ワークフロー:管理インターフェース

バージョン:
2020.2
Last modified: September 03, 2020

ワークフロー作成者は、Designer ワークフローをギャラリーに公開して、他のユーザーと共有できます。この記事では、ギャラリー管理インターフェイスの[ワークフロー ] ページで、キュレーター (ギャラリー管理者) が利用できるオプションについて説明します。ギャラリー内のユーザーのワークフローの詳細については、「ワークフロー: ユーザー インターフェイス」を参照してください。

[ワークフロー ] ページで、ギャラリーにワークフローを追加し、その設定を管理します。[ワークフロー ] ページからギャラリーにアプリやマクロを追加することもできます。ただし、ワークフローとアプリはギャラリーでのみ実行できます。また、キュレーターは、検索結果を改善し、同様のワークフローを地区にグループ化するために、ワークフローにタグを作成して適用することもできます。「地区」を参照してください。

[ワークフロー] ページで、ワークフローをギャラリーに追加し、その設定を管理します。

アクセス ギャラリー管理インターフェイス

次の URL を使用してギャラリー管理インターフェイスに直接アクセスします: [BaseAddress]/ギャラリー/管理者

ギャラリーからギャラリー管理インターフェイスにアクセスすることもできます。これを行うには、右上隅にあるユーザー名を選択し、[管理]を選択します。
右上隅でユーザー名を選択し、[管理] を選択してギャラリー管理インターフェイスにアクセスします。

ワークフローを管理するには、[管理] ツールバーの [ワークフロー ] を選択します。

ワークフローを管理するには、[管理] ツールバーの [ワークフロー ] を選択します。

ワークフローの追加

  1. まず、ギャラリーにアップロードする Alteryx ワークフロー パッケージ (.yxzp) ファイルとしてワークフローを保存します。
  2. [ワークフロー ] ページで、[新しいワークフローの追加] を選択します。
  3. コンピューターまたは共有の場所でワークフローを選択します。

ワークフローが[ワークフロー ]ページのリストに表示されます。 アプリやマクロは、これらの手順でアップロードすることもできます。

タグを追加する

ワークフローの編成を支援するタグをワークフローに割り当てます。ワークフローに管理者専用のフラグが設定されたタグを割り当てることができるのは、学芸員 (ギャラリー管理者)だけです

  1. [ワークフロー ] ページで、[タグ] セクションまでスクロールします。
  2. [タグ] フィールドにタグを入力し、[新規追加] をクリックします。
  3. [管理者のみ] を選択すると、ワークフローに割り当てるキュレーター (ギャラリー管理者) だけがタグを使用できるようになります。

タグをキュレーター (ギャラリー管理者) がワークフローに割り当てるののみを使用できるようにする場合は、[管理者のみ] を選択します。

ワークフロー オプションの編集

[ワークフロー ] ページで、ワークフローを選択します。次のワークフロー設定を変更します。変更が完了したら、[保存] を選択します。 

  • タグ: 新しいタグを追加するには、[タグの追加] を選択し、適用するタグを選択します。アイコンを削除するには、削除するタグのXアイコンを選択します。 
  • アイコン: ワークフロー アイコンを変更するには、[アイコンの変更] を選択し、新しいアイコンを参照します。
  • 説明: [説明] フィールドにワークフローの説明を入力します。 
  • 実行モード: 実行モードを変更するには、ドロップダウンから設定を選択します。実行モードは、ギャラリーで実行を許可されている W=ワークフローを決定します。特定のツールまたはアクセスを含むワークフローがブロックされる場合があります。既定の実行モードは、サーバーの構成時に選択されます。 「作業者」を参照してください。
    • 無制限: 任意のワークフローを実行できます。
    • 半安全: ディレクトリ内またはワークフロー ステージング ディレクトリ (ワークスペース) のサブディレクトリ内にないデータの読み取りまたは書き込みを行うワークフローの実行をブロックします。 セミセーフは、[ワーカー] > [実行] 画面の [システム設定] で [実行] 設定が有効になっている場合、または実行ユーザーが指定されている場合にのみ使用できます。詳細については、「ワーカーと資格情報」を参照してください。
    • セーフ: ワークフロー ステージング ディレクター (ワークスペース) のディレクトリまたはサブディレクトリ内にないデータの読み取りまたは書き込みを行うワークフローの実行をブロックします。特定のツールやイベントを使用するワークフローも、実行をブロックされます。ツールとイベントには、コマンドの実行ツール、ダウンロード ツール、電子メール ツール、R ツール、Python ツール、コマンドの実行イベント、および電子メールの送信イベントが含まれます。 [作業者] > [実行] 画面の [システム設定] で [実行者] 設定が有効になっている場合、または実行ユーザーが指定されている場合のみ、[安全] を使用できます。詳細については、「ワーカー資格情報」を参照してください。
  • 作業者の割り当て: ワークフローを実行する作業者を変更するには、ドロップダウン から作業者を選択します。作業者が割り当てられていない場合、スタジオに割り当てられた作業者はワークフローを実行します。 
  • プライベート データの設定が必要: ワークフローを実行するには、ライセンスされたデータが必要であることを示します。ワークフローでライセンスデータが必要な場合は[はい]を選択し、ワークフローにライセンスデータが必要ない場合は[いいえ]を選択します。
  • プライベート データの除外設定: プライベート データを含むワークフローを実行できるように除外を指定します。[はい] を選択して適用除外を許可するか、[いいえ] を選択して適用除外を拒否します。
  • [会社のギャラリーに配置する] : [はい] を選択して、会社のギャラリーでワークフローを共有するか、[いいえ]を選択して会社のギャラリーからワークフローを削除します。会社のギャラリーからワークフローを削除しても、ユーザーのスタジオからワークフローは削除されません。
  • 移行準備完了 :このオプションは、[ギャラリー管理] > [ワークフロー] で [別の環境への移行の準備完了としてワークフローを有効にする] オプションが有効になっている場合にのみ使用できます。[はい] を選択して、ワークフローとアプリを移行対象としてマークします。その後、API エンドポイントを使用して、ある環境から別の環境の適切なサブスクリプション (studio) にワークフローを移動できます。「 ワークフローの移行」を参照してください。 

