インデータベースの概要

バージョン:
Current
Last modified: September 08, 2020

インデータベースツール

インデータベース標準ツール

Link
Blue icon with binoculars.

閲覧In-DB ツール

Link
Blue icon with database being plugged in.

接続In-DBツール

Link
Blue icon with a stream-like object flowing into a database.

データストリーム入力ツール

Link
Blue icon with a stream-like object flowing out of a database.

データストリーム出力ツール

Link
Blue icon showing an input into a database.

動的入力In-DB ツール

Link
Blue icon showing an output from a database.

動的出力In-DB ツール

Link
Blue icon showing light filtering through a prism.

フィルターIn-DB ツール

Link
Blue icon with beaker full of bubbles.

フォーミュラIn-DB ツール

Link
Blue shape filled with two overlapping circles.

結合In-DB ツール

Link
Macro Input Tool Icon

マクロ入力ツール

Link
Macro Output In-DB Tool

マクロ出力In-DB ツール

Link
Blue icon with beaker pouring liquid.

サンプリングIn-DB ツール

Link
Blue icon with a checkmark selecting one of three options.

セレクトIn-DB ツール

Link
Blue icon with sigma.

集計In-DB ツール

Link
Transpose In-DB Tool Icon

転置(In-DB)ツール

Link
Blue icon with a double helix.

ユニオンIn-DB ツール

Link
Blue icon with floppy disk.

データ書込In-DB ツール

インデータベース予測ツール

Link
Boosted Model Tool Icon

ブーストモデルツール

Link
Decision Tree Tool Icon

決定木ツール

Link
Forest Model Tool Icon

フォレストモデルツール

Link
Linear Regression Tool Icon

線形回帰ツール

Link
Logistic Regression Icon

ロジスティック回帰

Link
Score Tool

スコアリングツール

ツールバージョンの変更

インデータベースでサポートされる予測ツールが別のインデータベースツールを使用してキャンバスに配置された場合、予測ツールは In-DB バージョンに自動的に変更されます。ツールのバージョンを手動で変更するには、以下の手順に従います。

  1. ツールを右クリックします。
  2. ツールバージョンを選択します。
  3. 別のバージョンのツールを選択してします。

インデータベース予測ツールのサポートの詳細については、予測分析 をご覧ください。

インデータベースツールのアンカーと接続

インデータベースワークフロー処理はデータベース内で行われるため、インデータベースツールは標準の Alteryx ツールと互換性がありません。いくつかの可視的なインジケーターは接続の互換性を示します。

標準ツール接続の可視化

標準ツールは、緑の矢印のアンカーを使用して別のツールに接続します。2 つのツール間の接続は、一重線で表示されます。

インデータベースツール接続の可視化

インデータベースツールは、青い四角形のアンカーを使用して別のインデータベースツールに接続します。2 つのインデータベースツール間の接続は、二重線で表示されます。インデータベース処理の性質上、接続の進行状況は表示されません。

標準ツールをインデータベースツールに接続するには、動的入出力ツールまたはデータストリームツールを使用します。

インデータベースのしくみ

データはデータストリーム入出力ツールを使用して、または接続In-DBツールを使用してデータベースに直接接続することにより、インデータベースワークフローとの間でストリーミングされます。データストリーム入出力ツールは、インデータベースアンカーを使用してインデータベースツールに接続し、標準ワークフローアンカーを使用して標準ワークフローツールに接続します。

さまざまな異なる接続を示すグラフ

使い方

  1. 接続In-DB ツールを使用してデータベースへの接続を定義するか、データストリーム入力ツールを使用して、標準ワークフローからデータをデータベースの一時テーブルにストリーミングします。
  2. 他の In-DB ツールをワークフローに接続してデータを処理します。
  3. データ書込In-DB ツールを使用して、インデータベースのテーブルを作成または更新したり、データストリーム出力ツールを使用して In-DB の結果を標準処理用のワークフローにストリーミングします。
  4. ワークフローを実行して、データプラットフォーム内のデータを処理します。完全なインデータベースワークフローが処理されるまで、結果はAlteryx Engine に返されません。

インデータベースパフォーマンス上の利点

大量のデータがデータベースの内および外でストリーミングされると、ワークフロー処理に時間がかかることがあります。インデータベース処理を使用すると、ワークフローを高速化できます。

たとえば、標準のワークフローでは、大きなデータベーステーブルがメモリに引き込まれ、小さなスプレッドシートで結合されます。実行時間の大部分は、データベースレコードへのにストリーミングに費やされます。インデータベースワークフローでは、小さなスプレッドシートがデータベースにストリーミングされ、実行時間が大幅に短縮されます。

よくあるご質問

 

接続In-DB ツールを使用してインデータベースワークフローを開始するには、どのような権限が必要ですか?

