Download Tool Icon

Downloadツール

Version:
Current
Last modified: June 02, 2020

ダウンロードツールは、ダウンストリーム処理で使用する、またはファイルに保存するために、指定された URL からデータを取得します。Downloadツールは、FTPとSFTPを介してデータをダウンロードまたはアップロードすることもできます。

Alteryx public gallery 互換性

Gallery.alteryx.com でワークフローの公開を予定していますか? まず、免除の申請を行なう必要があります。この制限は、Alteryx Server と Alteryx Gallery のプライベートインスタンスには適用されません。

ツール設定

[基本] タブを使用して、ダウンロードツールの必須コントロールを設定します。

  1. URL フィールド: URL (統一リソース ロケータ - インターネット リソース) を含む受信データ ストリームからフィールドを指定して、データを取得 (またはデータをアップロード) します。これは、URL がフィールド値として指定されている-ERR:REF-NOT-FOUND-テキスト入力ツールである可能性があります。
  2. エンコード URL テキスト: チェックすると、安全でない ASCII 文字がインターネット経由で送信できる形式に変換される場合、指定された URL が必要に応じてエンコードされます。この例としては、スペースの%20置き換えがあります。
  3. 出力: 返されるデータの書式設定方法を指定します。データは、データフィールドに返されるか、ファイルに出力されます。
    • フィールドへ: ダウンロードしたコンテンツは、データ・ストリームにデータ・フィールドとして返されます。ダウンロードされたコンテンツは、"ownloadData" という単一のフィールドに格納されます。[-ERR:REF-NOT-FOUND-列にテキスト] ツール、-ERR:REF-NOT-FOUND-正規表現ツール、数-ERR:REF-NOT-FOUND-式ツールなどのダウンストリーム ツールを使用して、このデータを解析する必要があります。
      • string:データは、新しいワイド文字列型フィールドとして返されます。ワイド文字列は Unicode ®文字をサポートしています。
        エンコードに使用する-ERR:REF-NOT-FOUND-コード ページのいずれかを選択します。デフォルトは utf-8 です。最も一貫した結果を得るには、アプリケーションで特定のコードページの代わりにUTF-8(コードページ65001)やUTF-16などのUnicodeを使用する必要があります。
      • blob:データは、新しい blob 型フィールドとして返されます。Blobは、バイナリラージオブジェクトとも呼ばれます。画像ファイルは通常、この形式で保存されます。イメージを使用するには、am イメージ ツールをダウンストリームで構成し、[イメージ] または [BLOB] フィールドを指定します。
    • ファイルへ
      • 一時ファイル: データは一時ファイルに出力され、ユーザーの一時ディレクトリに配置されます。Alteryx での一時ファイルの処理の詳細-ERR:REF-NOT-FOUND-については、「Alteryx および一時ファイル」を参照してください。
      • フィールドからのファイル名: ファイル指定が着信フィールドにある特定のファイルにデータが出力されます。ドロップダウンを使用して、出力先のファイル名を含むフィールドを選択します。

[ヘッダー] タブを使用して、Web 要求と共に送信-ERR:REF-NOT-FOUND-される HTTP ヘッダーを変更します。

  1. 次の定数値から追加:固定ヘッダー値を追加できます。
    ヘッダーを追加するには "受け入れる: テキスト/プレーン", 入力してください "受け入れる" 名前と "テキスト/プレーン" 値で.
  2. およびこれらのフィールドの値:レコードデータから値を取得し、ヘッダー値を作成します。
    たとえば、ヘッダーを追加するには "期待: 100-続行"、"100-続行" が含まれている "期待" という名前の入力データからフィールドを選択します。

[ペイロード]タブを使用して、実行する HTTP アクションを設定し、必要に応じて Web 要求のクエリ 文字列または本文をビルドします。

  1. HTTP アクション: Web 要求の HTTP アクションを選択します。選択肢には次が含まれます:
    • Get (または ftp): get 要求を実行するか、ftp または SFTP サイトからファイルをダウンロードします。このオプションは、このタブに他のオプションを入力せずに使用することができ、選択したURLをダウンロードします。
    • Post: 選択した URL に post リクエストを実行します。通常、このオプションを使用する場合は、以下のオプションを使用してPOST本文を指定します。
    • Put: put 要求を実行します。このオプションでは、BLOB 入力ツールを使用して BLOB フィールドからクエリ本体を取り出すだけです。通常、ファイルをリモートサーバーにアップロードするために使用されます。
    • 削除: 削除要求を実行します。通常、リモートサーバーに指定されたリソースを削除するよう要求するために使用されます。
    • Head: ヘッドリクエストを実行します。これは、ヘッダーデータを返すが、本体データは返さないようにサーバーに要求します。
    • カスタム: テキスト ボックスにカスタム動詞を入力できます。このリクエストに関する他のすべては、POSTと同じように動作します。POST動詞は、要求が行われる直前にカスタム動詞に置き換えられます。

