Dataverse Icon

Dataverse 入力ツール

バージョン:
2022.1
Last modified: April 11, 2022

Dataverse 入力を使用して、Dataverse テーブルから Designer にデータを読み込みます。既知の制限事項については、Microsoft Dataverse を参照してください。Dataverse の詳細については、Microsoft Dataverse のドキュメントサイトを参照してください。

このデータコネクタのすべての機能を維持するには、Designer との互換性に注意してください。

コネクタバージョン 1.0.1 以降

Designer バージョン 2021.3.3 以降。

コネクタバージョン 1.0.0

Designer バージョン 2021.2.1 - 2021.3.1。

このツールは、Designer では自動的にインストールされません。このツールを使用するには、Alteryx コミュニティからダウンロードします。

Dataverse へのサインイン

認証には OAuth 方式が使用されるため、[インターネットブラウザーからサインイン] オプションで既定の Alteryx アプリケーションを使用するか、[認証情報を入力] オプションで自身の API アプリケーションを提供できます。API アプリケーションの作成方法の詳細については、Microsoft Dataverse を参照してください。

クラウドサービスの使用時に Server でワークフローをスケジュールするには、[認証情報を入力] を選択してから [サービスプリンシパルを使用] を選択し、トークンの有効期限を延長して、自身の API アプリケーションを提供する必要があります。

インターネットブラウザーからサインイン

  1. [認証方法] で、[インターネットブラウザーからサインイン] を選択します。
  2. 接続 を選択します。
  3. 資格情報を入力してサインインします。

認証情報を入力

  1. [認証方法] で、[認証情報を入力] を選択します。
  2. [クライアント ID] と [テナント ID] を入力します。ワークフローをスケジュールする場合は、[サービスプリンシパルを使用] を選択して、[クライアント ID]、[クライアントシークレット]、[テナント ID] を入力します。
  3. 接続 を選択します。
  4. 資格情報を入力してサインインします。

テーブルと列を選択

  1. テーブル で、データを読み取るテーブルを選択します。
  2. で、読み取る列のみを選択します。フィールドを空白のままにして、すべての列を読み取ることができます。
  3. [オプション] タブの [フィールドを次のツールに即時に伝播] を選択して、ワークフローを実行せずに、すべてのフィールドを接続されたツールに伝播します。

データをフィルタリング

Dataverse 入力フィルタを使用して、読み取るデータを指定します。

  • 保存されたクエリ: 定義済みのクエリを選択します。[最大行数] および [行から開始 (オフセット)] を適用できます。
  • フィルタを定義 – 手動: 論理演算を適用する列を選択します。[最大行数] および [行から開始 (オフセット)] を適用できます。
  • フィルタを定義 – カスタム OData クエリ: テキストフィールドにカスタムクエリを入力します。
このページは役に立ちましたか?

Alteryx 製品のご利用中に何か問題がございましたら、Alteryx コミュニティにアクセスするか、サポートにお問い合わせください。このフォームを送信できない場合E メールでお送りください。