Blue icon showing an output from a database.

動的出力(In-DB)ツール

Version:
Current
Last modified: May 02, 2020

[動的出力(In-DB)]ツールは、In-DBワークフローに関する情報を予測(In-DB)の標準ワークフローに出力します。

動的出力イン DB ツールは、予測分析用の DB 内マクロを作成するときに、動的入力イン DB ツールと組み合わせて使用されます。[動的出力(In-DB)]ツールは、In-DBクエリからメタデータを取り出し、予測ツールを使用して標準ワークフローに渡すことができます。

インデータベースは、データベースからデータを移動することなく大きなデータセットに対してブレンディングと分析を可能にし、従来の分析メソッドに比べて大幅なパフォーマンス向上を実現します。データベース内ツールカテゴリの詳細については、「データベース内の概要」を参照してください。

ツール設定

出力フィールド: 出力するデータの種類を選択します。

  • クエリ: ワークフローのこの時点で作成されたイン DB クエリ。
  • 接続名前: データベースへの DB 内接続のエイリアス。
  • 接続データソース: データベースの種類。
  • 入力接続文字列: 接続を確立できるようにするために必要なデータベースに関する情報。
  • [出力接続文字列]: 接続を確立できるようにするために必要なデータベースに関する情報。
  • in-db xml: in-db クエリの xml 表現。
  • レコード情報 xml: データベースフィールドの xml 表現。
  • [クエリエイリアスリスト]: クエリの各セグメントを共通テーブル式の形式で表示します。
  • 最後のクエリエイリアス: クエリエイリアスリストの最後の別名。

考えられるエラー

入力接続文字列または出力接続文字列フィールドのいずれかが出力用に選択されている場合、次のエラーが表示されることがあります。

 このツールを使用するには、適切なデータ ソースを選択し、[IN-DB 接続の管理] の [パスワードの暗号化の解読を許可する] オプションを選択します。

このエラーを解決するには、「パスワードの暗号化」オプションを「パスワードの復号を許可する」に変更して元の接続文字列を変更し、パスワードがメタデータ内で復号化されるようにします。

Was This Helpful?

Running into problems or issues with your Alteryx product? Visit the Alteryx Community or contact support.