Snowflake OAuth 認証

バージョン:
2022.3
Last modified: July 21, 2022

入力ツールを使用して Snowflake OAuth 認証を設定するには、以下の手順に従います。

必要条件

Snowflake OAuth 認証を設定する際の必要条件は以下のとおりです。

  • 認証方式 オプションが OAuth に設定されている準備済みの有効な DSN。

  • Snowflake 管理者が設定した OAuth 認証局の URL、ポート、クライアント ID、クライアントシークレット。

認証の設定

Designer で、入力ツールをキャンバスに配置します。

  1. [データ接続マネージャー (DCM) の使用] チェックボックスをオンにします。

  2. [接続を設定します] を選択します。

  3. [データ接続] ウィンドウの [データソース] に移動し、[Snowflake ODBC] を選択します。

  4. [接続マネージャー] ウィンドウが開きます。[+ データソースの追加] を選択します。

  5. データソース名 を入力し、準備しておいた Snowflake OAuth DSN を選択します。

  6. 保存 を選択します。

  7. 資格情報をリンクするには [+ 資格情報の接続] を選択します。

  8. 認証方式 として OAuth を選択します。

  9. OAuth アプリケーション の場合は、[新しい資格情報の作成] を選択し、必要な情報を入力します (Snowflake 管理者から OAuth 認証局の URL、ポート、クライアント ID、クライアントシークレットを教えてもらう必要があります)。

  10. [OAuth トークン][新しい資格情報の作成] を選択します。

  11. [資格情報名] を入力し、[作成とリンク] を選択します。

  12. [接続] ボタンを選択し、Snowflake 管理者用の外部ブラウザウィンドウでサインインします。

 

このページは役に立ちましたか?

Alteryx 製品のご利用中に何か問題がございましたら、Alteryx コミュニティにアクセスするか、サポートにお問い合わせください。このフォームを送信できない場合E メールでお送りください。