Adobe Analytics Tool Icon

Adobe Analytics ツール

バージョン:
2022.3
Last modified: March 31, 2022

Adobe Analyticsツールは、(アクセス可能な)Adobe Analyticsレポートスイートを認証し、Adobe AnalyticsレポーティングAPIバージョン1.4を使用して複数のパラメータに基づいてアドホックレポートを生成します。

ギャラリーツール

このツールは、Alteryx Designerでは自動的にインストールされません。このツールを使用するには、Alteryx コミュニティからダウンロードします。

ログイン用に Adobe .IO を設定する

Adobe Analytics ツールを設定する前に、API を使用してレポートデータにアクセスするための Adobe .IO 設定が適切に設定されている必要があります。

ユーザーログイン

この方法をアドホックワークフローに使用します。Adobe Analytics資格情報を使用してサインインします。資格情報は、24 時間ごと、またはツールの新しいインスタンスを追加するたびに再入力する必要があります。ユーザー認証には、アドビ管理者によって許可されたプロジェクトアクセス権が必要です。

ユーザー認証には、 Console.adobe.io 内で OAuth 統合を作成する必要があります。

  • Adobe Analytics API を使用して新しいプロジェクトを作成した後、認証タイプとして OAuth を選択します。
    認証タイプとして OAuth を選択する
  • アプリケーションが作成されると、Adobe Analytics Tool 内のユーザーログインに使用する クライアント IDクライアントシークレットが提供されます。

JWT (サービスアカウント) ログイン

スケジュールされたワークフローでは、またはAlteryx Galleryにワークフローを追加する際は、この方法を使用します。JWT サービス資格情報を使用してサインインします。ワークフローを実行するために資格情報を再入力する必要はありません。

JWT 認証では Console.Adobe.io 内で JWT 統合を作成する必要があります。

  • Adobe Analytics API を使用して新しいプロジェクトを作成した後、認証タイプとしてサービスアカウント (JWT) を選択します。
    認証タイプとしてサービスアカウント (JWT) を選択する
  • アプリケーションを作成すると、アドビはアプリケーションID (クライアントID)アプリケーションシークレット (クライアントシークレット)組織 IDテクニカルアカウント ID を提供します。
    公開鍵と秘密鍵のペアを指定するか、アドビにペアを生成させる必要もあります。これは、Adobe Analytics ツールでの認証に使用されます。 
    詳細な情報については、資格情報を参照してください。

ツール設定

  1. 構成ウィンドウで、サインイン方法を選択します。
    1. ユーザーログイン: Adobe 統合からクライアント IDクライアントシークレットを入力し、[接続]を選択します。その後、ブラウザーに Adobe.io の資格情報を入力するように求められます。
    2. JWT (サービスアカウント) ログイン: アプリケーション ID (クライアント ID)アプリケーションシークレット (クライアントシークレット)組織 IDテクニカルアカウント ID秘密鍵を入力します。接続 を選択します。

      秘密鍵に「-----BEGIN PRIVATE KEY-----」タグと「-----END PRIVATE KEY-----」タグが含まれることを確認します。

  2. レポートスイートを選択し、[次へ] をクリックします。
  3. 日付範囲と粒度を選択し、[次へ] をクリックします。
    1. 開始日と終了日を設定するには、事前設定範囲(例えば、今日、前月、YTD)またはカスタムを選択します。
    2. 粒度は、レポートの詳細を決定する時間単位であり、オプションです。
  4. 少なくとも 1 つのメトリックと最大 5 つのメトリックを選択し、[レポートの検証] を選択します 。有効なメトリックの組み合わせのみを使用できます。次へ を選択します。
  5. (オプション) 最大 3 つの要素を選択し、[レポートの検証] を選択します。使用できるのは、要素と分類の有効な組み合わせのみです。次へ を選択します。
    1. 一次要素は、選択したメトリックを分解します。後続の要素は前の要素を分解します。つまり、二次要素は一次要素を分解し、三次要素は一次要素と二次要素の両方を分解します。
    2. すべてのレポートスイートがすべての要素を備えているわけではありません。
    3. 有効な要素とメトリックの組み合わせを参照してください。
    4. 詳細オプション
      1. 分類: 要素の結果を、選択した分類に該当するものだけに制限します。
      2. 記録の制限: 返されるレポートの行数を 1~50000 に設定します。
      3. 開始レコード: 返されるレポートの最初の行を設定します。
  6. (オプション) 最大 5 つのセグメントを選択し、[レポートの検証] をクリックします。セグメントの有効な組み合わせのみを使用できます。完了を選択します。
  7. 設定の概要画面で選択内容を確認します。

出力を表示

  • R アンカー: クエリの結果は解析され、テーブルとしてフォーマットされます。
  • A アンカー: API レスポンス、生のレポート JSON、レポートの説明、およびクエリのレポート ID。

サポートされるレポートタイプ

  • Overtime: 日付の粒度の有無に関わらず、選択された要素はない。
  • Ranked: 日付の粒度なしで、1 つ以上の要素が選択されている。
  • Trended: 日付の粒度付きで、1 つ以上の要素が選択されている。

アドビのリソース

このページは役に立ちましたか?

Alteryx 製品のご利用中に何か問題がございましたら、Alteryx コミュニティにアクセスするか、サポートにお問い合わせください。このフォームを送信できない場合E メールでお送りください。