データ型

バージョン:
Current
Last modified: January 28, 2021

Alteryx は、データ型に基づいて値を処理します。Alteryx は、文字列、数値、日付/時刻、ブール値のデータ型、および空間オブジェクトをサポートします。

セレクトツール、またはセレクト機能を含むツールを使用して、列内のデータ型を変更できます。参照: セレクトツールフィールド付加ツール結合ツール複数結合ツール最寄り地点検索ツール空間マッチツール

文字列データ

文字列は英数字データを表し、文字、数字、スペース、または他の種類の文字を含むことができます。文字列はプレーンテキストと考えることもできます。文字列内のすべての文字は、文字が数字であってもテキストとして処理されます。

文字列には数値 (たとえば、123.4) のような文字列が含まれている場合がありますが、計算を実行するには、まず  セレクトツール または ToNumber 関数 を使用して数値データ型に変換する必要があります。

文字列を可変長文字列として格納する方が効率的です。これは、固定長文字列は指定された文字数の領域を予約し、可変長文字列はそのセル内のデータに必要なストレージの量のみを使用するためです。データの切り捨てを避けるために、固定長文字列の上限を設定します。

説明
String 固定長はラテン語 - 1 文字列。長さは、少なくともフィールドに含める最長文字列と同じ長さにする必要があります。そうしないと、値が切り捨てられます。8192 の ラテン語 - 1 文字に制限されています。 長さが値から値まで大きく変わらず、単純なラテン語 - 1 文字のみを含む文字列。
WString ワイド文字列は任意の文字 (Unicode) を受け入れます。8192 文字に制限されています。 長さが値から値まで大きく変わらず、任意の文字を含む文字列。
V_String 可変長。フィールドの長さは、フィールド内の文字列全体を収容するように調整されます。 長さが値から値で異なり、単純なラテン語 -1 文字のみを含む文字列。
V_WString 可変長ワイド文字列。フィールドの長さは、フィールド内の文字列全体を収容するように調整され、任意の文字を受け入れます。

長さが値から値で異なり、任意の文字を含む文字列。

数値データ

integer、decimals、Float、および Double を含むいくつかの異なる数値データ型があります。固定小数点型を除き、数値データ型の長さは調整できません。 

説明
Byte 8 桁の2進数 (ビット) のデータ単位です。バイトフィールドは、0 - 255 の範囲内にある正の整数、または2 8 0、1、2、3....253、254、255
Int16

2 バイトの符号付き整数、または-(2 15 ) ~ (2 15 )-1

-32,768 - 32,767
Int32 4 バイトの符号付き整数、または -(231) から (231)-1 -2,147,483,648 ~ 2,147,483,647
Int64 8 バイトの 符号付き整数、または-(263 ) - (2 63)-1 -9,223,372,036,854,775,808 - 9,223,372,036,854,775,807
Fixed Decimal (固定小数点型)

小数点のある数値。

固定小数点数の長さ (精度) は、整数の幅 (小数点の左側) + 小数点にスケールの幅 (小数点の右側) を加えたものに等しくなります。数値が負の場合、負の符号も長さに含まれます。

Alteryx の既定は、固定小数点数 19.6 に設定されています。最大精度は、小数点と負の符号(該当する場合)を含めて 50 です。

固定小数点数は、長さを調整できる唯一の数値データ型です。

長さが 7.2 の 1234.567 の値は、1234.57となります。

値が指定された精度に収まらないため、長さが 7.3 の 1234.567 の値はフィールド変換エラーと Null 出力になります。

長さが 6.1 の 1234.567 の値は、1234.6 となります。

長さが 8.3 の 1234.567 の値は、1234.567 となります。

値が指定された精度に収まらないため、長さが 8.3 の -1234.567 の値はフィールド変換エラーと Null 出力になります。

長さが 11.6 の 1234.567の値は、1234.567000 となります。

Float

単精度浮動小数点値。4 バイトを使用し、+/- 3.4 x 10-38 から 3.4 x 1038 までの値を 7 桁の精度で表すことができます。

浮動小数点数は、任意の位置に配置できる 10 進数を使用し、主に浮動小数点数の大きな配列のメモリを節約するために使用されます。

+/- 3.4 x 10-38から 3.4 x 1038 (7 桁の精度)
Double 倍精度浮動小数点値。8 バイトを使用し、+/- 1.7 x 10-308 から 1.7 x 10308 までの値を 15 桁の精度で表すことができます。

倍精度浮動小数点数は、任意の位置に配置できる 10 進数を使用します。Double は Float の 2 倍のビット数を使用し、一般に小数値の既定のデータ型として使用されます。
+/- 1.7 x 10-308 ~ 1.7 x 10308 (15 桁) 

日付/時刻データ

説明
Date 「yyyy-mm-dd」形式の 10 文字の文字列。 December 2, 2005 = 2005-12-02
Time 「hh:mm:ss」形式の 8 文字の文字列。 2:47 and 53 seconds a.m. = 02:47:53
2:47 and 53 seconds p.m. = 14:47:53
DateTime 「yyyy-mm-dd hh:mm:ss」形式の 19 文字の文字列。 2005-12-02 14:47:53

式エディターを使用して関数を使用する場合、Date、Time、DateTime のデータ型を文字列として扱うことができます。説明と例については、上記の 日付/時刻データ テーブルを参照してください。

ブール型データ

説明
Bool True または False という 2 つの値のみを持つ式。

True および False は、結果に False = 0 および True = 1 の値を表示します。

空間オブジェクト

説明
SpatialObj データレコードに関連付けられた空間オブジェクト。テーブル内には、複数の空間オブジェクトフィールドを含めることができます。 空間オブジェクトは、ポイント、ライン、ポリライン、ポリゴンから構成されます。
役に立ちましたか?

Running into problems or issues with your Alteryx product? Visit the Alteryx Community or contact support. Can't submit this form? Email us.