Create Samples Tool Icon

サンプル作成ツール

バージョン:
Current
Last modified: September 25, 2020

入力レコードを 2 つまたは 3 つのランダムサンプルに分割するには、「サンプルを作成」を使用します。 ツールでは、推定サンプルと検証サンプルに含まれるレコードの割合を指定します。 合計が100%未満の場合、残りのレコードは保留サンプルになります。

ツール設定

  1. 推定サンプル率: 推定サンプルに配置するデータの割合 (1% ~ 99%)
  2. 検証サンプルの割合: 検証サンプルに配置するデータの割合 (1% ~ 99%)
  3. ランダムシード: 1 から 1000 までの整数値。 この値を変更すると、データの個々の行が配置されているサンプルが変更されます。 この値を変更する特別な理由がない限り、デフォルト値の1が推奨される選択です。

出力の表示

サンプル作成ツールからの出力は3つあります。

  • E アンカー: 推定出力ストリームには、入力レコードのランダムサンプルが含まれます。 このストリームのレコード数は、上記の推定プロパティで指定したレコード総数の割合と等しくなります。
  • V アンカー: 検証ストリームには、入力レコードのランダムなサンプルが含まれます。 このストリームのレコード数は、上記の [検証のサンプル] プロパティで指定したレコードの合計の割合と等しくなります。
  • H アンカー: ホールドアウト ストリームには、推定サンプルまたは検証サンプルのいずれにも配置されなかった残りのレコードが含まれます。

レコード数が奇数で、推定と検証の両方が 50% に設定されている場合、推定出力ストリームには検証スチームのレコード数より 1 つ多いレコードがあります。

役に立ちましたか?

Running into problems or issues with your Alteryx product? Visit the Alteryx Community or contact support. Can't submit this form? Email us.