Create Profile Tool Icon

プロファイル作成ツール

バージョン:
Current
Last modified: September 25, 2020

行動プロファイル作成ツールは、着信データストリームを取得し、その内容から行動プロファイルを構築します。 プロファイルはデータベース、ポリゴンファイル、リング、ドーナツドラブタイム、​​または標準地理を使用して構築できます。 カスタム プロファイルは、プロファイル 出力ツールを使用してプロファイル セットに組み込むことができます。

ツール設定

データセットの選択: 使用するデータセットを選択します。 各データセットには、選択したクラスタリングシステムに指定される独自のプロファイルとプロファイルセットがあります。 これらのデータセットには、有効なサブスクリプションとライセンスが必要です。 互換性のあるデータセットに関する詳細については、Alteryx のアカウント担当者にお問い合わせください。

最良の結果を得るには、各行動分析ツールとデータセットの一貫性を保つようにしてください。 特定のデータセットではなく [最新ヴィンテージ] を選択すると、最新のデータセットが使用され、ワー​​クフローの更新が不要になります。 ワークフローの依存関係を使用して、複数のツールでデータセットを一度に簡単に指定して、ワークフロー全体の一貫性を確保できます。

[ユーザー設定] から既定のデータセット を設定します。 [オプション] > [ユーザー設定] > [ユーザー設定の編集] の順に進み、[データセットの既定] タブをクリックします。

ドロップダウンリストを使用してモードを選択します。

空間オブジェクト

着信する空間オブジェクトを取り込み、プロファイルを作成します。

要約: データをプロファイルにまとめる方法を指定します。 選択肢には次が含まれます:

  • すべてのレコード: すべてのレコードが 1 つのレコードに結合されます。
    • プロファイル名: 新しいプロファイルのフィールド名を指定します。
  • グループ化: レコードは、共通の値のグループにまとめられます。 グループごとに1つのレコードが返されます。 そのレコードは、グループ内のすべてのレコードの合計になります。
    • フィールドのグループ化 : グループ化するフィールドを選択します。 [すべて]ボタンと[クリア]ボタンは、複数選択に役立ちます。
  • なし: 各レコードが独自のプロファイルになります。

空間オブジェクト: 入力データ ストリームから [空間オブジェクト] フィールドを選択します。

基本プロファイル (オプション): 受信データ ストリームから [基本プロファイル] フィールドを選択します。

既知の地理情報キー

既知の地理キー(州または郡FIPSコードなど)を取り込み、キーに対応する空間オブジェクトを使用してプロファイルを作成します。

  • 要約: データをプロファイルにまとめる方法を指定します。 選択肢には次が含まれます:
  • すべてのレコード: すべてのレコードが 1 つのレコードに結合されます。
  • プロファイル名: 新しいプロファイルのフィールド名を指定します。
  • グループ化: レコードは、共通の値のグループにまとめられます。 グループごとに1つのレコードが返されます。 そのレコードは、グループ内のすべてのレコードの合計になります。
  • フィールドのグループ化 : グループ化するフィールドを選択します。 [すべて]ボタンと[クリア]ボタンは、複数の選択を行うのに役立ちます。
  • なし: 各レコードが独自のプロファイルになります。
  • レコードの種類: ドロップダウン リストから受信レコードの既知の地理タイプを選択します。
  • キー: 受信データ ストリームから既知の地理タイプのキー フィールドを選択します。
  • 基本プロファイル (オプション): 受信データ ストリームから [基本プロファイル] フィールドを選択します。
プロファイルを結合

あるプロファイルの値が別のプロファイルのベースになります。

要約: データをプロファイルにまとめる方法を指定します。 選択肢には次が含まれます:

  • すべてのレコード: すべてのレコードが 1 つのレコードに結合されます。
    • プロファイル名: 新しいプロファイルのフィールド名を指定します。
    • 合計プロファイル が自動選択されます。
    • プロファイル: 受信データストリームからプロファイルフィールドを選択します。
  • グループ化: レコードは、共通の値のグループにまとめられます。 グループごとに1つのレコードが返されます。 そのレコードは、グループ内のすべてのレコードの合計になります。
    • フィールドのグループ化 : グループ化するフィールドを選択します。 [すべて]ボタンと[クリア]ボタンは、複数の選択を行うのに役立ちます。
    • 合計プロファイル が自動選択されます。
    • プロファイル: 受信データストリームからプロファイルフィールドを選択します。
  • なし: 各レコードが独自のプロファイルになります。
  • [ベースとしてプロファイルを追加 ] が自動選択されている
  • プロファイル: 受信データストリームからプロファイルフィールドを選択します。
  • 基本プロファイル: 受信データストリームのベースとして機能するプロファイルフィールドを選択します。
クラスターコード

要約: データをプロファイルにまとめる方法を指定します。 選択肢には次が含まれます:

  • すべてのレコード: すべてのレコードが 1 つのレコードに結合されます。
    • プロファイル名: 新しいプロファイルのフィールド名を指定します。
  • グループ化: レコードは、共通の値のグループにまとめられます。 グループごとに1つのレコードが返されます。 そのレコードは、グループ内のすべてのレコードの合計になります。
    • フィールドのグループ化 : グループ化するフィールドを選択します。 [すべて]ボタンと[クリア]ボタンは、複数の選択を行うのに役立ちます。

人口統計: プロファイルを構築する人口統計変数を選択します。 このリストの値は、選択したデータセットによって異なります。 (世帯、成人、人口など)

  • 乗数: 数値乗数で入力します (既定値は 1)。 このオプションは、入力が実際の調査/母集団のサンプルを表す場合、各レコードに使用される定数を乗じます。

クラスタ コード: 各レコードに割り当てられたクラスタ コードを含む受信データ ストリームからフィールドを選択します。

カウント (オプション):受信データ ストリームから [カウント] フィールドを選択します。

容積 (オプション): 受信データ ストリームから容積フィールドを選択します。

ベースカウント (オプション):受信データストリームから「ベースカウント」フィールドを選択します。

クラスターレベルID

要約: データをプロファイルにまとめる方法を指定します。 選択肢には次が含まれます:

  • すべてのレコード: すべてのレコードが 1 つのレコードに結合されます。
    • プロファイル名: 新しいプロファイルのフィールド名を指定します。
  • グループ化: レコードは、共通の値のグループにまとめられます。 グループごとに1つのレコードが返されます。 そのレコードは、グループ内のすべてのレコードの合計になります。
    • Group フィールド: グループ化するフィールドを選択します。 [すべて]ボタンと[クリア]ボタンは、複数の選択を行うのに役立ちます。
  • 人口統計: プロファイルを構築する人口統計変数を選択します。 このリストの値は、選択したデータセットによって異なります。 (世帯、成人、人口など)
    • 乗数: 数値乗数で入力します (既定値は 1)。 このオプションは、入力が実際の調査/母集団のサンプルを表す場合、各レコードに使用される定数を乗じます。

クラスタ コード: 各レコードに割り当てられたクラスタ コードを含む受信データ ストリームからフィールドを選択します。

カウント (オプション):受信データ ストリームから [カウント] フィールドを選択します。

容積 (オプション): 受信データ ストリームから容積フィールドを選択します。

ベースカウント (オプション):受信データストリームから「ベースカウント」フィールドを選択します。

部分的な BG コード: 未分類または配布

役に立ちましたか?

Running into problems or issues with your Alteryx product? Visit the Alteryx Community or contact support. Can't submit this form? Email us.