Gray icon with file graphic inside

Micorosoft Azure Data Lake ファイル出力ツール

バージョン:
2022.1
Last modified: March 31, 2022

Azure Data Lake (ADL) ファイル出力ツールを使用して、Alteryx ワークフローから Azure Data Lake (ADL) にあるファイルにデータを書き込みます。サポートされているファイル形式は、CSV 、XLSX 、JSON 、Avro です (付加アクションは CSV 形式でのみサポートされます)。

このツールは、Alteryx Designerでは自動的にインストールされません。このツールを使用するには、Alteryx コミュニティからダウンロードします。

認証方法

Azure Data Lake Store にサインインするには、接続するストレージの種類を指定する必要があります。使用しているストレージの種類がわからない場合は、Azure 管理者に問い合わせるか Microsoft Azure Portal で確認してください。

エンドユーザー (基本) 認証タイプ

この方法は、パブリック Azure クラウドでのみ使用できます。National Cloud またはカスタム URL に接続するには、エンドユーザー (詳細) メソッドを使用します。
組織の Azure テナントでパブリック Alteryx アプリケーションを許可するには、 Azure 管理者の支援が必要です。手順について説明している Microsoft のドキュメントは「テナント全体の管理者の同意を付与するための URL を作成する」にあります。


Tenant: common
ADLS Client ID for the Gen1 Alteryx application: 7fa1a397-27aa-40ad-b47c-a47fa9e600bd
ADLS Client ID for the Gen2 Alteryx application: 2584cace-63ff-47cb-96d2-d153704f4d75


このセットアップ後、通常の Microsoft 資格情報を使用して ADLS データにアクセスできます。
サインインするには、[接続] を選択してから、ADL データにアクセスするための Microsoft 資格情報を入力します。

エンドユーザー (詳細) 認証タイプ

高度なエンドユーザー認証は、シングルテナント認証とマルチテナント認証をサポートし、パブリックアプリケーションとプライベートアプリケーションの両方で使用できます。Azure Portal で資格情報を設定します。

  1. 認証局エンドポイントを選択するか、またはエンドポイント URL (http:// または https:// で始まる) を入力してカスタムエンドポイントを設定します。
  2. テナント (ディレクトリ) ID (Azure Active Directory インスタンスの一意の識別子) を入力します。この識別子は、ADL が属する Azure サブスクリプションを管理します。テナント ID の検索の詳細については、Microsoft Azure のドキュメントの「テナント ID の取得」を参照してください。パブリックアプリケーションの場合は、「common」を使用できます。
  3. クライアント (アプリケーション) ID
  4. プライベートアプリケーションでは、クライアントシークレットは必須です。

    2020.3 より前のバージョンの Designer では、[Redirect URI] フィールドが表示され、事前に入力されます。通常の使用モードでは、これ以上の設定は必要ありません。

     

  5. 接続 を選択します。

サービス間認証タイプのセットアップ

サービス間認証は、サーバーおよびハブでワークフローを発行するのに適しています。資格情報の設定についてはAzure Portal の手順を参照してください。

  1. 認証局エンドポイントを選択するか、またはエンドポイント URL (http:// または https:// で始まる) を入力してカスタムエンドポイントを設定します。
  2. テナント (ディレクトリ) ID(Azure Active Directory インスタンスの一意の識別子) を入力します。この識別子は、ADL が属する Azure サブスクリプションを管理します。テナント ID の検索の詳細については、Microsoft Azure のドキュメントの「テナント ID の取得」を参照してください。
  3. クライアント (アプリケーション) ID
  4. プライベートアプリケーションでは、クライアントシークレットは必須です。
  5. 接続 を選択します。

共有キー認証タイプ

共有キー認証は、Gen2 ストレージでのみ使用できます。Azure ストレージアカウントを使用すると、マイクロソフトは 2 つのアクセスキーを生成します。これらのアクセスキーを使用して、共有キーの承認を介した Azure Data Lake へのアクセスを承認できます。共有キーとその使用方法の詳細については、Azure Portal を参照してください。

  1. [ストレージエンドポイント] を選択します。またはカスタムストレージエンドポイントに入力してカスタムエンドポイントを設定します
  2. ストレージアカウント名 (ストレージに付けられた一意の名前) を入力します。
  3. ストレージアカウントキー (アクセスを許可するアクセスキー) を入力します。
  4. 接続 を選択します。

ツール設定

[データ] タブでは、使用するデータを指定できます。

  1. ストレージアカウント名を指定します。このストレージは、認証ページで選択したものと同じタイプ (Gen1、Gen2) である必要があります。
  2. Gen2 ストレージの場合は、ファイルシステム名を選択します。
  3. Gen2 のストレージとファイルシステムを選択したら、書き込むファイルのパスを設定できます。パスは[ファイルパス] フィールドに直接入力するか、ファイルブラウザーを使用して指定できます。また、同じメカニズムを使用して新しいファイルを作成できます。
  4. Excel ファイルの場合、シート名はファイルブラウザーの下にある [シート] フィールドで指定できます。空の場合、最初のシートが自動で選択されます。新しいファイルの場合、シートにはデフォルト名「Sheet」が付けられます。

[オプション] タブでは、出力オプションを設定できます (次のオプションは、使用する拡張機能に固有です)。

  • ファイル形式 (サポートされているファイル形式は CSV、XLSX、JSON、Avro です)
  • コードページ: 出力文字エンコーディング
  • 既存のファイルアクション (付加アクションは CSV 形式でのみサポートされます)
  • バッファサイズ: 指定できる値は 1 ~ 256 MB です。推奨値は 16 MB です。
このページは役に立ちましたか?

Alteryx 製品のご利用中に何か問題がございましたら、Alteryx コミュニティにアクセスするか、サポートにお問い合わせください。このフォームを送信できない場合E メールでお送りください。