Plot of Means Tool Icon

平均プロットツール

バージョン:
2021.3
Last modified: September 25, 2020

[平均プロット]ツールを使用して、カテゴリ項目の各カテゴリ(レベル)の応答フィールドの平均を指定します。

平均プロットツールは、カテゴリフィールドとともに応答フィールドとして数値またはバイナリカテゴリフィールド(ゼロ値と1値のセットに変換されたバイナリカテゴリフィールド付き)を取得し、カテゴリフィールドの各カテゴリ(レベル)に対する応答フィールドの平均をプロットします。 さらに、標準偏差、または各平均の信頼区間に基づく誤差範囲をプロットに配置できます。 このツールは、予測モデルを作成する過程において、数値またはバイナリターゲットフィールドにあり得るカテゴリの予測フィールドの効果を視覚化するための優れた選択肢です。

このツールはRツールを使用します。 [オプション] > [予測ツールのダウンロード] に移動し、Alteryx のダウンロードとライセンスのポータルにサインインして、R とR ツールで使用されるパッケージをインストールします。 参照: 予測ツールのダウンロードとご利用

ツール設定

構成タブ

  • 応答フィールド: 平均が計算される数値またはバイナリカテゴリフィールド。
  • 応答フィールドは 2 進数のカテゴリです。 応答フィールドがバイナリカテゴリであることを示すチェック ボックス。 オンにすると、1 の値に対応するフィールド値 (「ターゲット」) を指定するように求められます。
  • グループ化するカテゴリ フィールドを選択: 各レベルのカテゴリ フィールドが、応答フィールドの平均に対応します。 カテゴリフィールドのレベルがデータストリーム内の単一のレコードのみで構成される場合、プロットの誤差範囲は抑制され、警告メッセージが出されます。
  • 誤差範囲: 標準誤差、標準偏差、信頼区間、またはなしのいずれかを選択します。
    • 信頼区間を選択した場合は、エラー バーの選択が「信頼区間」である場合に使用する信頼区間バンド (たとえば、95% 信頼区間) を設定します。
    • [なし] を選択すると、誤差範囲は表示されません。

[グラフィックス オプション] タブ

[グラフィックス オプション]タブを使用して、グラフィック出力のコントロールを設定します。

  • プロットサイズ: インチまたはセンチメートルを選択し、グラフのサイズの幅と高さを指定します。
  • グラフ解像度:1x (96 dpi) 、2x (192 dpi)、または3x (288 dpi)の点/インチでグラフの解像度を選択します。 2x (192 dpi)
    • 解像度を低くするとファイルサイズが小さくなり、モニタでの表示に最適です。
    • 解像度を高くするとファイルサイズが大きくなり、印刷品質は向上します。
  • 基本フォントサイズ (ポイント): グラフ内のフォントのサイズを選択します。

出力の表示

このツールは、カスタムレポートの作成を支援するために使用できる R グラフオブジェクトを出力します。

役に立ちましたか?

Running into problems or issues with your Alteryx product? Visit the Alteryx Community or contact support. Can't submit this form? Email us.