Marketo Output Tool Icon

Marketo出力ツール

バージョン:
2022.1
Last modified: March 31, 2022

Marketo 出力ツールは、Marketo REST API endpoint: Create/Update Leads を呼び出します。構成で選択したアクションに基づいて、Marketoにデータが出力されます。

このツールは、Alteryx では自動的にインストールされません Designer。このツールを使用するには、Alteryx コミュニティからダウンロードします。

ツールの設定

Marketo資格情報

URL: レコード取得元の Marketo REST インスタンス。この情報は Marketo (管理 > 統合 > Web サービス > REST API) にあります。

クライアント ID: API ロールユーザーのクライアント ID。この情報は Marketo (管理 > 統合 > LaunchPoint) にあります。

クライアントシークレット: API ロールユーザーのクライアントシークレット。この情報は Marketo (管理 統合 LaunchPoint) にあります。

Marketo REST APIにアクセスするための Web サービスとユーザーロールの設定に関する詳細な情報は、Marketo REST ドキュメントサイトにあります。

オプション

キーフィールド: このドロップダウンでは、ツールの入力として使用したフィールドのリストが表示されます。Marketo はこのフィールドを使用して重複レコードを探索します。フィールドを指定しない場合、デフォルトで E メールが使用されます。

フィールド「id」がレコードに含まれている場合は、「id」をキーフィールドとして選択する必要があります。

出力アクションを選択します。

  • 作成または更新 (デフォルト): キーフィールドに基づいて、リードが存在しない場合はリードを作成し、リードが存在する場合はリードを更新します。
  • 重複の作成: すでに存在している場合でも、別のリードを作成します。
  • 更新のみ: すでに存在する場合はリードを更新し、存在しない場合は何もしません。
  • 作成のみ: 新しいリードが存在しない場合は作成し、存在しない場合はスキップします。

パーティション名: アクセスされている Marketo インスタンスにパーティションが設定されている場合は、ドロップダウンに表示されます。このフィールドの選択は、書き出されるインスタンスにリードのパーティションが設定されている場合に必要です。利用可能なパーティションがない場合、「Default」が使用されます。

データに関する検討事項

提出されたレコードのサマリーステータスが結果ウィンドウにメッセージとしてリスト化されます。

送信したレコードに基づいて、3つのレコードがスキップされ、2つのレコードが作成されました。

認証失敗などのエラーメッセージが、構成ウィンドウに表示されます。欠落した構成選択などのエラーメッセージは、ワークフローのツール上に表示されます。

このツールは 300 レコード以下のバッチでレコードを送信します。各バッチは、Marketo によって設定された 1 日の制限に対して個別の API 呼び出しとしてカウントされます。毎日の制限については、Marketo REST API のドキュメントを参照してください。REST API に対する要求は、SOAP API の毎日の制限にはカウントされません。

AlterxでMarketoのフィールド構造を維持してから、エラーを回避するためにMarketoに返信してください。Marketoコネクタは、フィールド名が有効である限り、Marketoに出力する前にデータを適切なデータ型に変換します。Marketoでフィールド名が見つからない場合、出力は失敗します。

DateTime Fields

Marketoのすべての日付は、UTCオフセットで保存されます。この形式は、正または負のオフセットを付加したローカル時刻で構成されます。たとえば、Marketo の datetime 値は次のようになります。Marketo に挿入された日付は、UTC 時刻 (Mountain Daylight Time) より 6 時間前のタイムゾーンからのものです。

2012-02-28T14:00:00-06:00

Marketo からデータを読み込む

Alteryx Artisans がこれらの日付時刻値で動作するのを容易にするために、Alteryx は Marketo から読み込んだ datetime 値をマシンのローカル日時値に変換します。これにより、Artisansは現地時間で日付時刻の値を扱うことができます。たとえば、上の日付時刻値は、UTC時間よりも6時間早いと仮定して、Alteryxのワークフローまたはアプリケーションでは次のようになります。

2012/02/28 14:00:00

または、あなたがUTCより4時間だけ早い場合は、次のように返されます。

2012-02-28 16:00:00

Marketo に日付を書き込む

datetime 値が挿入操作または更新操作のいずれかを使用して Marketo に書き戻されると、Alteryx は値を Marketo が予期する形式に戻します。これは、ローカルマシンのUTCオフセットを計算し、それを日付時刻値の末尾に追加することによって行われます。Alteryxは、上記の例に示すように、日付時刻値の日付と時刻の間に 'T' を入れます。

上記の例を使用して、次のように、日付時刻値が-6:00のタイムゾーンから書き込まれた場合:

2012-02-28T14:00:00-06:00

その後、UTCオフセットが-4:00時間のコンピュータからMarketo(未修正)に書き戻されると、Marketoに次のように書き戻されます。

2012-02-28T16:00:00-04:00

両方の時間は同一であり、時刻の同じ瞬間を表します。

このページは役に立ちましたか?

Alteryx 製品のご利用中に何か問題がございましたら、Alteryx コミュニティにアクセスするか、サポートにお問い合わせください。このフォームを送信できない場合E メールでお送りください。