box

Box 入力ツール

バージョン:
2022.1
Last modified: August 25, 2022

Box 入力ツールを使用して、Box ワークスペースに保存されているデータを読み取ります。 

ツール設定 

Box 出力ツールをインストールして設定するには、次を行います。

  1. Alteryx コミュニティ からツールをダウンロードします。 
  2. Designer で、Box 出力 YXI ファイルを開きます。メモ:すべてのユーザーを対象に Box 出力ツールをインストールするには、管理者資格情報を使用して Designer アプリを開きます。
  3. Box 出力ツールを選択して、設定パネルに移動します。 
  4. 既存の接続を選択 するか、左側のパネルに資格情報の詳細を入力します。
  5. 次の認証方法から選択できます。 
    1. インターネットブラウザーからサインイン: ポップアップウィンドウが表示され、Box へのアクセス権を付与できます。 
    2. URL からファイルを取得: ポップアップウィンドウが表示され、Box へのアクセス権を付与できます。 
    3. アクセストークンを入力: 認証フローを経由せず、生成されたアクセストークンを使用して認証を行い、アカウントを呼び出します。 

      [DCM への接続の保存] のチェックボックスを選択すると、ワークフローの外部のセキュアボールトに資格情報が保存され、Alteryx 製品スイート間で同期されます。  
      クライアント ID とシークレットを使用して、自身の Box アプリケーションで接続 することもできます。  
  6. 接続 を選択します。 
  7. [コレクション] ドロップダウンメニューからファイルコレクションを選択します。 
  8. データを読み取るファイルまたはフォルダーを選択するには、[ファイルパス] テキストボックスにファイルまたはフォルダーのフルパスを入力します。[検索] を使用して、拡張子が付いた完全な名前のファイルを検索するか、ツリービューからファイルを選択します。 
  9. [オプション] タブで、[ファイル形式] を選択できます。オプションフィールドは、選択したファイル拡張子に基づいて更新されます。 

CSV ファイル形式の設定 

CSV ファイル形式の場合、[オプション] タブで以下の設定を使用できます。 

  • フィールド区切り記号: コンマ (既定)、セミコロン、タブ、パイプ、スペース、カスタム区切り記号。 
  • 引用文字: シングル、ダブル、カスタム。「なし」が既定です。 
  • 最大フィールド長: 整数 (0、1、2、3、4、など)。「254」が既定です。 
  • ライン上でデータを開始: 整数 (1、2、3、4、など)。「1」が既定です。 
  • コードページ: すべてのコードページ形式。「UTF-8」が既定です。 
  • メタデータを添付: 「なし」が既定です。 
  • 最初の行にフィールド名を含む: 既定では選択されていません。 

XLSX ファイル形式の設定 

XLSX ファイル形式の場合、[オプション] タブで以下の設定を使用できます。 

  • ライン上でデータを開始: 整数 (1、2、3、4、など)。「1」が既定です。 
  • コードページ: すべてのコードページ形式。「UTF-8」が既定です。 
  • メタデータを添付: 「なし」が既定です。 
  • 最初の行にはフィールド名が含まれます: 既定では選択されていません。 

[データ] タブで、次のデータ範囲オプションを選択できます。すべてのシートシート名、特定の範囲の シート番号名前付き範囲シート名のリストのみをインポート。 

YXDB ファイル形式の設定 

YXDB ファイル形式の場合、[オプション] タブで以下の設定を使用できます。 

  • メタデータを添付 - 「なし」が既定です。 

[後で処理するためにファイルをローカルにダウンロード] を選択して、後で処理するためにファイルをローカルにダウンロードすることもできます。

 

 

 

 

 

 

 

 

このページは役に立ちましたか?

Alteryx 製品のご利用中に何か問題がございましたら、Alteryx コミュニティにアクセスするか、サポートにお問い合わせください。このフォームを送信できない場合E メールでお送りください。