Detour Tool Icon

分岐ツール

バージョン:
2021.3
Last modified: September 25, 2020

[迂回]を使用して、ワークフロー内のプロセスをバイパスするようにユーザにプロンプトを表示します。迂回ツールは、 分析アプリマクロを構築する際に便利です。ユーザー入力に基づいてワークフローのセクション全体をオンまたはオフにするのは、分析アプリまたはマクロで一般的です。 回り道を使用すると、単一の分析アプリやマクロ アクションで任意の数のツールを簡単に削除できます。

迂回ツールの両方の出力は 、迂回終了ツール(2 つのデータストリームを 1 に戻す)または 出力データ ツール(各データ ストリームを出力する) のいずれかで終了する必要があります。

ツール設定

  1. 迂回ツールをワークフローに追加する場合は、まずバイパスするプロセスを決定し、左右に構成するかどうかを決定し、適切にチェックボックスをオンにします。 分析アプリまたはマクロがどちらの方向にも方向を設定し、ワークフローの状態に依存しないようにします。 [ 右へ迂回]を選択して、バイパスが迂回ツールの右側を通っていることを確認します。 既定では、バイパスはツールの左側から発生します。
  2. 迂回ツールの入力接続にバイパスするプロセスにつながるツールを接続します。
  3. 出力を続行プロセスとバイパスプロセスの両方に接続します。 選択されていない側は評価されず、実行されません。 つまり、GUI では、メタインフォ (フィールドなど) がダウンストリーム ツール用に更新されません。無効な側を構成するのは非常に困難です。
  4. 迂回が再ルーティングされたら、 迂回終了ツール に接続してデータプロセスを単一のストリームに統合し、さらに解析したり、出力ツールに接続します。
役に立ちましたか?

Running into problems or issues with your Alteryx product? Visit the Alteryx Community or contact support. Can't submit this form? Email us.