Gray icon with file graphic inside

ADL ファイル出力ツール

Version:
Current
Last modified: May 02, 2020

azure データレイク (ADL) ファイル出力ツールを使用して、Alteryx ワークフローから azure データレイクストア (ADLS) にあるファイルにデータを書き込みます。サポートされているファイル形式は、CSV、JSON、またはアブロです。 

このツールは、Alteryx Designerでは自動的にインストールされません。このツールを使用するには、Alteryx アナリティクス ギャラリーからダウンロードしてください。

ツール設定

  1. ADL ファイル出力ツールの [構成] ウィンドウを開きます。
  2. [テナント ID] で、Azure Active Directory インスタンスの一意の識別子を定義します。この識別子は、ADLS が属するAzureサブスクリプションを管理します。 または、テナント ID の検索方法の詳細については、「Microsoft Azure ドキュメントのテナント IDを取得する」を参照してください。
  3. [認証の種類] で、Azure Active Directory で使用する次のいずれかの認証方法を選択します。
    • サービス間: Azure Active Directory web アプリケーションを利用して接続を確立し、ワークフローをスケジュールするための認証方法。
      • ADLS を使用して接続を確立し、ワークフローをスケジュールする
        • [クライアント id] に、Azure Active Directory web アプリケーションのアプリケーション id を入力します。
        • [シークレットキー] に、Azure Active Directory web アプリケーションのアプリケーションキーを入力します。アプリケーション id とシークレットキーの検索のヘルプについては、Microsoft Azure ドキュメントの「アプリケーション id と認証キーを取得する」を参照してください。
    • エンドユーザー: Microsoft アカウントの資格情報を活用して接続を確立する認証方法。
      • ADLS への接続を確立する
        • [ユーザー名] に、ADLS へのアクセス権を持つ Microsoft アカウントのユーザー名を入力します。ユーザー名は、通常、アカウントに関連付けられた電子メールアドレスです。
        • [パスワード] に、Microsoft アカウントに関連付けられているパスワードを入力します。
  4. [ストア名] に、ADLS アカウントに指定された一意の名前を入力します。 ストア名は、ADLS フル ドメイン名の最初の部分です。
    • : ストア名は、次の完全なドメイン名で斜体化されています。
      • マイデータレイクストア.azuredatalakestore.net
  5. [ソースファイルのパス] で、ADLS 内のファイルへの完全パスを入力します。パスをスラッシュ (/) で開始するようにしてください。ファイルパスが不明な場合は、azure Data Lake Explorer または azure ポータルを使用してファイルパスを決定できます。
    • /Folder1/Folder2/example_file.csv
  6. [ファイル形式] から、[CSV]、[JSON]、または [アブロ] を選択し ます。選択したファイル形式に必要な手順の詳細については、「ファイル形式オプション」を参照してください。
  7. [既存のファイル] アクションから、次のいずれかのオプションを選択して、指定したファイル パスにファイルが既に存在する場合の出力ツールの振る舞いを決定します。
    • 上書き: 出力ツールは、Alteryx ワークフローのデータでファイルを上書きします。.
    • Append: 出力ツールは、Alteryx ワークフローのデータをファイルに追加します。
    • 中止: 出力ツールはエラーで Alteryx ワークフローを終了します。
Was This Helpful?

Running into problems or issues with your Alteryx product? Visit the Alteryx Community or contact support.