スケジュール:ユーザーインターフェイス

バージョン:
2020.2
Last modified: September 01, 2020

スケジュールを使用すると、ユーザーは指定した日時または定期的にワークフローを実行するようにスケジュールできます。 この記事では、ギャラリー ユーザー インターフェイスの [スケジュール] ページでユーザーが使用できるオプションについて説明します。ギャラリー管理インターフェイス内のキュレーター (ギャラリー管理者) のスケジュール オプションの詳細については、「ジョブ(スケジュール): 管理インターフェイス」を参照してください。   

キュレーター (ギャラリー管理者) は、ワークフローの実行スケジュールを開始する前に、ジョブをスケジュールするためのユーザー権限を有効にする必要があります。キュレーターは、「ジョブ (スケジュール): 管理インターフェイス」の記事で、ユーザーに対してスケジュールされたワークフローを有効にする方法を学習できます。ユーザーに対して [ジョブのスケジュール] ユーザー権限を有効にすると、[スケジュール] ページへのリンクが [ギャラリー] ツールバーに表示されます。

[ジョブのスケジュール] ユーザー権限を有効にすると、ツール バーにスケジュールが表示されます。

[スケジュール] ページで、スケジュールされたワークフローの詳細を表示できます。[スケジュール] ページでスケジュールを編集または削除することもできます。管理者が共有スケジュールを有効にしている場合は、他のユーザーが作成したスケジュールと共有ジョブのワークフロー結果を確認できます。

ワークフローのスケジュール設定

  1. ギャラリーで、スケジュールするワークフローを見つけて選択し、詳細を表示します。
  2. [スケジュール] を選択します。
  3. (省略可能) このオプションを選択します。[スケジュール名] に、スケジュールの名前を入力します。
  4. スケジュールオカレンスの選択: 1 回、繰り返し、またはカスタム。 発生を選択した後に表示されるスケジューリングの詳細を完了します。
    • 1 回: ワークフローを実行する特定の日時を選択します。
      選択した日時にワークフローを 1 回実行します。
    • 繰り返し: 1 時間、毎日、毎週、または毎月の頻度を選択します。
       毎日、毎週、毎月、または四半期の再発生を選択します。
    • カスタム: ワークフローの実行をスケジュールする月と月を選択し、開始日と終了日を指定します。 
      ワークフローの実行をスケジュールする月の日と月を選択し、開始日と終了日を指定します。 
  5. [優先度]で、[低]、[中]、[高]、または [重大] を選択して、ワークフロー ジョブに優先順位を付けます。キューに複数のジョブがある場合は、優先順位が最も高いジョブが最初に実行されます。このオプションが表示されない場合は、実行に優先順位を付けるアクセス許可がありません。
  6. [割り当てられた作業者] で、ワークフローを実行する特定の作業者を割り当てるオプションを選択します。 このオプションが表示されない場合は、ジョブを割り当てる権限がありません。
  7. (省略可能) このオプションを選択します。[コメント] フィールドにスケジュール コメントに関するメモを入力します。
  8. (省略可能) このオプションを選択します。データにアクセスするためにワークフローを特定のユーザーとして実行する必要がある場合は、[資格情報の編集 ]を選択します。
    1. [スケジュール] で、ドロップダウンから [ワークフローの資格情報] を入力または選択します。
    2. 必要に応じて、ボックスにパスワードを入力します。
  9. [完了] を選択します。

スケジュールの編集

  1. [スケジュール] を選択します。
  2. 編集するスケジュールを見つけます。
  3. 鉛筆アイコンを選択します。
  4. [スケジュールの編集]ウィンドウで、スケジュールの詳細を編集します。すべてのスケジュールの詳細は編集可能です。
  5. ワークフローで資格情報が必要な場合は、資格情報が存在することを確認します。
  6. [完了] を選択します。
    [スケジュールの編集]ウィンドウで、スケジュールの詳細を編集します。すべてのスケジュールの詳細は編集可能です。

スケジュールを無効または再度有効にする

スケジュールを無効にするには、次の手順に従います。

  1. [スケジュール] を選択します。
  2. 編集するスケジュールを見つけます。
  3. 鉛筆アイコンを選択します。
  4. [スケジュールの編集] ウィンドウで、[このスケジュールを有効にする] の選択を解除します。
  5. [完了] を選択します。

[スケジュールの編集] ウィンドウで、[このスケジュールを有効にする] の選択を解除します。

無効なスケジュールは[スケジュール]リストに残ります。

無効なスケジュールは[スケジュール]リストに残ります。

スケジュールは、キュレーター (ギャラリー管理者) が無効にすることも、スケジュールされたワークフローまたは資格情報の要件が変更されたためにシステム自体によって無効にすることもできます。これらのシナリオでは、スケジュールが無効になった理由を説明するメモも追加されます。スケジュールが無効になっている理由については、[スケジュール] ページでスケジュールを編集します。

無効なスケジュールを再度有効にするには、スケジュールを編集し、[このスケジュールを有効にする] を選択します。

スケジュールを削除する

スケジュールを削除するには:

  1. [スケジュール] ページで、削除するスケジュールを見つけます。
  2. ゴミ箱アイコンを選択します。

スケジュールの共有

ユーザーがスケジュールを共有するには、次のものが必要です。

  1. ユーザーは同じサブスクリプションに含む必要があります。
  2. キュレーター (ギャラリー管理者) は、サブスクリプションのスケジュールを共有するオプションを有効にする必要があります。

キュレーターは、「ジョブ (スケジュール):管理インターフェイス」の記事で、サブスクリプションで共有スケジュールを有効にする方法を学習できます。

共有スケジュールを設定すると、すべてのユーザーのスケジュールが [スケジュール] ページに表示されます。[所有者]列には、スケジュールを作成したユーザーが表示されます。共有スケジュールは、独自のスケジュールと同様に編集、無効化、および削除できます。 

共有スケジュールを設定すると、[スケジュール] ページにすべてのユーザーのスケジュールを表示できます。[所有者]列には、スケジュールを作成したユーザーが表示されます。

タイムゾーンのサポート

すべてのスケジュール頻度には、実行するタイム ゾーンを選択するオプションがあります。 夏時間に従うタイム ゾーンにスケジュールが設定されている場合は、それに応じてスケジュールが調整されます。

すべてのスケジュール頻度には、実行するタイム ゾーンを選択するオプションがあります。 

スケジュールは、スケジュールされたタイム ゾーンに関係なく、ユーザーが優先するタイム ゾーンの [スケジュール] ページに表示されます。

[ユーザー設定] > [プロファイル] > [自分について]で希望するタイム ゾーンを設定します。

優先タイム ゾーンを変更した後に [スケジュール] ページに戻ると、スケジュールが新しいタイム ゾーンに表示されます。タイム ゾーンを変更しても、タイム ゾーンの実行時には影響しません。

タイム ゾーンが関連付けられていないジョブの横にアラートが表示されます。これらのスケジュールは、バージョン 2019.3 より前に作成されたか、デスクトップ オートメーションから移行されました。[更新]を選択して現在のタイム ゾーンに更新するか、[却下]を選択して元のスケジュールどおりに退出します。 

このページは役に立ちましたか?

Alteryx 製品のご利用中に何か問題がございましたら、Alteryx コミュニティにアクセスするか、サポートにお問い合わせください。このフォームを送信できない場合E メールでお送りください。