DCM - Designer

バージョン:
2022.3
Last modified: November 29, 2022

データ接続マネージャー (DCM) は、データベースとクラウドの相互運用可能な接続 (データソースにリンクされた資格情報) のための一元的なストレージで、Alteryx 製品間のワークフロー接続管理とコラボレーションを促進します。DCM を使用して、ツールとワークフロー間で接続と資格情報を入力および使用します。

DCM を使用すると、データソース、認証情報、接続を管理できます。

  • データソースオブジェクトは、データベース、クラウドサービスなどを表します。

  • 資格情報オブジェクトは、ユーザー名とパスワードの組み合わせと OAuth トークンを表します。 

  • 接続オブジェクトは、データソースを資格情報に結合し、ワークフローの 1 つ以上のツールで使用されます。

サポートされているコネクターとツール」を参照してください。

データ接続マネージャーの設定

管理者は、[オプション] - [詳細オプション] - [システム設定] -[DCM] で、[Enable DCM for your Organization]を選択できます。これにより、DCM が有効になり、選択したマシンまたは組織上のすべてのユーザーに対して選択した DCM モードが設定されます。

管理者設定 

また、[ユーザーによるオーバーライドを許可] オプションもあり、このオプションでは、DCM の有効化または無効化、DCM モードの変更、SDK のアクセスモードの選択の権限をユーザーに付与します。 

資格情報の処理と保存について設定する際に、次に示すオプションを使用できます。 

  • DCM オプション – 接続 (パスワードを含む) は既定でワークフローに保存されます。DCM に接続を保存して管理することを選択できます。  

  • 既定で DCM – 接続 (パスワードを含む) は既定で DCM に保存され管理されます。ワークフロー内に保存を選択できます。  

  • DCM のみ – ワークフローに接続を設定することはできません。DCM に保存された接続を選択することのみ可能です。パスワードが埋め込まれたワークフローは実行されます。 

  • DCM 強制 – パスワードが埋め込まれたワークフローは動作しません。

SDK ツールのサポートを目的として、次の管理オプションが用意されています。 

  • [拒否] – SDK ツールはサポートされておらず、資格情報 UI に [SDK (Server) ツールの資格情報を許可] チェックボックスは表示されません。 

  • [許可] - SDK ツールがサポートされ、UI には [SDK (Server) ツールの資格情報を許可] チェックボックスが表示され、各資格情報を手動で選択できます。 

  • [すべて許可] – SDK ツールがサポートされ、[SDK (Server) ツールの資格情報を許可] チェックボックスが UI に表示されて、すべての資格情報が事前にチェックされています。 

ユーザー設定 

管理者が許可している場合は、ユーザーには、組織に設定された DCM システム設定を上書きする、DCM の有効化または無効化、DCM モードの変更、ユーザー設定>DCMSDK アクセスモード を選択するアクセス権があります。 

資格情報の処理と保存について設定する際に、次に示すオプションを使用できます。 

  • DCM オプション – 接続 (パスワードを含む) は既定でワークフローに保存されます。DCM に接続を保存して管理することを選択できます。  

  • 既定で DCM – 接続 (パスワードを含む) は既定で DCM に保存され管理されます。ワークフロー内に保存を選択できます。  

  • DCM のみ – ワークフローに接続を設定することはできません。DCM に保存された接続を選択することのみ可能です。パスワードが埋め込まれたワークフローは実行されます。 

  • DCM 強制 – パスワードが埋め込まれたワークフローは動作しません。

SDK ツールのサポートを目的として、次の管理オプションが用意されています。 

  • [拒否] – SDK ツールはサポートされておらず、資格情報 UI に [SDK (Server) ツールの資格情報を許可] チェックボックスは表示されません。 

  • [許可] - SDK ツールがサポートされ、UI には [SDK (Server) ツールの資格情報を許可] チェックボックスが表示され、各資格情報を手動で選択できます。 

  • [すべて許可] – SDK ツールがサポートされ、[SDK (Server) ツールの資格情報を許可] チェックボックスが UI に表示されて、すべての資格情報が事前にチェックされています。 

接続マネージャー

接続マネージャーでデータソースを認証するデータソースと資格情報を制御できます。[ファイル] > [接続を管理] に移動します。

データソースを管理

接続マネージャーでデータソースを追加するには、次の手順に従います。

  1. データソース に移動します。
  2. [+ 追加] を選択します。
  3. ドロップダウンから [テクノロジー] を選択します。
  4. 接続するテクノロジーに必要な情報を入力します。
  5. [保存] を選択します。

