AMP メモリ使用

バージョン:
2021.2
Last modified: September 04, 2020

Alteryx Engine と AMP および 2 つの主な違い について詳しく説明したので、メモリの使用量と設定について見てみましょう。

要件

AMP 既定のメモリ使用量は、使用可能なマシンメモリの 25% です。最小メモリ要件には、次のものがあります。

  • AMP Engine は、ワークフローを実行するためにスレッドあたり少なくとも 400 MB が必要です。399 MB ではエラーが発生します。
  • ワークフローを実行するには、従来の Engine に 64 MB 以上が必要です。63 MB ではエラーが発生します。

AMP はデータをより効率的に運ぶので、データストリームは従来の Engine よりも小さいことに注意してください。

メモリの上限

Designer のメモリの上限設定では、エンジンがワークフローの実行に使用できる最大メモリ量を定義します。1 つのワークフローを実行する場合は既定設定を使用し、複数のワークフローを一度に実行する必要がある場合は、設定を減らします。

既定のメモリの上限値を編集するには、キャンバスの空白部分を選択し、設定 ウィンドウに移動して、ランタイム タブを選択します。

メモリの上限値を増やすと、多くのデータが一時ファイルに移動されずにメモリ内に保持されるため、エンジンのパフォーマンスが向上します。メモリの上限を高めても、エンジンを上回るプロセスのパフォーマンスは低下する場合があります。

マシンの設定

マシンの設定方法に応じて情報を入力または変更するには、オプション に移動し、詳細オプション を選択して 、システム設定 を選択し、Engine Configuration を選択します。

詳細については、メモリ使用 を参照してください。

役に立ちましたか?

Running into problems or issues with your Alteryx product? Visit the Alteryx Community or contact support. Can't submit this form? Email us.