AMP Engine でのパフォーマンスプロファイリング

バージョン:
2021.3
Last modified: August 12, 2021

Designer のパフォーマンスプロファイリングを実行すると、ワークフローの実行全体に対する相対的な実行時間をツールごとに表示できます。

従来のエンジンは、各ツールの実行にかかった時間をミリ秒単位で返します。精度は 0.01 ミリ秒です。AMP には、各ツールに複数のワーカーを含めることもできますが、合計時間はツールごとに合算されます。

Designer のパフォーマンスプロファイリング

AMP プロファイリングの特長

  • 従来のエンジンと AMP の間のパフォーマンスプロファイリングの結果は、性質が異なるため同列に比較することはできません。AMP は多くのスレッドを使用してタスクを実行しますが、ツールに使用されたすべてのスレッドをカウントして、合計時間を計算します。
  • このAMP のマルチスレッド性により、ツールあたりの全体の時間がワークフローの合計時間を超える場合があります。

ワークフローを実行するのに十分なメモリがない場合、AMP は追加のメモリ管理を実行し、その結果は、「メモリ管理に N ミリ秒かかりました。ワークフローの総実行時間の M パーセントです。」という別のメッセージで通知されます。

パフォーマンスプロファイリングは、ワークフローのどの部分が最適化に適しているかを確認するのに有用な方法です。次のことができます。 

  • ワークフロー設定 - ランタイムメモリ上限 を調整し、指定した容量を使用します。
  • 実行に長い時間がかかっているツールは、別の適切なツールまたはツールの組み合わせに置き換えることができます。
役に立ちましたか?

Running into problems or issues with your Alteryx product? Visit the Alteryx Community or contact support. Can't submit this form? Email us.