Heat Plot Tool Icon

ヒートプロットツール

バージョン:
2021.2
Last modified: September 25, 2020

ヒートプロットツールを使用して、連続数値変数または順序付きカテゴリ(所得グループや教育達成レベルなど、自然な順序を持つカテゴリ変数)の2つの変数の共同分布を(ヒートプロットカラーマップ経由で)表示します。 例えば、このツールは、顧客満足度と顧客が会社に勤めている期間の長さの同時分布を示し、顧客保有に関する潜在的な問題と成功のホットスポットを強調します。

このツールはRツールを使用します。 [オプション] > [予測ツールのダウンロード] に移動し、Alteryx のダウンロードとライセンスのポータルにサインインして、R とR ツールで使用されるパッケージをインストールします。 参照: 予測ツールのダウンロードとご利用

入力を接続する

2つの連続した数値フィールドを含むAlteryxデータストリーム。 順序付きカテゴリは、連続する整数値のセットとしてコード化する必要があり、カテゴリの最小値は1から始まります。

ツール設定

[ヒート プロット] ツールには、[ フィールド選択]、[ 密度推定]、[ ヒート プロット オプション]、[グラフィックス オプション] の 4 つのタブがあります。

[フィールド選択] タブ

  • グラフの水平 (x) 変数を選択します: グラフの横軸として機能する数値フィールドを選択します。
  • グラフの垂直 (y) 変数を選択します: グラフの垂直軸として機能する数値フィールドを選択します。

密度推定タブ

  • スムーズな帯域幅: フィールド間のジョイント密度を評価するウィンドウ サイズ。 "自動"(デフォルトおよび優先オプション)は、2つのフィールドの範囲に基づいて帯域幅を計算します。 それ以外の場合は、プロットに含まれる2つの変数の範囲のうち、小さい方の値を超えない数とする必要があります(すなわち、1つのフィールドの値が1~20で、2つ目のフィールドの値が1~10の場合、帯域幅は10より小さく、おそらくはるかに小さくする必要があります)。 値が小さすぎると観測値が非常に高いエリア(基本的な関係が不明瞭な領域)のみが抽出され、値が大きすぎると "過剰なスムージング" が生じ、プロットの一部のエリアで誤った密度のレベルが発生します。
  • 各方向のグリッドポイント数: 平滑化は、各方向のポイントのグリッド上で行われます。 グリッドのサイズが小さいとプロットはかなりブロックされますが、値が大きいほどスムージングのレベルが高くなります。 このパラメータのデフォルト値は 25ですが、一般的に使用されるグリッド値は 25 ポイント、50 ポイント、75 ポイント、100 ポイントです。

[ヒート プロット オプション]タブ

  • メイン プロット タイトル: プロットのメイン タイトル。
  • 新しい水平フィールド名 (オプション): このオプションを使用すると、プロットの横軸上のフィールドに対して、よりわかりやすい名前を付けることができます。
  • 新しい垂直フィールド名 (オプション): このオプションを使用すると、プロットの垂直軸上のフィールドに対して、よりわかりやすい名前を付けることができます。
  • プロットのカラーパレット: プロットのカラーテーマを制御します。 5つの異なる選択肢が提供され、適切な選択は好みの問題です。
  • 色レベルの数: このオプションは、選択したカラーパレットのカラーレベルのグラデーションを制御します。 デフォルトは 100ですが、100、125、150、175、および 200 の値が選択されることがよくあります。 数値が大きいほど、プロットが滑らかに表示されます。
  • 変数は実際にカテゴリを並べ替えますか? 多くの場合、基礎となる数値 (通常は整数) は、真の数値とは対照的に順序付けられたカテゴリを表します (たとえば、小学校、高校、大学、学士号、大学院の学位などの教育達成のカテゴリ)。 これらのフィールドは連続した整数としてコード化することができ、プロットでは整数をカテゴリラベルに置き換えることができます。 これを行うには、このボックスをオンにし、変数の一方または両方について、カンマ区切りの文字列(最も低いものから順に)として入力します。 ラベルの数は、各変数のユニークな値の数に対応する必要があり、そうでない場合は、エラーが発行されます。
  • プロットキーを含める?プロットの右側に印刷されるキーを生成し、プロットの色が観測された密度レベルにどのように変換するかを示すキーを生成するには、このチェック ボックスをオンにします。 このチェック ボックスをオンにすると、キーの短い説明のタイトル (既定値は Density)を指定でき、数値を使用する既定値ではなく、テキストの説明を使用してキーの低点と高点を表示するオプションがあります。

[グラフィックス オプション] タブ

  • プロットサイズ: インチまたはセンチメートルを使用して、結果のプロットの幅と高さの寸法を選択します。
  • グラフ解像度 : 1x (96 dpi) 、2x (192 dpi)、または3x (288 dpi) の点/インチでグラフの解像度を選択します。 2x (192 dpi)
    • 解像度を低くするとファイルサイズが小さくなり、モニタでの表示に最適です。
    • 解像度を高くするとファイルサイズが大きくなり、印刷品質は向上します。

出力の表示

レポーティングに使用するヒートプロットのグラフが出力されます。

役に立ちましたか?

Running into problems or issues with your Alteryx product? Visit the Alteryx Community or contact support. Can't submit this form? Email us.