ワークフロー管理

バージョン:
2021.3
Last modified: September 13, 2021

ワークフロー管理の一環として、Designer で作成したワークフローを保存して、Alteryx Gallery または会社のプライベート Gallery (Alteryx Server ユーザーが利用可能) で他のユーザーとワークフローの再利用や共有を行うことができます。

また、Designer で開いて、Gallery 内の既存のワークフローを管理することもできます。Designer では、これらのワークフローを編集、保存、共有して Gallery に戻すことができます。Gallery は以前のバージョンのワークフローを保持しているため、変更後のワークフローを Gallery に保存しても以前のバージョンは置き換えられません。

ファイルや接続などの依存関係と共にワークフローを保存して共有する場合は、それらを .yxzp ファイルとしてエクスポートできます。単一のファイルワークフローと同様に、エクスポートされたワークフローを Gallery 内で他のユーザーと共有したり、Designer で開いたりすることができます。

単一のワークフローを保存するだけでなく、複数のワークフローをワークフローグループとして保存して、ひとつのワークフローグループファイル (.yxwg) として開くこともできます。既存のローカルに保存されたワークフローのワークフローグループのみを作成できます。

個々のワークフローを保存

ワークフローを開いて、ファイル > 名前を付けて保存 を選択し、ワークフローを保存する場所を選択します。

ファイル ディレクトリ

  1. 参照 を選択します。
  2. エクスプローラーで、ワークフローを保存する場所に移動します。
  3. ファイル名 に、ワークフローの名前を入力します。
  4. Save を選択します。

プライベート Gallery またはパブリック (Alteryx) Gallery

追加の考慮事項

Alteryx Public Gallery または Private Gallery にワークフローを保存するには、ユーザー アカウントが必要です。gallery.alteryx.com でAlteryx Public Gallery アカウントにサインアップしてください。

既定では、所有するワークフローはプライベートスタジオに保存されます。コレクション内で共有されたワークフローは、コレクションに保存されます。

  1. 名前を付けて保存 を選択します。
  2. プライベート Gallery (会社の Gallery) または パブリック Gallery (Alteryx パブリック Gallery) を選択します。
  3. ユーザー名とパスワードを使用してサインインします。必要に応じて、ログイン状態を保持する を選択してセッションを常にアクティブにします。
  4. ワークフローの保存 ウィンドウで、ワークフロー名 を入力します。既定では、場所 にはワークフローが保存される Gallery スタジオが表示されます。ワークフローがコレクション内で共有されている場合、場所 には Gallery コレクションが表示されます。
  5. Worker Tag で、オプションを選択し、ワークフローを実行するワーカーを割り当てます。
  6. (オプション) 詳細 に、役に立つコメントを入力します。
  7. (オプション) ワークフローオプション を選択して、次のいずれかを選択します。
    ワークフローオプション 説明
    このバージョンのワークフローを公開する

    このバージョンのワークフローを Gallery で利用可能なバージョンとして公開します。

    このオプションは、ワークフローがすでにギャラリーにあった場合にのみ使用できます。他のユーザーにこのバージョンのワークフローを使用させたくない場合は、このオプションを選択しないでください。

    Gallery 内のワークフローバージョンを更新するには:

    1. アプリの詳細を表示し、バージョン番号 を選択して、使用可能なバージョンを表示します。
    2. バージョンを選択し、Make Published Version を選択します。
    ワークフローを検証して保存する

    (既定オプション) ワークフロー内に Alteryx パブリック Gallery (gallery.alteryx.com) で禁止されているツールまたはコマンドがないことを検証します。検証が失敗した場合、ワークフローは Alteryx パブリック Gallery (gallery.alteryx.com) で実行する適用除外認定を必要とします。

    以下のツールは、Alteryx パブリック Gallery での実行に適用除外認定が必要です。Rツールコマンド実行ツールPythonツールメールツールダウンロードツール

