Liquid drops falling into a beaker.

複数行フォーミュラツール

バージョン:
2022.3
Last modified: January 12, 2023

ツールごとに学習

複数行フォーミュラには、「ツールごとに学習」が用意されています。サンプルワークフロー を参照して、このサンプルを含むさまざまなサンプルを Alteryx Designer で直接利用する方法をご確認ください。

複数行フォーミュラを使用して、フォーミュラツール の概念をさらに一歩進めます。このツールを使用すると、行データをフォーミュラ作成の過程で使用できます。また、複雑なデータの解析や、集計、平均、パーセンテージなどの数学的計算の実行に役立ちます。

複数行フォーミュラツールは、ツールインスタンスごとに 1 つのフィールドのみを更新できます。複数のフィールドを更新する場合は、更新する各フィールドに複数行フォーミュラツールを追加する必要があります。

ツールの設定

ツールの [設定] ウィンドウを使用して、次の設定をカスタマイズします。 

  1. 既存のフィールドを更新する または 新しいフィールドを作成する を選択します。新しいフィールドを作成する場合は、名前を入力し、[データ型] と [サイズ] を選択します。
  2. 式エディタのように表示される行の変数を設定するには、[行番号] を使用します。1 に設定すると、次の変数が表示されます。
    • 行-1 : アクティブな行の前行。
    • 行 + 0 : これはアクティブな行です。アクティブな行は、結果が格納される行です。
    • 行 + 1 : アクティブな行の後行。
  3. アクティブな行が最初の行である場合は、[存在しない行の値] フィールドを指定する必要があります。
    • Null: Null 値が存在しない行に適用されます。
    • 0 または空: 値は 0 に設定されるか空のままになります (デフォルト)。
    • 最も近い有効な行の値に設定: 最も近い有効な行の値が、存在しない行に設定されます。
  4. グループ化 (オプション): フィールドを個別に選択するか、[すべて] または [クリア] ボタンを使用します。
  5. 選択したフィールドを更新する式を作成します。詳細については、式エディタ を参照してください。

このツールには式エディターが含まれているため、アプリまたはマクロワークフローでツールを使用すると、追加の入力アンカーが表示されます。インターフェースツールを使用して質問アンカーに接続します。

このページは役に立ちましたか?

Alteryx 製品のご利用中に何か問題がございましたら、Alteryx コミュニティにアクセスするか、サポートにお問い合わせください。このフォームを送信できない場合E メールでお送りください。