データソースと資格情報を組み合わせて接続を作成できます。[データソース] > [接続] セクションで、接続用に関連付けられている資格情報のリストを確認したり、新しい資格情報を関連付けたりできます。

  1. [+ 資格情報の接続] を選択します。
  2. 認証方法 を選択します。
  3. 資格情報を入力します。
  4. オプションで、[SDK への接続を許可] を選択できます。
  5. [作成とリンク] ボタンを選択します。

資格情報を管理

接続マネージャーで資格情報を追加するには、[資格情報] セクションに移動します。以下のオプションを使用できます。

  • 資格情報の追加: [+ 資格情報の追加] を選択します。[資格情報名] を入力します。方法を選択します。選択した方法に必要な情報 (クライアント ID、シークレットキー、ユーザー名、パスワードなど) を入力します。保存 を選択します。
  • 資格情報の表示: リストから、表示する資格情報を選択します。
  • 資格情報の編集: 接続マネージャーで資格情報を編集するには、リストから編集する資格情報を選択します。[編集] を選択します。保存 を選択します。
  • 資格情報の削除: 接続マネージャーで削除する資格情報を選択します。ゴミ箱 アイコンを選択します。[削除] を選択します。

Connection に接続するには、ツールをキャンバスに配置し、[接続を設定] を選択します。[接続マネージャー] ウィンドウで、Connection を選択し、[接続] ボタンを選択してリンクされた資格情報を使用します。

資格情報の同期

DCM.E を使用すると、Alteryx 製品スイート間で資格情報を同期できます。

Designer と Server 間で資格情報を同期する

  1. [ファイル] > [接続を管理] を順に選択して、接続マネージャーを開きます。
  2. [同期] を選択します。
  3. 新しい Server 接続の場合:
    1. [+ Gallery の追加] を選択します。
    2. Server インスタンスの URL を入力し、[接続] を選択します。
    3. E メールパスワード を入力し、サインイン を選択します。
  4. 同期する Server インスタンスを選択します。
  5. [同期] を選択します。
  6. Done (完了) を選択します。

同期する資格情報を追加する

  1. [ファイル] > [接続を管理] を順に選択して、接続マネージャーを開きます。
  2. [資格情報] に移動します。
  3. [+ 資格情報の追加] を選択します。
  4. 資格情報の詳細を入力します。
  5. 保存 を選択します。
  6. Designer と Server 間で資格情報を同期する」セクションの手順 2 ~ 5 を実行します。

同期する資格情報を編集する

  1. [ファイル] > [接続を管理] を順に選択して、接続マネージャーを開きます。
  2. [資格情報] に移動します。
  3. 更新する資格情報を選択します。
  4. [編集] を選択します。
  5. 資格情報の詳細を更新します。
  6. 保存 を選択します。
  7. Designer と Server 間で資格情報を同期する」セクションの手順 2 ~ 5 を実行します。

同期する資格情報を削除する

  1. [ファイル] > [接続を管理] を順に選択して、接続マネージャーを開きます。
  2. [資格情報] に移動します。
  3. 削除する資格情報を選択します。
  4. ゴミ箱 アイコンを選択します。
  5. [削除] を選択して確定します。
  6. Designer と Server 間で資格情報を同期する」セクションの手順 2 ~ 5 を実行します。

ワークフローを DCM 資格情報と同期する

  1. ワークフロー」の記事に従って、ワークフローのアップロードまたはダウンロードを実行します。
  2. Designer と Server 間で資格情報を同期する」セクションの手順 2 ~ 5 を実行します。

バックアップと復元

DCM ストレージをバックアップし、バックアップファイルから復元できます。

この機能は、Designer ライセンスに基づいています。アクティブなライセンスと同じライセンスで作成されたバックアップのみをリストアできます。バックアップと復元は、試用版または複数のライセンスがアクティブな状態では機能しません。

バックアップ

  • [ファイル] > [接続を管理] を順に選択して、接続マネージャーを開きます。
  • [バックアップ] を選択します。
  • バックアップファイルのパスワードを入力します。
  • [バックアップ] を選択します。
  • バックアップファイルの場所と、オプションで名前を選択します。
  • 保存 を選択します。

復元

  • [ファイル] > [接続を管理] を順に選択して、接続マネージャーを開きます。
  • [復元] を選択します。
  • バックアップファイルのパスワードを入力します。
  • [復元] を選択します。

