Alteryx ファイルの種類

バージョン:
2022.1
Last modified: June 10, 2022

以下は、Alteryx にネイティブ対応しているファイル拡張子の一覧です。

Alteryx ワークフロー Alteryx データファイル 特殊ファイル ライセンスファイル
.yxmd(ワークフロー) .yxdb(Alteryx データベース) .yxwv(アプリの値) .yxlc
.yxwg (ワークフローグループ) .cydb(カルガリーデータベース) .yxft(フィールドタイプ) .slc
.yxmc(マクロ) .cyidx(カルガリーインデックス) .yxbe (Browse Everywhere データ) .cylc
.yxwz (分析アプリ) .rptx (レポートの割り当て)   .bak(ワークフローのバックアップコピー) .alc
.yxzp (ワークフローパッケージ) .vvf (仮想変数の割り当て)   .pcxml(コンポーザーファイル) .gzlc
.yxi (ツールパッケージ) .aws (ワークスペースファイルの割り当て) .log(エラーログファイル)  
.indbc (In-DB 接続パッケージ)   .bin (手動 Flexera 認証)  
    .yxlang (ローカライゼーションファイル)  
    CASS.ini (CASSディレクトリ情報)  

Alteryx ワークフローファイル

.yxmd(ワークフロー)

Alteryx ワークフローは反復可能なワークフロープロセスを表し、ファイル拡張子は .yxmd です。すべての入力、出力、およびツール設定は、1 つの Alteryx ワークフロー内に保存されるため、ワークフローを複数回開いて実行できます。

詳細については、ワークフロー設定ワークフロー構築を参照してください。

yxwg (ワークフローグループ)

ワークフローグループは、1 つのファイルとして保存および開くことができる複数のワークフローを表します。既存のローカルに保存されたワークフローグループのみを作成できます。

詳細については、ワークフロー管理を参照してください。

.yxmc(マクロ)

マクロは、別のワークフロー内で単一のツールとして実行できるワークフローです。マクロ設計設定を使用すると、開発者はパラメーターを指定できるため、ユーザーは単一のツールからワークフローを設定するオプションを利用できます。ワークフローの種類をマクロとして設定すると、ワークフロープロパティ ウィンドウで使用できるオプションが変更されます。

さまざまなマクロの種類の詳細については、マクロを参照してください。

.yxwz (分析アプリ)

開発者は、Alteryx 分析アプリ環境で実行するユーザー用の分析アプリを Designer で作成できます。開発者は Alteryx でワークフローを作成し、ユーザー環境を定義する一連のパラメーターを指定し、ユーザーの仕様で元の設計ワークフローを更新します。Gallery に保存されている場合、Web ブラウザーから分析アプリにアクセスします。または導入済みの Server またはDesigner Desktop からアクセスしますユーザーがカスタムのユーザーインターフェースを使用してワークフローを設定できるように、分析アプリの設計の設定でパラメーターを指定します。

詳細については、分析アプリを参照してください。

.yxzp (ワークフローパッケージ)

.yxzp ファイルは、Alteryx ワークフロー (.yxmd、.yxmc、.yxwz) と、そのすべての依存関係を 1 つに圧縮したファイルを含むワークフローのパッケージです。このファイルを Alteryx にインポートすると、ワークフローを簡単に配布および共有できます。

詳細については、ワークフロー管理を参照してください。

.yxi (ツールパッケージ)

.yxiファイルは、Alteryxツールとそのすべての依存関係を1つのファイルに圧縮したパッケージです。このファイルが Alteryx Designer にインストールされている場合、Alteryx Public Gallery (gallery.alteryx.com) などの外部ソースから、指定したカテゴリのツールパレットにツールが追加されます。

.yxi ファイル、ツールの動作に必要なサポートマクロは、次の場所にインストールされています:

\Users\USERNAME\AppData\Roaming\Alteryx\Tools\

管理者は、すべてのユーザーに対して .yxi ツールをインストールすることもできます。この場合、ツールは次の場所にインストールされます:

\ProgramData\Alteryx\Tools

.yxi ファイルは、そのツールを含むワークフローを実行する前にインストールする必要があります。

Alteryxデータファイル

.yxdb(Alteryx データベース)