[ワークフロー ] ページで、ワークフローを選択します。次のワークフロー設定を変更します。変更が完了したら、必ず [保存] をクリックしてください。 

ユーザーがワークフローを実行できるようにする

既定では、ギャラリーにサインインしたユーザーのみがワークフローを実行できます。 この設定を変更するには、[未登録のユーザーがパブリック ギャラリー ワークフローを実行できるようにする]を有効にするには、[はい]を選択します。

統合 Windows 認証を使用するギャラリーの場合、未登録ユーザーがパブリック ギャラリー ワークフローを実行できるようにする[いいえ]に設定されており、匿名アクセスは Windows 認証システムのオプションではないため、変更できません。

ワークフローの移行

一連のエンドポイントを使用して、ある Alteryx Server 環境から別の環境にワークフローを移行することにより、開発フェーズとテストフェーズでワークフローの展開を管理できます。

ワークフローを移行対象としてマークすると、一連の API エンドポイントを使用して、ソース環境からターゲット環境の適切なサブスクリプション (studio) にそれらのエンドポイントを公開できます。

移行のワークフローを有効にする

2 か所で移行するワークフローをマークします。

  1. すべてのワークフローの移行を有効にする: 
    • ギャラリー管理インターフェイスの[ワークフロー ] ページで、[ワークフローを有効にする] を [別の環境に移行する準備完了としてマークする] に [はい]を選択します。
      Thumbnail
  2. 特定のワークフローを移行対象としてマークする:
    • ギャラリー管理インターフェイスの[ワークフロー ] ページで、ワークフローを選択し、[このワークフローを移行する準備ができている] に対して [はい]を選択します。
      Thumbnail

ワークフローの移行

ステップ 1. 移行の準備ができているワークフローの一覧を取得する

次に、次のエンドポイントを使用して、移行する準備ができているワークフローのリストを取得します。

  • 環境:ソース
  • 方法:取得
  • エンドポイント:api/admin/v1/ワークフロー/移行可能/?サブスクリプション ID={サブスクリプション ID} / 

クエリ パラメーターとしてsubscriptionIdsのコンマ区切りのリストを含めます。サブスクリプション ID は、特定のスタジオを識別します。

戻り値は、指定されたサブスクリプション (studio) で移行の準備が完了済みとしてマークされたワークフローの配列です。サブスクリプションId が指定されていない場合は、移行の準備ができているとマークされたすべてのワークフローが返されます。戻り値には、appId、現在発行されているリビジョン ID、およびワークフローが属するサブスクリプション IDの 3 つのプロパティが含まれます。

ステップ 2. ソース環境からのワークフロー/sのダウンロード

次のエンドポイントは、ワークフローを .yxzp ファイルとしてダウンロードします。

  • 環境:ソース
  • 方法:取得
  • エンドポイント: api/admin/v1/{appID}/package/

パス パラメーターとしてappIDを含めます。返されるのは、パッケージとしてのワークフロー全体のダウンロードです。

ステップ 3。ターゲット環境でのワークフローの発行

次のエンドポイントは、ダウンロードしたワークフローをターゲット環境に公開します。

  • 環境:ターゲット
  • 方法:投稿
  • エンドポイント: api/admin/v1/ワークフロー/
引数
引数 説明 データ型 必須
ファイル 新しいワークフローのファイル名。 文字列 True
名前 新しいワークフロー名。 文字列 True
所有者 新しく移行されたワークフローの所有者。電子メール アドレスは、ターゲット環境に存在する必要があります。 文字列 True
検証 ターゲット環境に移行する際にワークフローを検証するフラグ。 ブール True
Ispublic ターゲット環境の「My Company のギャラリー」に表示するワークフローをパブリックに設定するフラグ。 ブール True
ソース ID

これは移行するワークフローのソース環境 appId です。同じ sourceId を持つワークフローが既に存在する場合、ターゲット環境のそのワークフローは置き換えられます。それ以外の場合は、新しいワークフローが生成されます。

(appID を指定しない場合は空の文字列 "" を送信)

文字列 True
作業者タグ

ワークフローを実行する特定のワーカーを持つワーカー タグをワークフローに追加します。 

(ワーカーを指定しない場合は、空の文字列 "" を送信します)。

文字列

True

 

ダウンロード可能 ターゲット環境の他のユーザーがワークフローをダウンロード可能にするフラグを設定します。 ブール True

(省略可能) このオプションを選択します。ステップ 4. 移行元環境での移行設定ワークフローのリセット

必要に応じて、次のエンドポイントで[ターゲット環境でのワークフロー移行後に、特定のワークフローの移行準備ができました]設定をソース環境で[いいえ]に切り替えます。

  • 環境:ソース
  • 方法:置く
  • エンドポイント: api/admin/v1/ワークフロー/移行可能/{appID}/
このページは役に立ちましたか?

Alteryx 製品のご利用中に何か問題がございましたら、Alteryx コミュニティにアクセスするか、サポートにお問い合わせください。このフォームを送信できない場合E メールでお送りください。