ツール設定

バージョン:
2021.3
Last modified: June 30, 2021

ツールは、設定 ウィンドウで構成します。Designer ワークフローにツールが追加されると、[設定] ウィンドウにはそのツールの関連する構成オプションが表示されます。

設定

設定アイコン 構成プロパティを使用して、各ツール固有の機能を設定します。このプロパティは、選択したツールによって異なります。各ツールの構成方法の詳細な説明については、ツールカテゴリ を参照してください。

XMLビュー

各ツールの構成のXMLを参照として表示します。

このオプションを [設定] ウィンドウに表示するには、オプション > ユーザー設定 > ユーザー設定の編集 > 詳細 の順にポイントし、プロパティウィンドウに XML を表示する を選択します。

ナビゲーション

すべての接続表示アイコン 選択したツールに接続されているすべての接続と着信および発信ツールを表示します。

接続されているツール名をダブルクリックすると、キャンバスにジャンプすることができます。ジャンプしたツールのナビゲーション表示は、[ツール構成] ウィンドウでアクティブになります。

ワイヤレスボックス ワイヤレスアイコン にチェックマークを入れて、選択したツールをワイヤレスで接続する接続矢印を作成します。

出力が複数あるツールには、フィルターツール結合ツールユニークツール最寄り地点検索ツール空間マッチツール があります。

注釈

注釈タブアイコン 注釈領域では、後で参照するためにプロジェクトにメモを追加することができます。キャンバスでツールを選択し、そのままの状態でキーボードの F2 キーを押すと、ツールの [注釈] ウィンドウにアクセスできます。

  • タイプ: 使用しているツールが表示されます。
  • ID: ツールをキャンバスにドロップすると、ツール ID が割り当てられます。ツール ID は保持されます。たとえば、ワークフローの 3 番目のツールを削除しても、次のツール ID は 4 のままです。ツール ID の順番と実行順序は必ずしも一致するとは限りません。ツールの ID を表示するには、Ctrl+F キーボードショートカットを使用します。検索と置換 ウィンドウが開き、すべてのツールとその ID が表示されます。
  • 名前: 既定のツール名とツール ID が表示されますが、任意の名前を入力することもできます。
  • 注釈の表示: ツールによって既定の注釈が付いているもの、付いていないものがあります。
    • キャンバス設定の使用: 注釈の情報が、構成プロパティに基づいて自動的に設定されます
    • 常に: 注釈は常にドキュメントに表示されます。
    • なし: 注釈はドキュメントに表示されません。
  • 注釈を上部に配置: 既定では注釈はツールの下の方に表示されます。ツールの上の方に注釈を配置する場合は、このボックスを選択します。
  • 注釈: ドキュメント内でツールに関連付けて表示させたいテキストを入力します。

マウスのカーソルがツールと重なったときに、ツールの注釈が表示されます。

資産

依存関係としても知られているアセットは、ツールを正しく実行するために必要なファイルです。

  • 自動検出アセット: 入力ツールの場合、自動検出アセットは入力として選択されたファイルです。
  • ユーザーが追加したアセット: ファイルの追加 を使用してアセットを追加します。

このオプションを [設定] ウィンドウに表示するには、オプション > ユーザー設定 > ユーザー設定の編集 > 詳細 の順にポイントし、プロパティウィンドウにアセット管理を表示する を選択します。

ヘルプ

ヘルプアイコン 選択したツールのヘルプページを開きます。

このページは役に立ちましたか?

Alteryx 製品のご利用中に何か問題がございましたら、Alteryx コミュニティにアクセスするか、サポートにお問い合わせください。このフォームを送信できない場合E メールでお送りください。