Alteryx データベース形式 (.yxdb) は、データフィールド、値、および空間オブジェクトを保持できるファイルタイプです。.yxdb 形式は、サイズ制限がなく、最大速度で圧縮され、データのソースとデータの作成方法を参照する追加のメタデータが含まれているため、Alteryx での読み取り / 書き込みに最も効率的なファイル形式です。レコード数やファイルサイズに制限はありませんが、64 ビット環境では 2 GB のレコードサイズ制限があります。

詳細については、Alteryx データベースファイル形式を参照してください。

.cydb(カルガリーデータベース)

カルガリーデータベース(.cydb)は、インデックス作成方法論を使用してレコードをすばやく取得するデータファイルです。データベースインデックスは、データベーステーブルのデータ取得操作の速度を向上させるデータ構造です。インデックスは、データベーステーブルの 1 つまたは複数の列を使用して作成でき、迅速なランダムルックアップと順序付けされたレコードへの効率的なアクセスの両方の基盤を提供します。カルガリーデータベースのレコード数 (約 20 億) には 2^31 の制限があります。これは、約 1 億~3 億のレコードのために設計されています。

詳細については、カルガリーを参照してください。

.cyidx(カルガリーインデックス)

カルガリーインデックス (.cyidx) は、カルガリーデータベース (.cydb) の依存ファイルです。.cydbが書き込まれると、カルガリーデータベースの各フィールドにインデックスファイルが作成されます。インデックスを使用すると、ユーザーが構成した特定のクエリに基づいてレコードを迅速に取得できます。

Alteryx が異なるデータ型に特定のインデックスを作成する方法の詳細については、カルガリーインデックスを参照してください。

特殊フィールド

.yxwv(アプリの値)

Alteryx アプリの値ファイルは、分析アプリを更新する値と構文を含む .xml ファイルです。いくつかの分析アプリには多くの設定オプションがあり、ユーザーは仕様を保存して繰り返し使用する必要がある場合があります。これらの選択は.yxwvファイルに保存することができるため、分析アプリを実行するたびに分析アプリインターフェイスにデータを入力する必要はありません。分析アプリインターフェースから .yxwv ファイルを保存して開くことができます。

.yxwvファイルは暗号化されません。それらに含まれるパスワードは、クリアテキストとして保存されます。

詳細については、分析アプリを参照してください。

.yxft (フィールドタイプ)

Alteryx フィールドタイプファイルは、フィールド名とフィールドタイプのファイル設定を記述するテキストファイルです。保存されると、.yxftはセレクトツールまたは埋め込みセレクト付きツールを使用して読み込むことができます。

セレクトツールオプションメニューから、保存/読み込みオプションを使用して .yxft ファイルを作成するか、以前に作成された .yxft ファイルを利用することができます。

.bak(ワークフローのバックアップコピー)

ワークフローが編集および保存されるとすぐに、バックアップファイルが作成されます。.bak ファイルは、最新の保存前の状態のワークフローです。.bakファイルは、編集したワークフローと同じディレクトリに作成され、同じ名前を持ちます。

.pcxml(コンポーザーファイル)

.pcxmlファイルには、レポートのためにAlteryxが使用する独自の言語が含まれています。Alteryx は出力をレポートするために.pcxml ファイルを読み込んでレンダリングできますが、ユーザーにこのファイルタイプを使用することはお勧めしません。代わりに、レポーティングツールを使用してレポートスニペットを作成し、.yxdb ファイルまたは最終的なプレゼンテーション出力形式に保存します。

.log(ログファイル)

ログファイルは、Alteryx エンジン、または Alteryx エンジンのコアコンポーネントに致命的なエラーが返されると作成されます。ログファイルには、エラーが発生した場所などの詳細情報が含まれています。テクニカルサポートに致命的なエラーを報告した場合、ログファイルの取得を求められることがあります。ログファイルは次のディレクトリに書き込まれます:

C:\Users\username\AppData\Local\Alteryx\ErrorLogs\APPLICATION_NAME

アプリケーション名は、エラーを発生させている Alteryx の領域を参照します。例: AlteryxEngine、AlteryxCass、SrcLib_Dllx64 など。

次のエラーメッセージはログファイルを生成します。

  • 未処理の例外エラーが発生しました。
  • あなたはバグを発見しました。複製し、当社に知らせてください。我々はすぐにそれを修正します。
このページは役に立ちましたか?

Alteryx 製品のご利用中に何か問題がございましたら、Alteryx コミュニティにアクセスするか、サポートにお問い合わせください。このフォームを送信できない場合E メールでお送りください。