Tree Tool

ツリーツール

バージョン:
2022.3
Last modified: September 25, 2020

ツリーを使用して、アプリまたはマクロに階層構造を整理して表示します。 ユーザーが行った選択は、値としてダウンストリームツールに渡されます。 ツリーから返される値は、新しい改行文字(\ n)で区切られます。  

このツールには、データセットの割り当てのリストを受け入れることができるオプションの入力コネクタ Qがあります。 詳細については、以下の「ツリーデータソースの割り当て」を参照してください。

ツール設定

  1. 表示するテキストまたは質問を入力してください: Tree コントロールの使用方法を定義するアプリ ユーザーに表示されるテキスト。
  2. ツリー データ ソース: 階層がプルされる場所。 構成オプションは [プロパティ] にあります。
  3. 単一選択: オンにすると、アプリユーザーはツリー値を 1 つしか選択できません。
  4. ツリー ウィンドウの高さ (行): ユーザーに一度に表示する行数を設定します。 より多くのオプションを使用できる場合は、スクロールスライダが表示されます。
  5. [ツリー選択の制限]: [ フィルタ オプション] ウィンドウにアクセスし、使用可能なツリー全体を表示します。 アプリユーザーに表示するツリー要素を選択します。
    • すべての子オプションを含めるには、親要素を選択します。
    • このオプションを [ツリーの割り当て] で使用するには、[ 特定のデータセットを使用する] を選択します。 表示するツリーの親レベルを設定します。
      • 表示する親レベルを自動的に決定する: 選択したツリーの最上位レベルが表示されます。 親のすべての子の値が選択されると、親が表示されます。
      • ツリーのすべての親レベルを表示: 選択したツリーのすべての親レベルが表示されます。
  6. プロパティ: 選択したツリー データソースによって値が変わります。 詳細については、関連するデータソースを選択してください。

Allocate地理情報

アプリユーザーに表示される割り当て地域の一覧を構成します。

表示されるデータセットを選択します。

  • データセットの割り当てリストからデータセットを取得: 選択のために、アプリケーションコンシューマーのマシンにインストールされているすべてのデータセットを表示します。
  • 特定のデータセットを使用: 指定したデータセットのみを表示します。 アプリコンシューマーは、「地理を割り当て」を選択するためにデータセットを指定する必要があります。

値の保存方法を選択します。

  • 値を XML として保存: 値は XML 形式で返され、XML の更新アクションを使用して更新する必要があります。
  • [ワークスペースの割り当てスニペットとして値を保存]: 値はワークスペースの割り当てスニペットとして返され、有効なアクションを通じて更新する必要があります。

使用可能なデータセットのユーザー割り当てのドロップダウン リストを表示するには、 ドロップダウン ツール を Tree ツールの入力コネクタ Qに接続し、[ リスト値] を [データセットの割り当て] に設定します。

Allocate変数

アプリユーザーに表示される割り当て変数の一覧を構成します。

表示されるデータセットを選択します。

  • データセットの割り当てリストからデータセットを取得: 選択のために、アプリケーションコンシューマーのマシンにインストールされているすべてのデータセットを表示します。
  • 特定のデータセットを使用: 指定したデータセットのみを表示します。 アプリコンシューマーは、「地理を割り当て」を選択するためにデータセットを指定する必要があります。

値の保存方法を選択します。

  • 値を XML として保存: 値は XML 形式で返され、XML の更新アクションを使用して更新する必要があります。
  • [ワークスペースの割り当てスニペットとして値を保存]: 値はワークスペースの割り当てスニペットとして返され、有効なアクションを通じて更新する必要があります。

使用可能なデータセットのユーザー割り当てのドロップダウン リストを表示するには、 ドロップダウン ツール を Tree ツールの入力コネクタ Q に接続し、[ リスト値] を [データセットの割り当て] に設定します。

フィールド名を表示: ツリー要素はフィールド名を表示します。

ファイルシステムディレクトリ

アプリユーザーに表示されるシステムディレクトリのファイルの一覧を構成します。 このコントロールはファイルを返します。 ディレクトリは選択できません。 空のディレクトリは表示されません。

  1. ルートパス: ディレクトリを参照します。
  2. ワイルドカード: ファイルの表示を制限するようにワイルドカードを設定します。

*.yxdb は、指定されたルート パスで見つかったすべての .yxdb ファイルを表示します。

カスタムXML

アプリ ユーザーに表示される .xml ファイルからオプションのカスタム リストを構成します。

カスタム XML パス: .xml ファイルを参照します。 .xml ファイルを移動する場合は、パスを更新する必要があります。

xml
<AlteryxTree>
 
	<!-- Parent name is Crops -->
	<v n="Crops" k="01">
 
		<!-- The displayed child name is "Wheat" -->
		<v n="Wheat" k="0111">
		</v>
 
		<!-- The returned value is "0112" -->
		<v n="Rice" k="0112">
		</v>
 
		<!-- This child is not selectable and displays a red X -->
		<v n="Corn" k="0115" l="F">
		</v>
 
		<!-- This child is not selectable and displays a grey X -->
		<v n="Soybeans" x="0116">
		</v>
	</v>
</AlteryxTree>

v: 要素。 必須。

n: 表示される名前。 必須。

k: 要素の値。 ノードが選択可能な場合は必須です。

l: "F" に設定すると、要素が赤い X で選択できなくなります。

k または l 以外の値の代入は 、グレーの X で選択を無効に します。

値は、新しい行で区切られて返されます。

カスタムファイル/データベース

アプリユーザーに表示されるカスタムファイルまたはデータベースからリストを構成します。

ファイル/データベースパス/接続: データベースファイルを参照します。 既知のすべてのファイルタイプがサポートされています。 データベースファイルを移動する場合は、パスを更新する必要があります。

キー フィールド: データベースの [キー] フィールドを選択します。 キーフィールドはレコードごとにユニークでなければなりません。 階層は「キー」フィールドの値に基づいて確立されます。

[説明フィールド] : データベースの [説明] フィールドを選択します。 説明は、アプリユーザーの要素名として表示されます。

カスタム ファイルの書式設定

次のファイル形式は、[国] > [都道府県] > [市区町村] のツリー構造を作成します。 キーには、各レベルに2桁の数字があり、順番に積み重ねられ、各オプションの増分が増加します。 新しい分岐ごとに値がリセットされます。

レコード番号 キー 説明
1 01 米国
2 0101 コロラド州
3 010101 Boulder
4 01010101 ルイビル
5 01010102 優れた
6 01010103 Boulder
7 01010104 ガンバレル
8 0102 カリフォルニア州
9 010201 オレンジ カウンティ
10 01020101 Irvine
11 01020102 Anahiem
12 01020103 ビューナパーク
このページは役に立ちましたか?

Alteryx 製品のご利用中に何か問題がございましたら、Alteryx コミュニティにアクセスするか、サポートにお問い合わせください。このフォームを送信できない場合E メールでお送りください。