Oracle

バージョン:
2022.1
Last modified: August 11, 2021
Type of Support

読み込みと書き込み (インデータベース)

Validated On

データベースバージョン: 12c および 19c
ODBC クライアントバージョン: 1.4.10.1010

接続に使用する Alteryx ツール

標準的なワークフロー処理

インデータベースのワークフロー処理

Link
Blue icon with database being plugged in.

接続In-DBツール

Link
Blue icon with a stream-like object flowing into a database.

データストリーム入力ツール

  • バージョン 10.02.00.01 64 ビット OLEDB プロバイダに固定小数点の問題がありました。Alteryxでは、11g以上のドライバーを使用することを推奨しています。
  • Oracle Connectionは、Oracle Call Interface(OCI)ライブラリを使用してOracleデータベースに接続します。このライブラリは、データベースにインストールされたクライアントソフトウェアの一部です。
  • Oracle OLEDBは、[インデータベース]ツールではサポートされていません。ODBCまたはOCIを使用します。

ストアドプロシージャ

Alteryx は、Oracle ストアドプロシージャの複数行、複数の SQL ステートメントをサポートしています。ストアドプロシージャの実行時には、Alteryxエンジンは使用されません。実行は、データベースサーバー上で完全に行われます。

接続のストアドプロシージャにアクセスするには:

ストアドプロシージャにアクセスします。

  1. 入力、出力、コマンド実行ツールのいずれかを Alteryx Designer キャンバスにドラッグします。
  2. ファイルまたはデータベースを接続 を選択し、Oracle データベース接続を選択します。
  3. データ入力設定ウィンドウで、SQL ステートメントの前処理 または SQL ステートメントの後処理 を選択します。SQL エディタ タブには、1 つ以上のステートメントを入力できます。また、ストアドプロシージャのリストから選択することもできます
  4. SQL ステートメントの前処理 ウィンドウ、SQL ステートメントの後処理 ウィンドウ、ストアドプロシージャ タブでパラメーターやデータ型を表示し、OCl、ODBC、OLEDB 接続の各ストアドプロシージャのパラメーターの値を入力します。目的のストアドプロシージャを選択し、OK をクリックします。
    • ストアドプロシージャを選択すると、フィールドの内容が上書きされます。Oracle 接続のストアドプロシージャには、テーブルまたはクエリファイル形式オプション メニューからアクセスできません。
    • IN パラメーターを持つストアドプロシージャのみが表示されます。
    • Oracle データ型は、接続が OLI、ODBC、OLEDB のいずれであるかによって、Alteryx へのマッピング方法が異なる場合があります。
    • 文字列パラメーターは、入力された値を一重引用符で囲む必要があります。
    • Oracle でストアドプロシージャを呼び出すための SQL 構文は、CALL "sproc_name" (optional parameter1, optional parameter2, ...) の形式にする必要があります。
    • 入力で使用されている場合、値はデータベース内の値を表す必要があります。
    • SQL エディタ タブと、ストアドプロシージャ タブのどちらを既定で開くかを選択できます。[SQL エディタ] タブにテキストがない場合、既定のタブは ストアドプロシージャ になります。

サポートされていないデータ型

次のデータタイプはサポートされていないため、[ストアドプロシージャパラメーター値] フィールドに入力できません。

  • バイナリタイプ: RAW、LONG RAW、BLOB

ストアドプロシージャにサポートされていないデータ型が含まれている場合は、次の操作を行います。

  • Designer はデータ型を unsupported に設定します。
  • データグリッドの [値] 列が読み取り専用になり、[OK] ボタンが無効になります。これは、ストアドプロシージャを実行できないことを示します。

制限

データベースバージョン: 10g および 11g
  • テーブルの最大列: 1,000
  • 列名の最大長: 30 文字
  • 最大行サイズ: 4 ギガバイト (LOB サイズを除く)
  • 可変長の文字列は、空ではなく NULL を返す場合があります。
ODBC (クライアントバージョン: 10.02.00.03 (Vista)、10.02.00.01 (32 ビットおよび 64 ビット)、11.01.00.06 (32 ビットおよび 64 ビット))、11.01.00.06 (32 ビットおよび 64 ビット)
  • すべてのバージョン - INT64は固定数値として転送されます。 SQL_C_BIGINTはサポートされていません。
  • Double は BINARY_DOUBLE として転送されます
  • Float は BINARY_FLOAT として転送されます
OLEDB (クライアントバージョン: 10.02.00.03 (Vista)、10.02.00.01 (32 ビットおよび 64 ビット)、11.01.00.06 (32 ビットおよび 64 ビット))
  • 10.02.00.01 64ビット - 固定小数点の問題
  • Double は BINARY_DOUBLE として転送されます
  • Float は BINARY_FLOAT として転送されます
Oracle Call Interface (クライアントバージョン: 10.02.00.03 (Vista)、10.02.00.01 (32 ビットおよび 64 ビット)、11.01.00.06 (32 ビットおよび 64 ビット))
  • Int64はDoubleとして転送されます。
  • BoolはString(1)として転送され、
  • として転送されます
  • Double は BINARY_DOUBLE として転送されます
  • Float は BINARY_FLOAT として転送されます
Spatial data retrieval supported only with the OCI Driver.

Retrieval of Spatial data is unavailable using the ODBC and OleDB driver. To use spatial data with Oracle database, connect using the OCI driver.

既知の問題

  • ODBC 接続を使用する単一のワークフローには、同じドライバを使用する OleDB 接続または OCI 接続を含めることはできません。
  • Unicode®でエンコードされたデータを使用して Oracle データベースに接続する場合、[入力データツール設定] ウィンドウの [SQL WChar サポートを強制する] を選択します。文字列は、SQL_WCHAR、SQL_WVARCHAR、またはSQL_WLONGVARCHARとして扱われます。
このページは役に立ちましたか?

Alteryx 製品のご利用中に何か問題がございましたら、Alteryx コミュニティにアクセスするか、サポートにお問い合わせください。このフォームを送信できない場合E メールでお送りください。