Marketo Input Tool Icon

Marketo入力ツール

バージョン:
2022.3
Last modified: March 31, 2022

Marketo入力ツールは、特定のパラメータに基づいてMarketoレコードを読み込みます。Marketoインスタンスで開始するデータがない場合、またはMarketoインスタンスからサンプリングするデータがない場合は、Marketo入力ツールを使用してください。Marketoからの追加データに結合させたいデータがある場合は、Marketo付加ツールが適切なオプションです。

このツールは自動的にインストールされません。Designer。このツールを使用するには、Alteryx コミュニティからダウンロードします。

ツール設定

Marketo資格情報

URL: レコードの取得元となる Marketo REST インスタンス。この情報は Marketo (管理 > 統合 > Web サービス > REST API) にあります。

クライアント ID: API ロールユーザーのクライアント ID。この情報は Marketo (管理 > 統合 > LaunchPoint) にあります。

クライアントシークレット: API ロールユーザーのクライアントシークレット。この情報は Marketo (管理 > 統合 > LaunchPoint) にあります。

Marketo REST API にアクセスするための Web サービスとユーザーロールの設定に関する詳細な情報は、Marketo REST のドキュメントサイトにあります。

オプション

2つのタイプのMarketoレコードを取得できます:

  1. LeadRecords: これらはリードのレコードであり、リードごとに 1 つのレコードがあります。
  2. Lead Activity Records: これらのレコードは、各リードのアクティビティを追跡します。各リードレコードには潜在的に多くのリードアクティビティレコードがあります。

レコードのタイプの選択に基づいて、さまざまなオプションが利用可能で、その選択に基づいて、構成がオプションであるものと必要であるものに対してパラメータが利用可能になります。下の表は、選択した構成に基づいて必要なパラメータを示しています。

レコードタイプ オプションタイプ リスト アクティビティタイプ(1-10) 出力フィールド 開始日時
リードレコード アクティビティタイプによる オプション 必須 オプション 必須
リードレコード リストIDによる 必須 N/A オプション N/A
リードレコード リードの変更による オプション N/A N/A 必須
リードアクティビティ アクティビティタイプによる N/A 必須 N/A 必須
リードアクティビティ リードの変更による N/A N/A N/A 必須

パラメーター

リスト: 構成で指定された Marketo インスタンスのすべての静的リストがここにリスト化されています (スマートリストは現在 API 経由で利用できません)。リクエスト当たり 1 つのリスト選択のみが許可されます。

アクティビティタイプ: Marketo で利用可能なすべてのアクティビティタイプがここにリスト化されています。リクエスト当たり最大 10 個のアクティビティタイプが選択できます。

出力フィールド: Marketo インスタンスで利用可能なすべてのフィールドがリスト化されます。選択しない場合は、デフォルトのフィールドリスト (E メール、リード ID、名、姓、更新日時、作成日時) が返されます。

開始日時: レコードの取得を開始するデータベースの開始点を指定します。

データに関する検討事項

認証失敗などのエラーメッセージが、構成ウィンドウに表示されます。欠落した構成選択などのエラーメッセージは、ワークフローのツール上に表示されます。

このツールは 300 レコード以下のバッチでレコードを送信します。各バッチは、Marketo によって設定された 1 日の制限に対して個別の API 呼び出しとしてカウントされます。

Marketo REST APIはアカウントを1日当たり10,000リクエストに制限し、REST APIへのリクエストはSOAP APIの日々の制限に対してカウントされません。

AlterxでMarketoのフィールド構造を維持してから、エラーを回避するためにMarketoに返信してください。Marketoコネクタは、フィールド名が有効である限り、Marketoに出力する前にデータを適切なデータ型に変換します。Marketoでフィールド名が見つからない場合、出力は失敗します。

DateTimeFields

Marketoのすべての日付は、UTCオフセットで保存されます。この形式は、正または負のオフセットを付加したローカル時刻で構成されます。たとえば、Marketo の datetime 値は次のようになります。Marketo に挿入された日付は、UTC 時刻 (Mountain Daylight Time) より 6 時間前のタイムゾーンからのものです。

2012-02-28T14:00:00-06:00

Marketo からデータを読み込む

Alteryx Artisansがこれらの日付時刻値で動作するのを容易にするために、AlteryxはMarketoから読み込んだ日付時刻値をマシンのローカル日時値に変換します。これにより、Artisansは現地時間で日付時刻の値を扱うことができます。たとえば、上の日付時刻値は、UTC時間よりも6時間早いと仮定して、Alteryxのワークフローまたはアプリケーションでは次のようになります。

2012/02/28 14:00:00

または、あなたがUTCより4時間だけ早い場合は、次のように返されます。

2012-02-28 16:00:00

Marketo に日付を書き込む

日付時刻値が挿入操作または更新操作のいずれかを使用してMarketoに書き戻されると、Alteryxは値をMarketoが予期する形式に戻します。これは、ローカルマシンのUTCオフセットを計算し、それを日付時刻値の末尾に追加することによって行われます。Alteryxは、上記の例に示すように、日付時刻値の日付と時刻の間に 'T' を入れます。

上記の例を使用して、次のように、日付時刻値が-6:00のタイムゾーンから書き込まれた場合:

2012-02-28T14:00:00-06:00

その後、UTCオフセットが-4:00時間のコンピュータからMarketo(未修正)に書き戻されると、Marketoに次のように書き戻されます。

2012-02-28T16:00:00-04:00

両方の時間は同一であり、時刻の同じ瞬間を表します。

このページは役に立ちましたか?

Alteryx 製品のご利用中に何か問題がございましたら、Alteryx コミュニティにアクセスするか、サポートにお問い合わせください。このフォームを送信できない場合E メールでお送りください。