[テーブルの選択またはクエリを指定] ウィンドウ

バージョン:
2022.3
Last modified: January 31, 2023

複数のテーブルを含む入力を選択すると、[テーブルの選択またはクエリを指定] ウィンドウが表示されます。テーブルを選択してクエリを構成し、リレーショナルデータベースからデータを取り出します。

Alteryx Designer は、複雑な SQL クエリの作成にサードパーティーコンポーネントである Active Query Builder を使用します。詳細については、「ユーザーガイド」.を参照してください。

[テーブルの選択またはクエリを指定] には、次の 4 つのタブがあります。

テーブル

このタブには、指定したリレーショナルデータベースに含まれるすべてのテーブルとビューが表示されます。

  • キャッシュされたテーブルのリストを更新するには、[更新] を選択します。
  • テーブルを選択するには、リスト内のテーブルまたはビューを選択し、[OK] を選択してテーブルを開きます。別のタブを選択して、現在のテーブルまたはビューから直接クエリを作成することもできます。

このタブを完全にバイパスして後続のタブに進み、複数のテーブルまたはビューを使用するクエリを作成することもできます。

Designer バージョン 22.1 以降では、ワークフロー内の既存の入力ツールが初めて開かれたときに、入力ツールのテーブルキャッシュが更新されます。

ビジュアルクエリビルダ

ビジュアルクエリビルダは、テーブルビューが開かれている場合にのみ、データベースからテーブルをキャッシュして読み込みます。[ビジュアルクエリビルダ] タブは、テーブルに対するクエリと、テーブル間のデータ関係の作成のための 3 つのセクションで構成されています。

ビジュアルクエリビルダは、Hive、Impala、または Apache Spark の大きなデータベースクラスタでは読み込みに時間がかかる場合があります。これらのデータベースに接続するときのパフォーマンスを向上させるには、[テーブル] タブまたは [SQL エディタ] タブを使用します。

メイン

このセクションには、選択したテーブルまたはビューがテーブルリストから表示され、そのデータフィールドも表示されます。フィールドを選択すると、グリッドが自動的に設定されます。

  • オブジェクトを結合するには、[メイン] セクションに表示されている各オブジェクトのフィールド間で接続矢印をドラッグします。
  • [メイン] セクションからテーブルビューを削除するには、そのテーブルの [X] ボタンを選択します。

グリッド

グリッドは、[メイン] セクションでの設定に基づいて自動的に設定されます。ドロップダウンリストを展開すると、すべてのテーブルのすべてのフィールドから選択することができます。

  • [出力] ではフィールド出力を決定します。チェックボックスを選択して、フィールドとそれに対応する基準を出力します。
  • [] には、既定では [メイン] セクションで選択した内容が表示されます。ドロップダウンリストを展開すると、すべてのテーブルのすべてのフィールドから選択することができます。省略記号 (...) ボタンを使用すると、フィールドリストが更新またはアップデートされます。
  • [Aggregate] は、合計、平均、最小、最大など、指定されたデータフィールドの集計関数を表示します。
  • [Alias] には、元のフィールド名に別名を割り当てるためのユーザー指定の文字列を設定できます。
  • [Sort Type] には、実行するソートのタイプとして、[none] (空白など)、[Ascending]、[Descending]が表示されます。
  • [並び替え方法] には、グリッド内の式の数が表示され、これによりソートの順序が決まります。
  • [Grouping] はグループ化プロセスを実行するかどうかを決定します。このチェックボックスをオンにすると、グループ化が行われます。
  • [Grouping] チェックボックスをオンにすると、[Criteria for Grouping] が表示されます。[値の場合] または [グループの場合] のいずれかを選択します。
  • [Criteria] には、基準要素をクエリに割り当てるユーザー指定の文字列を設定します。省略記号(...) ボタンは、フィールドの更新を行います。
  • [Or] . .クエリの「OR」句を設定するユーザー指定の文字列を設定します。

テーブルリスト

テーブルリストには、リレーショナルデータベースを構成するすべてのテーブルおよびビューが表示されます。テーブルを選択するには、リストに表示されている名前をダブルクリックするか、テーブル名を [メイン] セクションにドラッグします。

ストアドプロシージャ

このタブを選択すると、ストアドプロシージャにアクセスします。

ストアドプロシージャを実行するときは、Alteryx エンジンを使用しません。実行はすべてデータベースサーバー上で行われます。

ストアドプロシージャは、Microsoft SQL Server、Oracle、SAP Hana でのみサポートされています。標準入力ツールを使用してストアドプロシージャにアクセスします。

このタブには、次の 2 つのペインがあります。

  • 左側のペインには、選択したデータベースのすべてのストアドプロシージャが表示されます。左ペインでストアドプロシージャを選択すると、そのパラメータが右ペインのグリッドに表示されます。
  • 右ペインには、ストアドプロシージャのパラメータのグリッドが表示されます。以下に注意してください。
    • 返される値を入力する必要があります。
    • 入力で使用されている場合、値はデータベース内の値を表す必要があります。
    • 動的入力ツールを介して更新するために使用されている場合、ストアドプロシージャ更新モードで簡単に置き換えることができるように、値はユニークである必要があります。

SQL エディター

SQLエディタは、構造化クエリ言語のビジュアルクエリビルダタブからクエリを表示します。SQL エディタは、ビジュアルクエリビルダタブのクエリ言語を SQL 相当の構文に変換します。同様に、SQL エディタを変更すると、ビジュアルクエリビルダのクエリコンポーネントが自動的に変更されます。

あるいは、ビジュアルクエリビルダをバイパスして、このボックスに独自のクエリを入力することもできます。このボックスに含まれている要素を追加または省略して、所望のクエリを実行することもできます。

このページは役に立ちましたか?

Alteryx 製品のご利用中に何か問題がございましたら、Alteryx コミュニティにアクセスするか、サポートにお問い合わせください。このフォームを送信できない場合E メールでお送りください。