    Gallery では、イベントまたは連鎖アプリの実行は許可されません。ワークフロー設定インターフェースデザイナー ウィンドウ を参照してください。

    適用除外認定に関する追加情報については、Gallery に保存するメッセージ を参照してください。

    AMP Engine

    ワークフローで AMP Engine を使用していてもコントローラーでは使用していない場合、ワークフローの検証は無効になり、有効にすることはできません。ワークフローの検証を有効にするには、コントローラーで AMP Engine を有効にする または ワークフロー設定 を使用して、元の Alteryx Engine で実行するようにワークフローを変更します。

    AMP Engine の詳細については、次のリソースを参照してください。

    ワークフローアセットを管理する

    ワークフローに関連付けられているアセットを表示および管理します。

    • ツールでアセットをグループ化する を選択すると、ワークフローのアセットまたはファイルの依存関係がすべて表示されます。これらは、接続されているツールとともにグループ化されています。
    • アセットの選択を解除して、ワークフローパッケージからアセットを除外します。
    • 入力パスに定数を含むアセットはアセットのリストに表示されますが、ワークフローパッケージには含まれません。

    *この設定により、各ツールのアセットが整理され、情報を解析しやすくなります。.yxzp ファイルの作成方法は変更されません。

    ワークフローのロックを有効にする

    ワークフローのロックオプションを表示します。

    • ロックされたワークフローの使用を、指定したシリアル番号のみに制限するには、特定のシリアル番号に制限する を選択します。選択すると、リスト内のシリアル番号 (E メールアドレス) のみがロックされたワークフローを使用できます。Gallery でワークフローを実行できるようにするには、既定の Gallery 管理者である Gallery のシリアル番号をリスト化する必要があります。既定の Gallery 管理者は、Gallery 認証の設定時に設定されます。詳細については、Gallery 認証の設定 を参照してください。各一意のシリアル番号 (E メールアドレス) を 1 行に 1 つずつ入力します。
    • ロックされたワークフローの有効期限を設定する を選択して、ロックされたワークフローが選択した日に期限切れになるように設定します。有効期限が切れると、ワークフローを実行または使用できなくなります。
    • このチェックボックスをオンにすると、ワークフローのロックの影響について同意したことになります。
    • 完了 を選択して、ワークフローをロックします。

    詳細については、ワークフローのロック を参照してください。

    ワークフロー資格情報を設定する

    このオプションを使用するには、キュレーター (Gallery 管理者) が 管理者 > 資格情報 > 変更 を使用して ユーザーに資格情報オプションの選択を許可する 設定を選択する必要があります。

    有効にすると、ユーザーはワークフローを実行するための資格情報を選択できます。

    • ユーザーは資格情報を指定する必要はありません: 既定のサーバーまたはスタジオの資格情報を使用してワークフローを実行します。
    • ユーザーは自分の資格情報を指定する必要があります: ワークフローを実行するためにユーザーに自分の資格情報を入力するように要求します。
    • これらの資格情報で常にワークフローを実行します: ワークフローの実行時に常に使う資格情報を入力します。
  8. 保存 を選択します。ワークフローを Gallery に保存するときに表示されるエラーと警告の詳細については、Gallery メッセージに保存を参照してください。

プライベート Gallery: 新しい Gallery を追加します

  1. 名前を付けて保存 > プライベート Gallery を選択します。
  2. 新しい Gallery の追加をクリックします。
  3. URLに、Private Gallery の URL パスを入力します。
  4. 接続 を選択します。
  5. ギャラリーの設定によって、認証手順は異なります:
    設定の種類 認証手順
    ビルトイン認証
    1. メールパスワードに、Gallery のメールアドレスとパスワードを入力します。
    2. 必要に応じて、ログイン状態を保持するを選択します。
    3. 接続 を選択します。
    Windows Authentication (Windows 認証)
    1. ユーザー名が表示されます。
    2. 続行を選択します。
  6. 一覧からギャラリーを選択し、手順に従って、Alteryx Gallery または Private Gallery にワークフローを保存します。

