AMP メモリ使用

バージョン:
2022.1
Last modified: December 21, 2021

Alteryx Engine と AMP および 2 つの主な違い について詳しく説明したので、メモリの使用量と設定について見てみましょう。

要件

AMP 既定のメモリ使用量は、使用可能なマシンメモリの 25% です。最小メモリ要件には、次のものがあります。

  • AMP Engine は、ワークフローを実行するためにスレッドあたり少なくとも 400 MB が必要です。399 MB ではエラーが発生します。
  • ワークフローを実行するには、従来の Engine に 64 MB 以上が必要です。63 MB ではエラーが発生します。

AMP はデータをより効率的に運ぶので、データストリームは従来の Engine よりも小さいことに注意してください。

メモリの上限

Designer のメモリの上限設定では、エンジンがワークフローの実行に使用できる最大メモリ量を定義します。1 つのワークフローを実行する場合は既定設定を使用し、複数のワークフローを一度に実行する必要がある場合は、設定を減らします。

既定のメモリの上限値を編集するには、キャンバスの空白部分を選択し、設定 ウィンドウに移動して、ランタイム タブを選択します。

メモリの上限値を増やすと、多くのデータが一時ファイルに移動されずにメモリ内に保持されるため、エンジンのパフォーマンスが向上します。メモリの上限を高めても、エンジンを上回るプロセスのパフォーマンスは低下する場合があります。

マシンの設定

マシンの設定方法に応じて情報を入力または変更するには、オプション に移動し、詳細オプション を選択して 、システム設定 を選択し、Engine Configuration を選択します。

詳細については、メモリ使用 を参照してください。

このページは役に立ちましたか?

Alteryx 製品のご利用中に何か問題がございましたら、Alteryx コミュニティにアクセスするか、サポートにお問い合わせください。このフォームを送信できない場合E メールでお送りください。