Multidimensional Scaling Tool Icon

多次元スケーリングツール

バージョン:
2021.3
Last modified: September 25, 2020

多次元スケーリング (MDS) は、分散に基づいてユニバタリケート データを分離する方法です。概念的には、MDS はデータに記述されている項目間の相違点または距離を取得し、項目間のマップを生成します。このマップのディメンション数は、アナリストが生成する前に提供されることがよくあります。通常、最も高い分散ディメンションは、データに記述されている最大距離に対応します。マップソリューションは単変量データに依存しているため、マップディメンションの回転と方向は重要ではありません。MDSは、主成分分析と同様のディメンション分析を使用します。詳細については、https://en.wikipedia.org/wiki/Multidimensional_scaling を参照してください

このツールでは、従来の mds とアイソメデータシートの2種類の mds が実装されています。クラシックMDSは、シンプルで高速なアプローチです。クラシックMDSは、アイテム間の距離とマップ上のアイテム間のデカルト距離との誤差を減らしてマップを生成することによって機能します。アイソメトリックMDSはやや複雑です。クラシックMDSの結果のマップを取得してから、アイテムペア間のマップ距離が元のデータと同じ最大値から最小値の順になるように調整すると、それがアイソメトリックMDSです。このアイソメトリックMDSは、正確な距離単位が、アイテムペアが最も離れているかまたは最も近いアイテムのランクより重要でない場合に便利です。

クラシックなMDSの使用例は、米国のマップを作成する米国の都市間の直線距離です。アイソメMDSの使用例は、特定の単位座標よりも距離のランキングが重要である食品間の栄養価の類似または異なりに基づいて、多次元フードチャートを作成することです。これらの方法は、異なるアイテム間の類似性を判断するために顧客が使用する知覚的次元の数および性質を得るためにマーケティングリサーチの文脈でしばしば使用されます。

ギャラリーツール

このツールは、Alteryx デザイナーまたは R ツールと共に自動的にはインストールされません。このツールを使用するには、Alteryx Analytics Galleryからダウンロードしてください。

入力を接続する

次の2つの方法のいずれかで構成されたデータストリーム。

  1. 項目ペア名とその相違点を表す各エントリを含む 3 列ストリーム。
  2. 各列がアイテムを表し、各行がアイテムを表し、各交差が相違値を表すMxM行列。詳細については、https://en.wikipedia.org/wiki/Distance_matrix を参照してください

ツール設定

[モデル オプション]タブを使用して、モデルを構成します。

  1. [入力の種類]: 非類似情報の入力に 3 列のペアワイズアプローチまたは距離行列アプローチを使用するかどうかを選択します。どちらの場合も、すべてのペアの距離を定義する必要があります。それ以外の場合はエラーがスローされます。
  2. 出力するディメンションの数: [データと印刷] 出力にマップとデータに含まれる寸法の数を選択します。分散のレベルを考慮するには、レポートの固有値プロットを使用して最適な次元数を選択する必要があります。
  3. 多次元スケーリング方法を選択: 従来の MDS アルゴリズムまたはアイソメ MS アルゴリズムを使用して選択します。

[印刷オプション] タブを使用して、出力プロットのコントロールを設定します。

  1. 反転するディメンションのコンマ区切りリスト: このリスト内の任意の数値は、項目座標に -1 を掛けたディメンションになります。MDS アルゴリズムは、ディメンション極性を任意に選択し、場合によってはユーザー入力によって助けることができます。たとえば、都市間の距離に基づいて米国のマップを作成する場合、その方向は既知のものとは逆になる可能性があります。
  2. 固有値のバープロット: このチェックマークは、固有値と説明がレポート出力に含まれているかどうかを決定します。これは、データのマップに保持する次元の数を選択するのに役立ちます。    主に、棒グラフは、追加の次元がノイズまたは擬似データのみをマップに組み込む点を知るのに役立ちます。
  3. 項目名をグラフの数字で置き換えて表示しますか?: マップに含まれる項目が多すぎて、別の名前を識別できません。このチェックマークは、すべての項目名を番号 id に変換するかどうかを決定します (すなわち、' ジャック '、' ジル '、' バナナ '... など, 対 x1, x2, x3,... x987、x988 など)。

グラフィック出力のコントロールを設定するには、[グラフィックスオプション] タブを使用します。

  • [印刷サイズ]: グラフのサイズに対してインチまたはセンチメートルを選択します。
  • グラフ解像度 : グラフの解像度を1インチあたりのドット数: 1x (96 dpi)、2x (192 dpi)、または 3x (288 dpi) で選択します。解像度を低くするとファイルサイズが小さくなり、モニタでの表示に最適です。解像度を高くするとファイルサイズが大きくなり、印刷品質は向上します。
  • 基本フォントサイズ (ポイント): グラフ内のフォントのサイズを選択します。

出力を表示

各出力アンカーに閲覧ツールを接続して、結果を表示します。

  • Dアンカー: [Data] には、各項目と各次元の座標値のエントリが含まれています。
  • Pアンカー: [プロット] は、ツールの設定で宣言されたグラフィック設定とレポートの出力が含まれています: (オプション) テーブルとグラフ固有の値が何であるかの説明と各次元の分散を描いた。各次元ペアのプロット ({1, 2}; {1, 3};{1, 4};{2, 3};{2, 4};{3, 4}) 各項目が名前または (オプションで) 数値識別子で表されます。
役に立ちましたか?

Running into problems or issues with your Alteryx product? Visit the Alteryx Community or contact support. Can't submit this form? Email us.