ワークフローのエクスポート

ワークフローとその依存関係を .yxzp パッケージファイルとしてエクスポートします。ワークフローをエクスポートする前に、ワークフローを保存する必要があります。

依存ファイルパッケージ

以下のアセットは、エクスポートされたワークフローに自動的に含まれます。

  • 入力ファイル
  • 出力参照
  • マクロ
  • 連鎖アプリ
  • ユーザーが追加したファイル

以下のファイルは、エクスポートされたワークフローには含まれません。

  • 不足ファイル
  • Alteryx インストールの一部として識別されるファイル
  • ネットワークパスによって参照されるファイル
  • 定数を含む入力パス

ワークフローとその依存関係をエクスポートすると、Designer は各ファイルの元のファイル形式を維持します。ワークフローに含まれるアセットのフォルダー構造は、含まれているファイルがワークフローファイルの子 (または兄弟) である限り、維持されます。他のすべてのファイルは外部ファイルと見なされ、パッケージに含まれている場合は_externals フォルダーに配置されます。

ワークフロー依存関係 を使用して、不足しているファイルを参照するときにパスが壊れないようにします。

ワークフローをエクスポート

  1. オプション > ワークフローのエクスポート を選択して、ワークフローのエクスポート ウィンドウを表示します。ワークフロー には、ワークフローの名前とそのファイル拡張子が表示されます。
  2. 使用可能な構成オプションをすべて入力します:
    オプション 説明
    ロック

    ワークフロー、アプリ、マクロのコピーを作成し、実行することはできますが、Designer で開いて編集することはできません。

    1. ロック ボタンを選択します。
    2. このワークフローのロックを有効にする を選択します。
    3. 必要に応じて、次のオプションを設定します。
      • 特定のシリアル番号 (1 行につき 1 つ) に制限する: ロックされたワークフローへのアクセスを可能にするライセンスのシリアル番号を入力します。各シリアル番号を別の行に表示します。各Alteryxのインストールにはシリアル番号が使用されます。シリアル番号を表示するには...
        • オプション > ライセンスの管理 に移動し、右上の歯車アイコンを選択します。
        • 次に View Partner Data License Manager を選択し、ウィンドウの右上にある マシンシリアル番号 を確認します。
      • ロックされたワークフローの有効期限を設定する: ロックされたワークフローが選択した日に期限切れになるように設定します。有効期限が切れると、ワークフローを実行または使用できなくなります。
      • このチェックボックスをオンにすると、ワークフローのロックの影響を確認したことになります。
      • 完了 を選択して、ワークフローをロックします。
    • ロック を元に戻すことはできません。
    • Alteryx では、この設定を最後に行なうことをお勧めします。

    パッケージの場所

    ファイルの保存場所を変更します。

    ツールでアセットをグループ化する

    ワークフロー内のアセットを使用するツールによってグループ化します。このオプションを選択しないと、アセットが個々に表示されます。

    アセットの選択を解除して、ワークフローパッケージからアセットを除外します。アセットは参照されますが、パッケージには含まれません。

    入力パスの一部として定数を含むアセットは、アセットのリストに表示されますが、ワークフローの一部としてパッケージ化されません。

  3. 保存 を選択します。詳細については、ワークフローのロック を参照してください。

ワークフローグループの保存

追加の考慮事項

  • 既存のローカルに保存されたワークフローグループのみを作成できます。Gallery 保存されているワークフローからワークフローグループを作成しようとする場合は、まず各ワークフローをローカルドライブに個別に保存する必要があります。
  • ワークフローグループの一部であるワークフローを移動または削除すると、ワークフローグループを開こうとすると、エラーが表示されます。
  1. グループに含めるローカルに保存されたすべてのワークフローを開きます。Start Here.yxmd はワークフローグループに保存されません。
  2. ファイル > ワークフローグループを作成する を選択します。
  3. エクスプローラーで、ワークフロー グループを保存する場所に移動します。
  4. ファイル名 に、ワークフローの名前を入力します。
  5. 保存 を選択して、個々のワークフローをひとつのワークフローグループファイル (.yxwg) として保存します。

