Cloudera Impala

バージョン:
2022.1
Last modified: August 11, 2021

For more information about the Simba Impala ODBC driver, see the Installation and Configuration Guide on Simba portal.

接続に使用される Alteryx ツール

標準的なワークフロー処理

In-DB ワークフロー処理

Link
Blue icon with database being plugged in.

接続In-DBツール

Link
Blue icon with a stream-like object flowing into a database.

データストリーム入力ツール

Windows Kerberos認証(SSPI経由)を使用している場合は、Simba Impala ODBCドライバの[高度なオプション]で[SSPIのみを使用 - このDSNで有効]オプションを選択する必要があります。

Unicode ®文字の読み書きに問題がある場合は、シンバインパラ ODBC ドライバにアクセスしてください。[詳細オプション] で、[SQL Unicode の種類を使用する] オプションを選択します。

書き込みサポート

Impala ODBCドライバは、次の2つの方法のいずれかを使用して、Impala書き込み機能とHDFS接続オプションの両方をサポートします。

フィールド名
  • 合計4000文字を超えるフィールド名を持つテーブルを作成するには、Avroの代わりにCSVを使用します。
  • Impalaでフィールド名を作成してクエリを書き込むとき、Impalaの識別子(データベース、テーブルまたは列の名前)には一定の制限があることに注意してください。予約語はサポートされていますが、他の識別子はサポートされていません。例えば:
    • 別子にスペースは使用できません。
    • 識別子は数字で始めることはできません(たとえば、1stは無効です)
    • 識別子は英数字のみ (たとえば、パーセント記号 (税%)、ドル記号 (マネー $)、記号 (>、 etc) or any other non-ASCII characters.>
    • 識別子は大文字と小文字を区別しません(たとえば、T1とt1は同じ識別子です)
キャラクターサポート
  • テーブルスタイルの引用符付きフィールドはサポートされていません。
  • Unicode ®文字はサポートされていません。
SQLサポート

削除ステートメントと追加ステートメントはサポートされていません。

文字列と整数のサポート
  • メッセージは32,767文字に制限されています。
  • TINYINTデータ型の範囲は-128〜127なので、INT16にマップする必要があります。
インデータベース
  • Impala データベースの制限により、DB内接続ツールを使用してテーブルを選択し、上書きテーブル (ドロップ)または書き込みデータイン DB ツールで新しいテーブル作成モードを作成して HDFS Avro に書き込むことはできません。.
このページは役に立ちましたか?

Alteryx 製品のご利用中に何か問題がございましたら、Alteryx コミュニティにアクセスするか、サポートにお問い合わせください。このフォームを送信できない場合E メールでお送りください。