Server と Designer 間での DCM の同期 

Server と Designer 間で DCM を同期するには、次の手順に従います。 

  1. [Designer] > [ファイル] > [接続を管理] を順に選択して、接続マネージャーを開きます。次に、メニューで [同期] を選択します。  
  2. 同期する Server をリストから選択します。 
  3. [同期] を選択します。

Server と Designer の間で DCM を同期すると、所有している資格情報とアクセス権を持つすべてのデータソースが表示され、接続マネージャーで使用できるようになります。 

サポートされているコネクターとツール

以下は、DCM でサポートされているツールとコネクターです。

ツール/コネクター

テクノロジー (該当する場合)

21.4 で使用可能

入力/出力データ

Oracle

ODBC

ある

 

クイック接続

ある

 

OCI

ある

 

OleDB

不要

 

バルクロード

ある

MSSQL

クイック接続

ある

 

ODBC

ある

 

OleDB

不要

 

バルクロード

ある

HDFS

 

ある

Amazon Athena

ODBC

ある

 

バルクロード

ある

Amazon Aurora

ODBC

ある

Amazon Redshift

ODBC

ある

 

バルクロード

ある

Amazon Redshift Spectrum

ODBC

ある

 

バルクロード

ある

Cassandra

ODBC

ある

Databricks

ODBC

ある

EXASOL

ODBC

ある

Hive

ODBC

ある

IBM DB2

ODBC

ある

 

OleDB

不要

IBM Netezza

ODBC

ある

Impala

ODBC

ある

Microsoft Analytics Platform System

ODBC

ある

 

バルクロード

ある

 

OleDB

不要

Microsoft Azure SQL Data Warehouse

ODBC

ある

 

バルクロード

ある

 

OleDB

不要

Microsoft Azure SQL Database

ODBC

ある

 

バルクロード

ある

MySQL

ODBC

ある

NetSuite

ODBC

ある

Pivotal Greenplum

ODBC

ある

PostgreSQL

ODBC

ある

 

バルクロード

ある

SAP Hana

ODBC

ある

Snowflake

ODBC

ある

 

バルクロード

ある

  OAuth ある

Spark

ODBC

ある

Teradata

ODBC

ある

 

OleDB

不要

 

バルクロード

ある

Teradata Aster

ODBC

ある

 

OleDB

不要

Vertica

ODBC

ある

ギャラリーツール

Adobe Analytics

 

ない

Anaplan   ない
Automation Anywhere 360   ない
Box   ない
Dataverse   ない
Dropbox   ない

Google Analytics

 

ない

Google BigQuery

 

ない

Google ドライブ   ない

Google スプレッドシート

 

ない

Marketo

 

ない

Microsoft Azure Data Lake Store

 

ない

Microsoft Cognitive Services

 

ない

Microsoft Dynamics CRM

 

ない

Microsoft OneDrive

 

ない

Outlook 365   ない
Power BI   ある

Salesforce

 

ない

SharePoint   ある
Tableau出力   ない
UiPath   ない

ビルトインツール

SharePoint リスト入力/出力

 

ある

MongoDB 入力/出力

 

ある

Amazon S3 のダウンロード/アップロード

 

ある

動的入力

 

ある

ダウンロードツール

 

ある

Eメールツール

 

ある

マクロサポート

 

ある

Machine Learning に送信

 

ある

Machine Learning 予測

 

ある

In-DB

Amazon Redshift

 

ある

MongoDB 入力/出力

 

ない

Apache Spark Direct

 

ある

Apache Spark ODBC

 

ある

Apache Spark on Databricks

 

ある

Apache Spark on Microsoft Azure HDInsight

 

ある

Databricks

 

ある

EXASOL

 

ある

汎用ODBC   ある

Greenplum

 

ある

Hive

 

ある

IBM Netezza

 

ある

Impala

 

ある

MS Analytics Platform System

 

ある

MS Azure SQL DWH

 

ある

MS Azure SQL DB

 

ある

MS SQL Server   ある

MySQL

 

ある

Oracle

 

ある

PostgreSQL   ある

SAP Hana

 

ある

Snowflake

 

ある

Teradata

 

ある

Vertica

 

ある

このページは役に立ちましたか?

Alteryx 製品のご利用中に何か問題がございましたら、Alteryx コミュニティにアクセスするか、サポートにお問い合わせください。このフォームを送信できない場合E メールでお送りください。