基本的なデータベースにアクセスするには、読み取り権限が必要です。

データ書込In-DB ツールを使用してデータベースにデータを出力するには、どのような権限が必要ですか?

データベースにテーブルを作成するには、書き込み権限が必要です。

データストリーム入力ツールによって作成された一時テーブルはどうなりますか?

一時テーブルは、実行の終了時に削除されます。データストリーム入力ツールの実行中に Alteryx がクラッシュした場合、インデータベースワークフローが次に実行されたときに、過去 3 日間にインデータベースの Alteryx によって作成されたすべての一時ファイルが消去されます。

一時テーブルを作成できないのはなぜですか?

セッション間で一時テーブルを見えるようにするには、ワークフローの最後で結局は削除される永久テーブルを作成する必要があります。データベースからデータにストリーミングし、データベースにデータを書き込むには「作成」権限を持つ必要があります。例外は Microsoft SQL Server です。

データベースタイムアウトに対する基本的なルールはインデータベースの処理の間維持されますか、それとも Alteryx はこれらを変更または回避するのですか?

基本的なルールは、標準のデータ入力ツールとデータ出力ツールを介したデータベース接続と同じように、プロセス中も維持されます。データベースのタイムアウトがある場合や、実行可能な日ごとのクエリの数に制限がある場合は、データベースへの接続に影響が及びます。

SQL ステートメントはインデータベースワークフローに対してどのように作成されるのですか?

選択ステートメントは接続In-DB ツールによってトリガーされ、追加のクエリはダウンストリームツールによって作成され、このクエリ内にネストされます。次の 3 つのツールの 1 つを追加すると、クエリが完了し、クエリが基になるデータベースに送信されます: データ書込In-DB、データストリーム出力、閲覧In-DB

接続In-DB ツールのクエリボックスに独自の SQL ステートメントを入力し、選択ステートメントに埋め込むこともできます。

SQL ステートメントはいつ処理されますか?

基本的なデータベースの SQL クエリは、閲覧In-DB、データストリーム出力、またはデータ書込In-DB ツールの実行時にトリガーされます。

閲覧のキャッシュはどのように有効になりますか?

閲覧In DB ツールはワークブックの実行時に、.yxdbファイルとしてデータをキャッシュするように設定できます。

データがキャッシュされると、ワークフローが再実行され、データベース接続またはクエリ (閲覧するレコードの数を含む) が変更されていない場合、クエリは再実行されません。代わりに、データはキャッシュから引き出されされます。

出力メッセージは、データがキャッシュされたかどうかを示します。このリンクをクリックすると、データ結果が .yxdb ファイルとして個別のウィンドウに表示されます。

インデータベースのキャッシュはいつ使用されますか?

インデータベースのキャッシュは、アップストリームツールに変更を加えることなくワークフローが再実行されるたびに使用されます。アップストリームツールを変更すると新しいクエリがトリガーされ、新しいキャッシュが作成されます。

[最初の100レコードを閲覧する] オプションは、ワークフローによって処理されるデータの量に影響を与えますか?

いいえ。[最初の100レコードを閲覧する] オプションは、[閲覧In-DB ツールに表示されるレコード数のみを制限します。ワークフローの他のツールは、任意のポイントで通過するレコードの数を処理します。

「"Inconsistent datatypes: expected - got CLOB」というエラーはどういう意味ですか?

フィールドには CLOB/LOB データ型があり、フィルターまたはフォーミュラツールの比較演算子のほとんどで機能しません。このエラーは、たとえデータが比較と一致したとしても、列が返されないことを反映しています。SQL および Oracle は LOB データとの比較をサポートしていないため、これは想定されている動作です。

役に立ちましたか?

Running into problems or issues with your Alteryx product? Visit the Alteryx Community or contact support. Can't submit this form? Email us.