Green icon with a shape outlined in another shape that is the same general shape as the first.

一般化ツール

バージョン:
2021.3
Last modified: September 25, 2020

[一般化] ツールを使用すると、ポリゴンまたはポリラインを構成するノードの数を減らして、元の空間オブジェクトをより簡単に表示できます。 ポリゴンは、ラマー・ダグラス・プッカー・アルゴリズムを使用して一般化されます。

汎化ツールのしくみを示すイメージ。

ツール設定

  1. 一般化する空間オブジェクトを含む空間 フィールドを指定します。
  2. 出力に含める: 元の空間オブジェクトを出力ストリームに含めるかどうかを選択します。 デフォルトがチェックされていないため、オブジェクトが含まれません。
  3. しきい値(デフォルトは 0.1) を指定します。 元の回線上のすべてのノードは、一般化された回線の指定されたしきい値内にあります。
  4. しきい値の単位を指定し、デフォルトは マイルです。
  5. レイヤー全体の整合性を保持: デフォルトで選択されています。 複数のオブジェクトによって共有される線分セグメントは、一度に一般化され、それらのオブジェクト間にギャップやオーバーラップが発生しないようにします。
役に立ちましたか?

Running into problems or issues with your Alteryx product? Visit the Alteryx Community or contact support. Can't submit this form? Email us.