Orange polygon with white envelope in the middle.

Eメールツール

Version:
Current
Last modified: May 02, 2020

電子メール ツールを使用すると、データ ストリームを使用して、入力されたレコードごとに電子メールを送信したり、添付ファイルを追加したり、電子メールで生成されたレポートを表示したりできます。電子メール ツールは、ワークフローの最後のツールとして実行されます。テキスト、画像、マップ、およびテーブルを追加する他のレポート ツールを組み合わせて、電子メールを認証および暗号化するために使用可能なオプションから選択します。詳細については、「レポート ツール」を参照してください。

Alteryx パブリック ギャラリーの互換性

Gallery.alteryx.com でワークフローの公開を予定していますか? まず、免除の申請を行なう必要があります。この制限は、Alteryx Server と Alteryx Gallery のプライベートインスタンスには適用されません。

SMTP 認証を使用するには、手動で構成する必要があります。

ツール設定

[有効]チェック ボックスは既定で選択されています。選択しない場合、ツールは無効になり、電子メールは送信されません。電子メール ツールは、他のすべての構成プロパティを保持します。

ツールを構成するには、次の方法を使用します。

  1. SMTP サーバーを入力します。
  2. [ポート] に有効な値を入力します。SMTP 設定では、デフォルトでポート 25 が使用されます。

    暗号化の設定に応じて、次の既定の設定が提供されます。
    • [暗号化] ドロップダウン リストに[なし]が選択されているポート 25。
    • [暗号化] ドロップダウン リストでSSL/TLSが選択されている場合のポート 465。
    • 暗号化ドロップダウン リストにSTARTTLSが選択されているポート 587。 
  3. [暗号化]ドロップダウン リストをクリックして、暗号化設定を選択します。
  4. [SMTP 認証を使用]を選択し、有効なユーザー名とパスワードでサインインして認証を有効にします。
     

    25、465、または 587 以外のポートの場合

    SMTP サーバーは、25、465、または 587 以外のポートを使用して、SMTP サーバーのポートフィールド設定を更新します。

    受信者ドメインとは異なる特定の SMTP サーバーを使用している場合、エラーはシステム管理者から送信者に電子メールで返され、問題の概要が説明されます。

  5. ワークフローを実行して電子メールを送信する前に、関連情報を入力します。
    • 差出人:電子メールの送信者。有効なEメールアドレスを入力する必要があります。
    • 宛先:電子メールの受信者。有効なEメールアドレスを入力する必要があります。
    • Cc:電子メールのカーボンコピーの受信者。有効なEメールアドレスを入力する必要があります。
    • Bcc:電子メールのブラインドカーボンコピーの受信者。有効なEメールアドレスを入力する必要があります。
    • 件名:電子メールの件名行。
    • 添付ファイル:電子メールに添付する追加のファイルを追加します。Eメールの添付ファイルには10 MBの制限があります。
      • 追加: [追加]をクリックして、電子メールで送信する各添付ファイルを指定します。ファイルの場所を参照するか、添付ファイルのファイルの場所を含む入力ストリームのフィールドを使用することができます。
      • 編集: [編集]をクリックして、以前に指定した添付ファイルを変更します。[追加]と同じオプションが[編集]で使用できます。
      • 削除: [削除]をクリックして添付ファイルを削除します。複数の添付ファイルが指定されている場合は、強調表示して削除する添付ファイルを選択し、[削除]をクリックします。
    • ボディ:電子メールのコンテンツの本文。
Was This Helpful?

Running into problems or issues with your Alteryx product? Visit the Alteryx Community or contact support.