所とコントローラートークンを入力して、コントローラーマシンに接続します。

  • ホスト :コントローラマシンのホストの場所を入力します。
  • トークン :コントローラマシントークンを入力します。あなたは見つけることができますコントローラートークンのコントローラマシンのシステム設定でコントローラ > 一般的な画面。 を参照してください一般的な構成この記事のセクション。

選択する見るまたは隠すコントローラトークンの文字を表示または非表示にします。
HostおよびTokenフィールドを示すController Remote画面のスクリーンショット

次は何ですか?

構成、設定ワーカー

このページは役に立ちましたか?

Alteryx 製品のご利用中に何か問題がございましたら、Alteryx コミュニティにアクセスするか、サポートにお問い合わせください。このフォームを送信できない場合E メールでお送りください。