定数

バージョン:
2022.3
Last modified: September 16, 2020

定数は、ワークフロー設定ウィンドウのワークフロータブで定義されているワークフローのグローバル変数です。単一の場所で値を変更し、その変更をワークフローの残りの部分に適用できるようにする変数。

定数には3つのタイプがあります:

  1. Engine: 5 つの Engine 定数がすべてのワークフローに表示され、ワークフローの種類がバッチマクロ、反復マクロ、またはロケーションオプティマイザマクロの場合は、IterationNumber という追加の定数を表示します。
    • TempFilePath: Engine が一時ファイルを書き込むディレクトリ。
    • Version: マシンにインストールされている Alteryx Engine のバージョン番号。
    • WorkflowDirectory: 現在のワークフローのディレクトリ。ワークフローが開いていない場合、その値はAlteryxインストールディレクトリになります。
    • WorkflowFileName: ワークフローが保存されている場合にのみ使用可能なワークフローのファイル名。
    • GuiInteraction: ワークフローが GUI から実行されているかどうかを示すブール値です。ワークフローがAlteryx Designerまたは分析アプリインターフェイスから実行されると、返される値はTrueまたは1になります。コマンドラインからワークフローを実行すると、返される値はfalseまたは0になります。
    • IterationNumber: マクロが実行された回数に一致する整数で、0 から始まります。
  2. Question: ワークフロータイプが分析アプリまたはマクロの場合、インターフェース ツールの多くは Question 定数として表示されます。定数の名前は質問ツールの名前に対応します。参照: インターフェースツール
  3. User: User 定数は、ワークフロー設定ウィンドウを使用して作成および編集できます。

ユーザー定数を追加する

  1. 追加ボタンをクリックします。
  2. 名前を入力します。
  3. 値が数値の場合は、#チェック ボックスをクリックします。デフォルトでは、定数は文字列です。

定数を削除する

  1. 定数をハイライト表示します。
  2. 削除ボタンをクリックします。

定数を使用

式で定数を使う

エンジンとユーザー定数は、式エディタを使用する任意のツールで式を作成するために使用できる変数として表示されます。定数のデータ型は、ワークフロー構成ウィンドウの[ワークフロー]タブで、定数が数値または文字列として指定されているかどうかに基づいています。問題定数は式エディタに表示されません。参照: 式エディター

参照ショートカットを介して定数を使用する

参照ショートカットを使用して、ツールの構成で任意の定数を使用できます。定数変数を指定するには、名前の先頭と末尾に % (パーセント記号) を追加します。%ConstantTypeConstantName%

次に、式エディタまたはテキストボックスで参照ショートカットを使用できます。また定数は、質問ツールを使用して更新するか、ワークフロー構成ウィンドウのワークフロータブで修正できます。

この方法を使用するときは、必ずしも予期した結果が得られるとは限らないことに注意してください。

このページは役に立ちましたか?

Alteryx 製品のご利用中に何か問題がございましたら、Alteryx コミュニティにアクセスするか、サポートにお問い合わせください。このフォームを送信できない場合E メールでお送りください。