Test of Means Tool Icon

T 検定ツール

バージョン:
2021.3
Last modified: September 01, 2021

ツールごとに学習

t 検定には「ツールごとに学習」があります。サンプルワークフロー を参照して、Alteryx Designer でこのサンプルやその他の多くのサンプルに直接アクセスする方法を確認してください。

t 検定ツールを使用して ウェルチの 2 標本 t 検定 を実行し、対照群と 1 つ以上の実験群との間の数値応答フィールドに対する平均値の差を検定します。各レコードの所属群は群フィールドで示され、文字フィールドか整数フィールドのいずれかになります。テストは、指定されたコントロール(比較)グループとグループフィールドに示された他のグループの間で実行されます。

このツールはRツールを使用します。オプション > 予測ツールのダウンロード に移動して Alteryx ダウンロードとライセンス ポータルにサインインし、R ツール で使用する R ツールとパッケージをインストールします。予測ツールのダウンロードと使用 を参照してください。

入力を接続

少なくとも1つの数値フィールドと1つの文字列または整数フィールドを持つAlteryxデータストリーム。

ツール設定

  • 応答フィールドを選択: 群固有の平均を計算して比較する際に使用する数値フィールド。group-specificmeans for comparison.
  • グループ識別子の付いたフィールドを選択: 各レコードの所属群を示す文字列または整数のフィールド。
  • 対照群のラベル (群が 2 つのみの場合はオプション): 検定はすべて、1 つの群 (比較群または対照群) に対して実行されます。このオプションは、比較(対照)群として機能するグループを決定します。グループが2つしかない場合、この区別は必要ではないため、対照群の指定はオプションです。

出力の表示

各出力アンカーに閲覧ツールを接続して、結果を表示します。

  • D アンカー: D 出力は、各検定の 2 つの群ラベルを提供するテーブルで構成されており、ダウンストリームの処理で使用される可能性のある検定統計量、自由度、および検定の p 値が含まれています。
  • R アンカー: R 出力は、テスト結果に関する一連のレポートスニペットを提供します。
役に立ちましたか?

Running into problems or issues with your Alteryx product? Visit the Alteryx Community or contact support. Can't submit this form? Email us.