      動詞のサポート

      これらのオプションは、要求を送信するリモートサーバーが特定の動詞をサポートする場合にのみ機能します。使用しているURLのAPIドキュメントを見て、サポートされているリクエストは何かを確認します。

  2. 次のクエリ文字列/本文オプションから選択します:
    • クエリ文字列/本文の作成:
      1. 次の定数値から: クエリ文字列/本文に定数名値のペアを追加します。
      2. これらのフィールドの値: 受信データ レコードから名前値のペアを取得します。フィールド名は、クエリ文字列/本文で使用されている名前です
      3. コンテンツタイプ: 名前の値のペアのエンコード方法を制御します。
        • アプリケーション/x-www-form-urlenコード :例. Name1 = Value1 & Name2 = Value2 & Name3 = Value3 安全でないASCII文字は自動的にエンコードされるため、データがまだエンコードされていないことを確認してください。
        • マルチパート/フォームデータ:HTTP アクション POST およびカスタムを使用する場合にのみ使用できます。
    • フィールドからクエリ文字列/本文を取得: クエリ文字列/本文データを含む入力データ内のフィールドを選択します。Blobフィールドは、HTTPアクションPOST、PUT、およびカスタムを使用するときに選択できます。
    • [クエリ文字列/本文] の [次の内容]を使用すると、クエリ文字列または本文の内容を手動で入力できます。
    • すべてのテキストデータは、リモートウェブサーバーに送信される前にUTF-8でエンコードされます。

[接続] タブを使用して、接続資格情報を設定します。

  1. ユーザー名: 上記の URL 仕様で必要に応じて、ユーザー名を入力します。これはオプションのフィールドです。
  2. パスワード: 上記の URL 仕様で必要に応じてパスワードを入力します。これはオプションのフィールドです。
  3. 最大接続:実行するダウンロード ツールの同時転送の最大数を指定します。Downloadツールに複数の入力レコードが送信された場合にのみ、転送が並行して行われます。複数のDownloadツールは独立して動作しますが、通常は同時に機能しません。ワークフローに追加された新しいDownloadツールの場合、デフォルトの接続数は2であり、接続の最大数は32です。
    接続数を増やすと、すべての転送を完了するまでの合計時間が短縮されることがありますが、使用されているサーバーに過負荷がかかる可能性があるため、多すぎる数を設定しないように注意してください。サーバーを誤って使用していると思われる場合、サーバーは応答を停止したり、エラーを報告したり、接続を拒否する可能性があります。これは、あなたの管理下にないパブリックサイトにアクセスする際には特に重要です。ほとんどのウェブブラウザでは最大6回の同時転送が行われますが、これらは通常、ウェブページの一部として比較的小さな転送になります。どのように構成されているかをより詳細に制御できる、自分の業務内にあるサーバーの場合、より多くの接続を使用することもできます。
    さらに、Downloadツールは転送が完了するとレコードを下流に送信するため、レコードがツールを通過する際にレコードの順序が変更される可能性があります。順序がワークフローに関係する場合は、結果をソートしたり、接続数を1に制限したりしてください。最後に、空のURLは実際の転送が必要なものより先に処理されることに注意してください。
  4. タイムアウト (秒): 応答しない接続が原因でタイムアウトを報告するまでに待機する秒数を指定します。0(タイムアウトなし)から10,000までの数値を選択します。

その他の考慮事項

Downloadツールを使用する際に接続が遅れるのを防ぐには、アカウントのインターネットプロパティ([コントロールパネル] > [インターネットオプション] > [接続] > [LAN設定])で "自動検出設定" オプションの選択を解除します。

Was This Helpful?

Running into problems or issues with your Alteryx product? Visit the Alteryx Community or contact support.