単層ファイルレイアウト

バージョン:
2022.3
Last modified: September 24, 2021

[フラット ファイル レイアウト]ボックスを使用すると、列の幅が固定されているフラット ファイルの列区切りを決定できます。このボックスは、不明なファイルタイプが入力データツールを介して Alteryx に取り込まれ、固定幅ファイルとして指定されたときに表示されます。

データプレビュー

このボックスの上部には、データファイルのプレビューが表示されます。上部に沿ったルーラーは、列が壊れる場所をユーザーが視覚化できるように、フィールドの長さを示します。

  • 列ブレークを割り当てるには、ブレークする位置にカーソルを置きます。Alteryx は適切なフィールド長を自動的に決定し、グリッド セクションはそれらの区切りに基づいて設定されます。
  • 改行線をクリックして削除します。
  • ファイルプレビューの下にあるスクロールバーを使用して、ファイル内の追加データを表示し、適切な列ブレークを割り当てます。

ファイル設定

データプレビューの下に、いくつかのチェックボックスがあります。その設定について説明します。

  • [短い行を許可]:すべてのフィールドが読み取られるようになってからレコードを終了できるかどうかを示します。これは、行末のデータに対してのみ有効です。デフォルトでは、このボックスはチェックされていません。
  • [長い行を許可]:現在のレコードの最後のフィールドの後に余分な文字が存在するかどうかを示します。この余分なデータは破棄されます。デフォルトでは、このボックスはチェックされていません。
  • トリムスペース: フィールド データから空白文字を削除します。デフォルトでは、このボックスはチェックされています。
  • レコードの長さ: これは、ファイル内で最も長いレコードの合計文字幅です。
  • EOL: 行の終わり。これは、使用される行端のタイプを指します。デフォルトはcrlfです。オプションには、なし、crlf (Windows)、lf (Unix)、cr (Mac) が含まれます。

列 (フィールド) 設定

ファイル設定の下に、ユーザーが割り当てているフィールド情報を説明するセクションがあります。これらの設定は完全に編集可能で、以下で説明します。

  • 名前: フィールドの名前。デフォルトはField_1または次の連続した番号です。ユーザーは、既定の名前を選択してボックスに入力することで、独自のフィールド名を割り当てることができます。
  • タイプ: データ フィールドの型。デフォルトはV_Stringです。データフィールドを変更するには、デフォルトをクリックします。サポートされているフィールドタイプのドロップダウンリストが表示されます。
  • 長さ: データ フィールドの幅。デフォルトは、上のプレビューセクションのユーザーのカーソル配置によって手動で設定されるものです。この値を変更するには、デフォルトをクリックし、フィールドの長さで適切な値を入力します。列ブレークは自動的に上のプレビューペインに反映されます。
  • スケール: スケール フィールドは、固定小数点以下の小数点以下の精度のレベルを参照します。デフォルトは0です。この値を変更するには、ユーザーがタイプを固定小数点数に変更し、デフォルト値をクリックして新しい値を入力することで長さとスケールを調整する必要があります。

ファイル処理オプション

次のセクションでは、これらの構成をどのように処理、保存、実行するかを指定することができます。これらの設定は以下で説明します。

  • ワークフローにフィールド設定を埋め込む : フィールド設定はワークフローと共に保存されます。
  • ファイルからフィールド設定を使用する: ユーザーはフラット ASCII ファイル (*.flat) を開いて、データのフィールド設定で読み取ることができます。

インポート/エクスポートオプション

ダイアログボックスの左下隅には、インポートとエクスポートのボタンがあります。ボタンは、上記のファイル処理オプションと組み合わせて使用できます。

  • 読み込み:ワークフローでフィールド設定を埋め込む場合、このボタンはアクティブです。インポートボタンをクリックすると、データに適用するフィールド設定を含むフラットASCIIファイル(*.フラット)を参照できるようになります。これらの設定はワークフローに保存されます。
  • エクスポート: ユーザーは、フィールド設定をフラット ASCII ファイル (*.flat) に保存して、同じレイアウトに従う別のファイルまたは別のワークフローで使用する同じファイルに再度適用できます。このオプションは、上記のいずれかのラジオボタンが選択されている場合に使用できます。

ユーザーがこのボックスを構成した後、入力ツールの[構成プロパティ]ウィンドウからいつでもこれらの設定に戻ることができます。[オプション] ウィンドウで、#5: ファイル/フィールド レイアウト - 値を持ちます。 をクリックしてフラット ファイル フィールドの設定に戻します。

このページは役に立ちましたか?

Alteryx 製品のご利用中に何か問題がございましたら、Alteryx コミュニティにアクセスするか、サポートにお問い合わせください。このフォームを送信できない場合E メールでお送りください。