SharepointFiles

SharePoint ファイル入力ツール

バージョン:
2022.1
Last modified: May 04, 2022

SharePoint ファイル入力ツールを使用して、CSV、XLSX、YXDB ファイルと SharePoint サイトのリストからデータを読み取ります。

SharePoint ファイル入力バージョン 2.0.1 には、スタンドアロンのデータコネクタであった読み取り機能も含まれています。SharePoint ファイルデータコネクタの機能を完全に維持するために、Designer との互換性に注意してください。

SharePoint にサインイン

認証には OAuth 方式が使用されるため、[インターネットブラウザーからサインイン] を選択して既定の Alteryx アプリケーションを使用するか、[クライアント ID とシークレット、テナント ID を使用して URL に接続] を選択して自身の API アプリケーションを提供できます。独自の API アプリケーションを作成する方法については、「カスタム API アプリケーションのセットアップ」セクションを参照してください。

デフォルトの Alteryx アプリケーション (インターネットブラウザーからサインイン) を使用して、最大 6 か月のワークフローをスケジュールできます。ただし、[クライアント ID、クライアントシークレット、テナント ID を使用して URL に接続] を選択した後で [サービスプリンシパルとして使用 (アプリのみの認証)] を選択した場合は、会社のポリシーに従ってトークンの有効期限を設定でき、スケジュールされたワークフローは単一のユーザーに関連付けられません。これは、たとえば、ユーザーが退職してアカウントが無効になった場合にワークフローが実行されないようにする場合に便利です。

SharePoint ファイル入力バージョン 2.0.1 では、サービスプリンシパルとして使用せずにクライアント ID およびシークレット、テナント ID を使用して接続する場合でも、クライアントシークレットが必要です。管理者に連絡して、シークレット ID ではなくシークレット値を要求してください。

使用可能な認証方法は、ファイルとリストの両方で同じですが、SharePoint バージョンでは異なります。また、リストを読むには、サイトレベルで SharePoint URL を入力する必要があります。

  • SharePoint 365
    • インターネットブラウザーからサインイン
    • クライアント ID とシークレット、テナント ID を入力
  • SharePoint 2013 および 2016 (オンプレミス)
    • ユーザー名、パスワード、URL を入力
    • Windows アカウントで URL に接続

SharePoint ファイル

ファイルを選択する

  1. サイトを選択します。
  2. ドキュメントライブラリを選択します。
  3. ツリービューでファイルを選択するか、ファイルパスを入力します。

SharePoint サイトの [リンクのコピー] ボタンを使用して、ファイルのパスを [ファイルパス] に挿入することもできます (Ctrl + VEnter を押します)。

ツールの設定

ファイル形式は、ファイルを選択すると自動的に検出されます。

XLSX
  • [データ範囲] オプションでは、データを含むシートを指定します。オプションには、すべてのシートシート名シート番号名前付き範囲シート名のリストのみをインポートがあります。
  • [最初の行にはフィールド名が含まれます] ボックスをオンにして、データの最初の行を列見出しとして設定します。
  • [ライン上でデータを開始] を使用して、インポートを開始する行を選択します。
  • [コードページ] を選択して、データのエンコーディングを決定します。
  • ワークフローを実行せずに、接続されたツールへのすべてのフィールドのドライランを有効にすることを選択します。
  • [メタデータの添付] を使用して、入力のすべての行に添付するメタデータを選択します。
CSV
  • [最大フィールド長] を使用して各フィールドの最大長を設定し、文字列の切り取りを制御できます。これにより、文字列のカットオフを制御できます。
  • [フィールド区切り文字] を使用して、フィールド間のフィールド区切り文字を選択します。オプションはカンマセミコロンタブパイプ、スペースカスタム区切り文字です。
  • [最初の行にはフィールド名が含まれます] ボックスをオンにして、データの最初の行を列見出しとして設定します。
  • [ライン上でデータを開始] を使用して、インポートを開始する行を選択します。
  • [引用符文字] を使用して、引用符の形式を選択します。オプションは、なし単一引用符二重引用符カスタムです。
  • [コードページ] を選択して、データのエンコーディングを決定します。
  • ワークフローを実行せずに、接続されたツールへのすべてのフィールドのドライランを有効にすることを選択します。
  • [メタデータの添付] を使用して、入力のすべての行に添付するメタデータを選択します。
YXDB
  • ワークフローを実行せずに、接続されたツールへのすべてのフィールドのドライランを有効にすることを選択します。
  • [メタデータの添付] を使用して、入力のすべての行に添付するメタデータを選択します。

SharePoint リスト

データを選択

  1. リストを選択します。
  2. 必要に応じてビューを選択します。

ツールの設定

  • リンクされた項目の値を抽出: リンクされた項目の値を自動的に抽出するには、このボックスをチェックします。
  • レコード制限: 読み取るレコードの数を入力します。
  • フィールドを次のツールに即時に伝播: このボックスをオンにすると、ワークフローを実行せずに、すべてのフィールドを接続されたツールに伝播します。
このページは役に立ちましたか?

Alteryx 製品のご利用中に何か問題がございましたら、Alteryx コミュニティにアクセスするか、サポートにお問い合わせください。このフォームを送信できない場合E メールでお送りください。