Green compass with question mark in the middle

空間情報ツール

バージョン:
2021.3
Last modified: September 25, 2020

空間情報ツールを使用して、空間オブジェクトに関する表形式の情報を抽出します。 エリア、空間オブジェクト、部品数、ポイント数、および中心緯度/経度座標などの属性を明らかにすることができます。

ツール設定

  1. 空間オブジェクト フィールド: 空間情報を追加する対象のドロップダウン リストから、空間オブジェクトを含む列を選択します。
  2. 出力する項目:適切なボックスをオンにして、テーブルに追加する情報を選択します。
    • 面積 (平方キロメートル):計算された面積をテーブル内の空間オブジェクトの平方キロメートル単位で追加します。
    • 面積 (平方マイル): 計算された領域をテーブル内の空間オブジェクトの平方マイルに追加します。
    • [ポイントとして外接する四角形]: 入力する空間オブジェクトの地理的範囲に基づいて、レコードの空間オブジェクト (2 ポイント) を境界領域に追加します。
    • [四角形をポリゴンとして外接]: 入力する空間オブジェクトの地理的範囲に基づいて、レコードの空間オブジェクト (1 つのポリゴン) を境界領域に追加します。
    • X および Y フィールドとしての矩形の外接: 4 つのフィールド(BR_Left、BR_Top、BR_Right、BR_Bottom)を追加し、外接する四角形の範囲の地理座標に直接関連します。
    • 空間オブジェクトとしての中心: レコードの空間オブジェクトを中心にして、その中心心を追加します。
    • X および Y フィールドとしての図心: オブジェクトの中心の地理座標を表す 2 つのフィールド (X, Y) を追加します。
    • [空間オブジェクトとしての終点]: レコードの空間オブジェクトの終点 (範囲またはオブジェクト シーケンスが終了する位置) を追加します。
    • [終点 X と Y フィールド]:レコードのオブジェクトの終点の地理座標を表す 2 つのフィールド (X、Y) を追加します。
    • 長さ (キロメートル): レコードのオブジェクトの行の長さをキロメートル単位で追加します。 オブジェクトが線分の場合、このフィールドは行の合計長を反映します。 オブジェクトがポリゴンの場合、このフィールドはポリゴン オブジェクトの周長を反映します。
    • 長さ(マイル): レコードのオブジェクトの行の長さをマイル数で追加します。 オブジェクトが線分の場合、このフィールドは行の合計長を反映します。 オブジェクトがポリゴンの場合、このフィールドはポリゴン オブジェクトの周長を反映します。
    • パーツ数: オブジェクトを構成するパーツの数を追加します(ポリラインとポリゴンのみ)。
    • ポイント数: オブジェクトを構成するポイントの数を追加します(ポリラインとポリゴンのみ)。
    • Peano Key: 点の x 座標と y 座標をマージして、値を 1 次元配列に格納するために使用します。 ペアノキーを生成するために、各ポイントの緯度および経度値のバイナリビットが、ビットを交互に入れてマージされ、新しいバイナリ番号が生成されます。
    • 空間オブジェクト タイプ: ファイルに関連付けられている空間オブジェクトのタイプ (ポイント、ライン、ポリライン、ポリゴン) を追加します。 ポリラインとポリゴンの違いは、ポリラインには複数の線分が含まれていることです。線分には開始点と終了点が1つありますが、その間には任意の数の点があります。 ポリラインは、道路システムや河川の場合と同様に、かなり複雑になり得ます。
  3. XY 出力の投影: (オプション) デフォルトでは、デザイナーは WGS 84 投影で空間情報を報告します。 ユーザーは、異なる既知の投影を選択し、その投影内の空間情報を返すことができます。 「.」を選択します。をクリックして、[ 投影を編集]ウィンドウを 表示します。 プロジェクションサポートを参照してください。
役に立ちましたか?

Running into problems or issues with your Alteryx product? Visit the Alteryx Community or contact support. Can't submit this form? Email us.