テーブルスタイルのルール

バージョン:
2022.1
Last modified: May 27, 2022

レポートでテーブルを使用するときは、他のデータとの違いを目立たせるためにデータにスタイルを適用すると便利です。ルールは、行レベルまたは列レベルで適用できます。これらのルールは、各ルールに設定された条件に応じて、テーブルツールに適用された全般的なテーブル設定か、既定のテーブル設定のいずれかよりも優先されます。

テーブルスタイルを使用してカラーをカスタマイズする場合は、を参照してください。

スタイリングルールエディターへのアクセス

ルールには 2 種類あり、それぞれのルールタイプに制御ボタンがあります。

列ルール

列ルールは、テーブルの個々のフィールドに適用されます。列ルールを適用すると、そのルールが適用されるフィールドが設定ウィンドウに太字で表示されます。列ルールは、テーブルツールの [設定] ウィンドウにある [列単位の設定] セクションで利用できます。列ルールを適用するには:

  1. ルールを適用するフィールド名を選択します。
  2. [作成 / 編集] ボタンをクリックして、ルールのパラメーターを設定します。

行ルール

行ルールはテーブル内のデータの行全体に適用されます (Total の行を強調表示するなど)。行ルールは [設定] ウィンドウの下部から利用できます。行ルールを適用するには、[行ルールの作成/編集] ボタンを選択して、ルールのパラメーターを設定します。

テーブルにルールを適用する場合、ボタンは次の 2 つのいずれかとして表示されます。

  • 行ルールを作成: まだルールが適用されていない場合、ボタンは [行ルールを作成] として表示されます。このボタンを選択すると、テーブルに適用する新しいルールを作成できるようになります。
  • 行ルールを編集: ルールがすでに存在する場合、ボタンは [行ルールを編集] として表示されます。このボタンを選択すると、ルールエディターが表示され、既存のルールを編集して新しいルールを作成できます。

スタイリングルールエディターの構成

ルール名

列ごとまたは行ごとに現在適用されているルールは、エディターの上部セクションに表示されます。既存のルールを編集するには、編集するルールを強調表示します。オプションには以下が含まれます。

  • 新規: 新しいルールを作成します。
  • 削除: 選択したツールを削除します。
  • 上/下矢印: 選択したルールの順序を入れ替えます。
  • ルール名: ルールの内容がより詳しくわかる名前を入力します。
  • ルール条件: ルール条件を適用するモードを 3 つのモードから 1 つ選択します。選択肢には、次のものが含まれます。
    • 常に: すべての条件で常にルールを適用します。このモードを列ルールに適用すると、ルールの適用先を選択できます。[データのみ][ヘッダーのみ]、または [ヘッダーおよびデータ] を選択します。
    • 条件が満たされた場合: 指定した条件が満たされた場合のみルールを適用します。ドロップダウンを使用して条件を指定します。この条件は通常、複雑な式を必要としない単純なものです。
    • 式条件が満たされた場合: 指定した条件が満たされた場合のみルールを適用します。[...] ボタンを選択すると式エディターが表示され、より詳細な条件を作成できるようになります。この条件は、通常、2 つ以上の変数を比較します。

行ルールを指定する場合、追加のチェックボックスが表示され、そのルールを既存の列ルールよりも優先するかどうかを指定できます。ルール階層については後述します。

スタイル

[スタイル] セクションでは、上で指定した条件を満たす場合にデータに適用されるスタイルオプションを設定します。オプションには以下が含まれます。

  • フォント: 条件が満たされたときにフォントタイプを変更します。マシンにインストールされているすべてのフォントが表示されます。ドロップダウンを使用してフォントタイプを選択します。ボールドや斜体のスタイルを適用するには、それぞれのボタンを選択します。
  • フォントサイズ: 条件が満たされたときにフォントサイズを変更します。上/下の制御を使用して、フォントサイズを増減します。
  • 行端揃え: 条件が満たされたときにデータにセルを埋め込む位置を変更します。選択肢は、、または中央です。
  • テキストの色: 条件が満たされたときにテキストの色を変更します。[...] を選択すると、カラーピッカーが表示されます。
  • 背景色: 条件が満たされると、セルの背景色を変更します。[...] を選択すると、カラーピッカーが表示されます。
  • 置換テキスト: 条件が満たされると、入力した値にテキストが置き換わります。
  • フォーミュラ: 以下の フォーミュラスタイル セクションを参照してください。

フォーミュラスタイル

これは高度なオプションです。基本スタイルが十分に優先されていない場合、CSS スタイルのテキストを作成するフォーミュラ式を記述することで、独自のスタイルを作成し、そのスタイルを優先させることができます。この式は、適用される各セルごとに別個に計算され、非常に強力です。このオプションを使用するには、CSS スタイルの十分な理解と PCXML および Composer に対するある程度の知識が必要です。

フォーミュラ式内で使用するいくつかの共通PCXMLプロパティ:

  • background-color: 表のセルまたは行の背景色。
  • decimal-places: 数値で小数点以下に表示する桁数。
  • postfix: 値の直後に配置するテキスト。
  • prefix: 値に先行するテキスト。
  • background-image: 背景となる画像を設定します。
  • color: オブジェクトの前景色。
  • border: 要素の周りの境界線を定義します。
  • padding: 要素の境界線と要素の内容の間のスペース。
  • font-weight: テキストの太さや細い文字の表示方法を設定します。
  • font-style: フォントのスタイルを設定します。
  • text-align: 要素内のテキストを揃えます。
  • white-space: 要素内の空白の処理方法を指定します。「normal」(空白が折りたたまれている場合)、「pre」(HTML の「PRE」要素のような動作)、「nowrap」(BR 要素を介してのみラッピングが行われる) から選択できます。
  • text-decoration: オーバーライン、アンダーライン、ラインスルー、なし、点滅などのテキストの装飾。

ルール階層

ルールを効果的に使用するには、どのルールが最初に適用され、どのルールが他のルールよりも優先されるかを理解する必要があります。2 つのルールが異なるスタイル (例えば、1 つはフォントを変更し、もう 1 つはフォントサイズを変更する) を変更する予定の場合、どのルールを最初に実行しても問題ありません。しかし、2 つのルールが同じスタイルを変更しようとする場合、1 つのルールしか適用されません。ルールは次の順序に従って実行されます (後のルールの方がその前のルールよりも優先されます)。

  • 既定のテーブル設定は最も低い優先順位になります。
  • 列単位の構成
  • 基本 (フォーミュラ式ではない) スタイルのみを持つ行ルール
  • 基本スタイルのみを持つ列ルール
  • 基本スタイルのみを持ち、[無効にする] チェックボックスがオンになっている行ルール
  • フォーミュラ式スタイルを持つ行ルール
  • フォーミュラ式スタイルを持つ列ルール
  • フォーミュラ式スタイルを持ち、[無効にする] チェックボックスがオンになっている行ルール

これを言い換えると以下のようになります。

  • フォーミュラ式スタイルは常にフォーミュラ式でない (基本) スタイルよりも優先されます。
  • 行ルールに明示的に [列ルールを無効にする] チェックボックスにチェックマークが入っていない限り、通常、列ルールが行ルールよりも優先されます。
  • ルールは、列ごとおよびデフォルトのテーブル設定よりも優先されます。
  • 特定のタイプ (行または列、基本、または式) の複数のルールは、ルールエディターに列挙されている順に実行されます。
このページは役に立ちましたか?

Alteryx 製品のご利用中に何か問題がございましたら、Alteryx コミュニティにアクセスするか、サポートにお問い合わせください。このフォームを送信できない場合E メールでお送りください。