Liquid drops falling into a beaker.

複数行フォーミュラツール

バージョン:
2021.3
Last modified: September 25, 2020

複数行式を使用して、数式ツールの概念をさらに一歩進めます。 このツールを使用すると、数式作成の一部として行データを利用することができ、複雑なデータを解析し、合計、平均、割合、およびその他の数学的計算を作成するのに役立ちます。

複数行フォーミュラツールは、ツールインスタンスごとに 1 つのフィールドのみを更新できます。 複数のフィールドを更新する場合は、各フィールドを更新するためにワークフローに複数行フォーミュラツールを追加する必要があります。

ツール設定

  1. 既存のフィールドを更新する または 新しいフィールドを作成する を選択します。 新しいフィールドを作成する場合は、名前を入力し、[ タイプ ] および [サイズ]を選択します。
  2. [Num Rows Rows]を使用して、式エディタに表示される行変数を設定します。 1 に設定すると、これらの変数は表示されます。
    • 行-1 : アクティブな行の前行。
    • 行 + 0 : これはアクティブな行です。 アクティブな行は、結果が入る場所です。
    • 行 + 1 : アクティブな行の後行。
  3. アクティブ行が最初の行である場合は、存在しない行の値を指定する必要があります。
    • Null: Null 値は存在しない行に適用されます。
    • 0 または空: 値は 0 に設定されるか、空のままにします (デフォルト)。
    • [最も近い有効な行の値] に設定 : 最も近い有効な行の値は、存在しない行に設定されます。
  4. グループ化 (オプション):フィールドを個別に選択するか、[ すべて ] または [クリア ] ボタンを使用します。
  5. 選択したフィールドを更新する式を作成します。 参照: 式エディター

このツールには式エディターが含まれているため、このツールをアプリまたはマクロワークフローで使用すると、追加の入力アンカーが表示されます。 インターフェイスツールを使用して質問アンカーに接続します。 参照: インターフェースツール

役に立ちましたか?

Running into problems or issues with your Alteryx product? Visit the Alteryx Community or contact support. Can't submit this form? Email us.