[保存] または [エクスポートされたワークフロー] を開く

ファイルディレクトリ、Alteryx パブリック Gallery、プライベート Gallery からワークフローを開きます。

ファイルディレクトリから単一のワークフローを開く

  1. ファイル > ワークフローを開く を選択します。
  2. 参照 を選択し、ワークフローを保存した場所に移動します。
  3. ファイル名をダブルクリックしてDesignerで開きます。

エクスポートされたワークフロー

エクスポートされた .yxzp ファイル内にワークフローがある場合は、次の操作を行います。

  1. パッケージのインポート メッセージで はい を選択して、ワークフローをインポートします。
  2. ワークフローパッケージのインポート ウィンドウで、次の情報を確認します。
    • パッケージファイル名: ファイルへの完全なパスを表示します。
    • ワークフロー: ワークフロー名を表示します。パッケージ内のアセットがボックスに表示されます。
    • 保存先ディレクトリ: パッケージを保存する場所を表示します。場所を変更するには、フロッピーディスクアイコンを選択し、新しい場所を選択します。
  3. インポート を選択します。
  4. ワークフローのインポートの進行状況 ウィンドウで はい を選択してワークフローを読み込みます。ワークフローの読み込みが正しく行なわれなかった場合は、もう一度インポートしてください。

ファイルディレクトリからワークフローグループを開く

  1. ファイル > ワークフローグループを開く を選択します。
  2. ワークフローグループファイルが保存されている場所に移動します。
  3. .yxwg ファイルをダブルクリックして開きます。グループ内の各ワークフローは、別のタブで開きます。

Alteryx Gallery または プライベート Gallery からワークフローを開く

追加の考慮事項

Public Alteryx Gallery または Private Gallery からワークフローを開くには、ユーザー アカウントが必要です。gallery.alteryx.comで Alteryx Gallery アカウントにサインアップできます。

  1. ファイル > ワークフローを開く を選択します。
  2. My Company's Gallery または Alteryx Gallery (パブリック Gallery) を選択します。
  3. ユーザー名とパスワードでサインインします。必要に応じて、ログイン状態を保持する を選択し、セッションを常にアクティブにします。
  4. Gallery ウィンドウで、検索、フィルタリング、ソートを使用して、ワークフローを検索します。
  5. ワークフローの右側にある バージョン アイコンを選択すると、必要に応じて以前のバージョンを表示できます。このオプションをGalleryに表示するには、Designerで有効にする必要があります。
  6. ワークフローを選択し、開く を選択します。ワークフローを Gallery に保存するときに表示されるエラーや警告の詳細については、Gallery に保存するメッセージ を参照してください。

新しい Gallery の追加

  1. ファイル > ワークフローを開く を選択します。
  2. 新しい Gallery の追加 をクリックします。
  3. URL に、会社の Gallery の URL パスを入力します。
  4. 接続 を選択します。
  5. ギャラリーの設定に基づいて、認証手順が異なります:
    設定の種類 認証手順
    ビルトイン認証
    1. E メールパスワード に、Gallery の E メールとパスワードを入力します。
    2. 必要に応じて、ログイン状態を保持する を選択します。
    3. 接続 を選択します。
    Windows Authentication (Windows 認証)
    1. ユーザー名が表示されます。
    2. 続行 を選択して、ログインします。
  6. 一覧から Gallery を選択し、手順に従って、Alteryx Gallery または会社のプライベート Gallery に保存されたワークフローを開きます。
役に立ちましたか?

Running into problems or issues with your Alteryx product? Visit the Alteryx Community or contact support. Can't submit this form? Email us.