SharePoint List Input Tool Icon

SharePointリスト入力ツール

バージョン:
2022.1
Last modified: March 31, 2022

SharePoint ファイル入力バージョン 2.0.1 以降、SharePoint リスト入力はスタンドアロンツールとして廃止され、SharePoint ファイル入力にリスト読み取り機能が含まれました。

シェアポイントリスト入力ツールは、シェアポイントからリストを読み込んで、ワークフローのデータ入力として使用します。

DateTime データと SharePoint

SharePoint では、すべての日時値が UTC として保存されます。システムの日時値を UTC との間で正しく変換するには、次の手順に従います。

  • SharePoint に書き込む場合は、DateTimeToUTC() 関数を使用して、システムのタイムゾーンを UTC に変換します。
  • SharePoint から読み込む場合は、DateTimeToLocal() 関数を使用して UTC からシステムのタイムゾーンに変換します。

それ以外の場合は、別の日時関数を使用して計算を実行します。詳細については、「関数」を参照してください。

ツール設定

  1. シェアポイントバージョンを選択します。
  2. 完全なシェアポイントのURLを入力するか、ドロップダウンをクリックして保存されたURLを選択します。
    • http://sharepoint.mydomain.com/mydepartment/

      Alterx Serverから実行するようにワークフローをスケジュールするときは、Windowsアカウントの外部でURLにアクセスできる必要があります。たとえば、WebDAV パスはサポートされていません。参照: ワークフローのスケジュール

  3. 認証資格認定書を入力します。
    • 2007年、2010年、2013年、2016年
      • [ユーザー名] と [パスワード] を入力します。ユーザー名にはドメイン名を含める必要があります。
    • オンライン/オフィス 365
      • [Eメールアドレス] と [パスワード] を入力します。
    • アプリのみの認証
      • [クライアント ID] と [秘密鍵] を入力します。
  4. オプションで [接続を保存する] を選択し、ワークフローを実行するときに接続 URL と資格認定書を保存します。最大10の接続を保存できます。
  5. リストを選択します。コンテンツは指定したURLに固有です。URLにディレクトリが含まれている場合、そのディレクトリのリストのみが表示されます。
  6. ビューを選択します。使用可能な表示は、選択したリストによって決まります。

    「試行された操作は、管理者によって強制されたリスト表示のしきい値を超えているため禁止されています」はシェアポイントエラーです。SharePoint リストビューから並べ替えやフィルターを削除し、フィルター処理されていない並べ替えられていないデータを Designer で処理します。

  7. [更新] ボタンではキャッシュされたデータを消去して、使用可能なリストと表示を更新します。F5キーを押してワークフローをリフレッシュすると、リストと表示がリフレッシュされます。
  8. オプションで、[レコード制限] を指定します。すべてのレコードを読み込むには、このフィールドを空白のままにしておきます。
このページは役に立ちましたか?

Alteryx 製品のご利用中に何か問題がございましたら、Alteryx コミュニティにアクセスするか、サポートにお問い合わせください。このフォームを送信できない場合E メールでお送りください。