Dynamic Replace tool

動的変換ツール

Version:
Current
Last modified: March 19, 2020

動的変換:動的変換ツールを使用すると、条件に基づいて、ユーザーは一連のフィールドのデータ値をすばやく置き換えることができます。データ置換は、式または静的な値に基づいて行うことができます。

100種類の受信フィールドがあり、各フィールドの実際の値の代わりに、a、B、C、D などのコードで数値を表す必要があるとします。範囲を表します。動的変換ツールはこのタスクを簡単に実行できます。

入力

Dアンカー: 変更するデータ ストリーム。

Rアンカー: ツールの構成に使用される 3 つの列を含む置換データ ストリーム。

ツール設定

フィールド名フィールド: D データストリームのフィールド名を含む R データストリームから列を選択します。

ブール式フィールド: D データストリームからデータを評価するために使用される式を含む、R データストリームから列を選択します。ブール式フィールドは、0以外の任意の値を受け入れることができます。

式はシーケンスで評価され、最初の一致で停止します。したがって、式は範囲の両端をチェックする必要はありませんが、一連の範囲を評価する場合は昇順にする必要があります。

_CurrentField_ を使用して、複数 の列に対して式が使用されている場合に現在処理されているフィールド名フィールドを参照します。

出力値フィールド:置換データを含む R データストリームから列を選択します。この列には、D データストリームのデータに対して動作する静的な値または式を含めることができます。

値は式/数式です。[出力値フィールド] で選択した列に式が含まれている場合に選択します。

フィールド型の処理

このツールは列の値を置き換えるため、列のデータ型を更新する必要がある場合があります。

Autofield フィールドの種類: デザイナは、格納されているすべてのデータに対応するようにデータ型を設定します。

元のフィールドタイプを保持: 元のフィールドタイプが維持されます。フィールドの型が置換データと互換性がない場合は、エラーまたは変換エラーが発生します。

フィールドの種類を次に変更: フィールドの種類とサイズを手動で設定します。フィールドの型が置換データと互換性がない場合は、エラーまたは変換エラーが発生します。

    タイプ: ドロップダウンを使用して、目的のフィールドタイプを選択します。
    サイズ: フィールド サイズの数値を入力します。

    size パラメーターは、データ型が空間オブジェクトなどのサイズを必要としない場合は無視されます。

一致しないデータ フィールドに対する警告/エラー:一致しないデータに対して意図した動作を選択します。選択肢には次が含まれます:

  • 一致しないデータフィールドを許可する: 一致しないデータフィールドは [Null] の値に置き換えられます。[結果] ウィンドウにメッセージは表示されません。
  • 一致しないデータフィールドに警告する: 一致しないデータフィールドは [Null] の値に置き換えられます。一致しない各フィールドの [結果] ウィンドウに警告メッセージが報告されます。
  • 一致しないデータフィールドでエラーが発生しました: 最初の一致しないデータフィールドに対してエラーがスローされ、ワークフローの実行が停止します。

出力

Oアンカー: 置換データを含む出力データ ストリーム。

Sアンカー: 置き換えられた各フィールド名と出力値の組み合わせのカウントを含む置換の概要。

Was This Helpful?

Running into problems or issues with your Alteryx product? Visit the Alteryx Community or contact support.