Beaker with liquid and stir-stick.

複数フィールドフォーミュラツール

バージョン:
2022.3
Last modified: May 17, 2022

ツールごとに学習

複数フィールドフォーミュラには、「ツールごとに学習」が用意されています。サンプルワークフロー を参照して、Alteryx Designer でこのサンプルやその他の多くのサンプルに直接アクセスする方法を確認してください。

複数フィールドフォーミュラは、1 つの式を使用して複数のフィールドを作成または更新します。

ツールコンポーネント

Thumbnail

複数フィールドフォーミュラツールには 2 つ* のアンカーがあります。

  • 入力アンカー: 入力アンカーを使用して、更新するデータに接続します。
  • 出力アンカー: 出力アンカーは変換されたデータを出力します。

*このツールには式エディターが含まれているため、アプリまたはマクロワークフローでツールを使用すると、追加の入力アンカーが表示されます。インターフェースツールを使用して質問アンカーに接続します。

ツールの設定

  1. 設定 ウィンドウのフィールドを選択 でデータ型を選択します。以下の中から選択します。
    • 数値
    • テキスト
    • SpatialObj
    • Bool
    • 日付/時刻
    • Time
    • すべてのタイプ
  2. フォーミュラを適用するフィールド (列) を選択します。指定したデータ型のフィールドのみが表示されます。フィールドを個別に選択するか、すべて または クリア を使用します。
  3. 出力フィールドをコピーして追加 を選択し、接頭辞 または 接尾辞 を選択してデータの新しい列を作成します。元の列のデータを更新するには、選択を解除します。
  4. 出力データ型を以下に変更列内の値のデータ型を変更します。出力データ型を手動で更新するには、サイズ (データ型のサイズ) を使用します。
  5. 式エディターに直接テキストを入力するか、変数または関数をダブルクリックして式エディターに追加して、式を作成します。詳細については、式エディターを参照してください。
    • _CurrentField_ : 関数で選択されているフィールドを使用します。
    • _CurrentFieldName_ : 関数で選択されているフィールドの名前を使用します。
    • _CurrentFieldType_ : 関数で選択されているフィールドのデータ型を使用します。

このツールには式エディターが含まれているため、アプリまたはマクロワークフローでツールを使用すると、追加の入力アンカーが表示されます。インターフェースツールを使用して質問アンカーに接続します。

このページは役に立ちましたか?

Alteryx 製品のご利用中に何か問題がございましたら、Alteryx コミュニティにアクセスするか、サポートにお問い合わせください。このフォームを送信できない場合E メールでお送りください。