Beaker with bubbling liquid

フォーミュラツール

バージョン:
2023.1
Last modified: May 17, 2023

ツールごとに学習

フォーミュラツールには「ツールごとに学習」があります。サンプルワークフロー を参照して、このサンプルを含むさまざまなサンプルを Alteryx Designer で直接利用する方法をご確認ください。

フォーミュラツールは、式を使用して新しい列を作成し、列を更新します。また、1 つ以上の式を使用してさまざまな計算と演算を実行します。式の作成に使用する関数の一覧については、関数を参照してください。

フォーミュラツールを使用すると、以下のことが行なえます。

  • 条件ステートメントの適用
  • 数値と文字列の変換
  • 日付の書式設定
  • ファイルパスの抽出
  • ファイナンスアルゴリズムまたは数学的計算の適用
  • 最小値と最大値の検索
  • 空間データの分析
  • 文字列データのクレンジング
  • データに対して検証テストの実行

ツールの設定

[設定] ウィンドウでは、複数の式を作成できます。Alteryxは、[設定]ウィンドウに表示される順序(作成された順序とは限らない)で、各式に式ID番号を割り当てます。例えば、1 番目の式の ID が 1、2 番目の式の ID が 2 というようになります。

式を並べ替えた場合、その式のIDは一緒に並べ替えられないことに注意してください。例えば、3つの式があり、3番目の式を一番上に移動させた場合、それまではそのIDが3であったのに対し、現在は1になっています。

これらの ID は、エラーメッセージで式 ID が参照されているため、式の文書化やトラブルシューティングに役立ちます。 

Image showing the Formula tool configuration window with multiple expressions. The expression IDs are highlighted.

 

式の作成

式を作成するには、まず出力列を指定します。出力列には、式の結果が表示されます。既存の列を上書きするか、新しい列を作成できます。[出力列] ドロップダウンを選択して既存の列を選択するか、[列を追加] を選択して新しい列の名前を指定します。

新しい列を追加するには、次の手順に従います。

  1. + 列を追加 を選択して、新しい列名を入力します。
    • データ型: 必要に応じて、データ型を選択します。

      FixedDecimal 値の場合、フォーミュラツールによって Double への暗黙の型変換が行われます。

    • サイズ: 選択すると、固定小数点型、文字列型、日付/時刻型、時刻型数、または空間オブジェクトデータ型のサイズまたは幅を変更できます。
  2. 式エディターを選択して、式を作成します。ワークフローが実行されると、[データプレビュー] ボックスには、適用された式を含む指定された列のデータの最初の行が表示されます。

式を作成するには、次のいずれかの方法を使用します。

  • 式エディターにテキストを直接入力します。
  • Ctrl キーを押しながら Space キー を押すと、すべての関数の一覧が表示されます。
  • 単語またはフレーズを入力して、一致する関数の一覧を表示します。
  • 「[ (左ブラケット)」を入力すると、式で使用できる変数の一覧が表示されます。変数は次のとおりです。
    • : 入力接続のデータ、または前の式で作成された列。
    • 質問からの接続: ツールがアプリまたはマクロで使用されている場合、ツールの質問アンカーに接続されたインターフェースツールの値を式エディターで指定します。質問の値を式の変数として使用する場合は、質問アンカーを使用します。詳細については、インターフェースツールを参照してください。
    • 定数: 1 つの場所の値を変更し、その変更をワークフローの残りの部分に適用できるようにするワークフローのグローバル変数。詳細については、定数を参照してください。
  • 関数アイコン (fx) を選択して、関数のカテゴリを検索および参照します。詳細については、関数を参照してください。
  • 列と定数アイコン (x) を選択して、入力または新しく作成された列と定数を検索および参照します。
    • 既存の列: 入力接続のデータ、または前の式で作成された列のデータ。
    • 質問からの接続: ツールがアプリまたはマクロで使用されている場合、ツールの質問アンカーに接続されたインターフェースツールの値を式エディターで指定します。質問の値を式の変数として使用する場合は、質問アンカーを使用します。詳細については、インターフェースツールを参照してください。
    • 定数: 1 つの場所の値を変更し、その変更をワークフローの残りの部分に適用できるようにするワークフローのグローバル変数。詳細については、定数を参照してください。
  • 最近の式と保存された式アイコン (フォルダーアイコン) 選択して、最近の式と保存された式を検索および参照します。
  • 式エディターの式を使用して、式の保存 (ディスクアイコン) を選択し、名前を入力して [保存] を選択します。式を作成したら、後で使用するために保存できます。

別の式の追加

関連する列のデータの変更や、同様の操作を行う場合は、複数の式を単一のフォーミュラツールに追加すると便利です。無関係なデータの変更や関連のない関数を実行する場合は、複数の数式ツールを使用してワークフローのトラブルシューティングを行います。式を追加するには、+ アイコンを選択します。

Thumbnail

 

式の並べ替え

式が適用される順序は、複数の式が同じデータを変更した場合の結果に影響します。式の順序を変更するには、並び替えアイコン (式エディターの左側にある) を選択したまま、式を上下にドラッグします。

式の順序を変更すると、その ID が再割り当てされることに注意してください。Alteryx は、[設定] ウィンドウに表示される順序で、各式に個別に式 ID 番号を割り当てます。

Thumbnail

 

式の展開と折りたたみ

式を使用していると、特に個々の式が多い場合、フォーミュラツールの [設定] ウィンドウが乱雑になることがあります。

展開アイコンと折りたたみアイコンを使用すれば、個々の式の表示と非表示を切り替えたり、すべての式を一度に表示および非表示にしたりできます。

  • 1 つの式を展開したり折りたたんだりするには、特定の式 ID に関連付けられている「>」アイコンを選択します。
  • すべての式を展開したり折りたたんだりするには、式エディターの上部にある「>」アイコンを選択します。
Image showing the Formula tool configuration window with the expand and collapse icon highlighted.

フォーミュラツールの [設定] ウィンドウにアクセスするたびに、最初の式が展開され、それ以降の式はすべて折りたたまれることに注意してください。

追加の入力アンカー

このツールには式エディターが含まれているため、アプリまたはマクロワークフローでツールを使用すると、追加の入力アンカーが表示されます。インターフェースツールを使用して質問アンカーに接続します。

このページは役に立ちましたか?

Alteryx 製品のご利用中に何か問題がございましたら、Alteryx コミュニティにアクセスするか、サポートにお問い合わせください。このフォームを送信できない場合E メールでお送りください。