AB Trend Tool Icon

AB傾向ツール

Version:
Current
Last modified: May 01, 2020

AB傾向ツールは、処理をA/Bテストのコントロールユニットに一致させるのに役立てるために使用できるトレンドと季節パターンの尺度(店舗や顧客などのテストユニットごとに1つの値)を作成します。傾向の尺度も、それ自体で関心のあるものとなる可能性が高くなります。傾向尺度は、対象とするパフォーマンス尺度におけるローリング平均(季節的影響のコントロールに対して1年間の期間で取られる)の期間から期間でのパーセンテージ変化に基づいています。季節的影響を評価するために同じパフォーマンス尺度が使用されます。特に、各レポーティング期間における関心のあるパフォーマンス尺度の合計レベルのパーセンテージは、季節パターンを評価するために使用されます。例えば、パフォーマンス尺度が売上で、レポーティング期間が週である場合、52週間の各期間に収まる(52週間にわたる)総売上のパーセンテージが使用されます。年間売上の期間当たりのパーセンテージの尺度は、主成分分析を使用して次元的に縮小されます。

尺度には1年間の履歴データの使用が含まれるため、テストの開始前に十分な履歴データを利用可能にすることが重要です。この条件が満たされない場合、エラーが発生します。

このツールはRツールを使用します。オプション > 予測ツールのダウンロードに移動し、Alteryx ダウンロードとライセンスポータルにサインインして、R ツールで使用されるパッケージとR ツールをインストールします。参照: 予測ツールのダウンロードとご使用

入力を接続する

次を含むデザイナ データ ストリーム。

  • 単位識別子 (例: 顧客または店舗 id コード)
  • レポート期間の日付情報を含む日付または日時フィールド
  • トレンドと季節的対策の基礎となるパフォーマンス指標 (販売や訪問者のトラフィックなど)

ツール設定

入力データ:ドロップダウンを使用して次のように指定します。

  • 単位識別子を選択します。テスト単位識別子を持つフィールド。最良の結果を得るには、このフィールドは、StringやV-Stringなどの文字ベースのタイプでなければなりません。
  • レポート期間の日付を含むフィールドを選択します。(日付または日付時刻の種類) レポート期間識別子を持つフィールド。
  • 使用するパフォーマンス メジャーを選択します。パフォーマンス (売上、トラフィックなど) の対象メジャーを持つ数値フィールド。

日付値:ドロップダウンを使用して、次のように指定します。

  • レポート期間タイプ:パフォーマンス データが報告される頻度。1つは、毎日毎週毎月、または四半期
  • トレンドを計算する期間の数:ローリング平均の期間から期間のパーセンテージ変化の傾向メジャーは、複数の期間の平均として計算されます。使用する期間の数は、レポーティングの頻度(頻度が低いほど、使用期間が長くなるほど)、およびパフォーマンス尺度の基本的なボラティリティ(使用頻度が高いほど使用期間が長くなる)に依存します。週単位で報告されるパフォーマンス尺度の場合、当社の経験則は12週間を使用し、毎月のレポーティング期間については3ヶ月を提案し、毎日報告されるデータについては60日間を提案します。
  • テスト開始日:カレンダー インターフェイスを使用して選択された、テストが開始された日付。

出力を表示

出力は、次の列を含むデータストリームです。

  • 識別子: 単位識別子コード
  • 傾向: 計算された傾向値
  • 季節性: 計算された相対季節的パターン値
Was This Helpful?

Running into problems or issues with your Alteryx product? Visit the Alteryx Community or contact support.